管理者ページRSS1.0Atom0.3
2018.04.06 Friday / The・古民家

解体される・・・

古民家から取り出した『古材』を有効に使うため

良いところを選んで削りなおしました。

 

縁側板だった・・・

地松の素材は、木目模様の美しい新品の状態に。

踏み段板

あまりにも・・・

白すぎたので『自然塗料』のクリア塗装を施します。

 

自然塗料は・・・

化学物質を含まないので人にもペットにも優しい

化学塗料より割高になりますが私たちは健康を優先します。

クリア塗装

木目を活かした・・・

温もりのある仕上がりになります。

日焼けなど「経年変化」が楽しめるので

地松材独特の「あめ色」なるのが待ち遠しい!

 

これが剥ぎ取ったもとの縁側板です。

縁側板

古民家で・・・

解体・廃棄される「古材」を有効に使うため

もったいないので会社にたくさん保管しています。

 

新しい同等の・・・

木材を買うことは建設費も高くなるので殆どの業者は

合板フローリングを使ったりします。

 

お金を出して・・・

解体して、お金を出して捨てられる古材

手を加えるだけでこんなに見事になりますよ!

 

そんな「古材」を買い取らせて下さい!

 

 

2018.04.05 Thursday / The・古民家

築90年の古民家です・・・

古民家には近代的な合板の素材が似合いません!

 

全ては・・・

無垢材を活用していますが、何しろ「お高い!」

 

そこで築80年ほどの・・・

古民家で使われていた材料を『再利用』します。

縁側板

その・・・

古民家が解体されるとき、譲ってもらった「縁側板」

厚さも約3cmほどの分厚い地松の素材です。

(こんな汚いものど〜するの?ってカンジ)

 

丁寧に・・・

傷を付けないように剥ぎ取り、保管していました。

その材料が日の目を見ることになったのです!

 

地松の材料は・・・

日が経つごとに、見事な「あめ色」になっていく

その移り変わりが地松材の醍醐味です。

 

玄関ホールも・・・

地松の無垢フローリングなのでお似合いの

色柄で仕上がります。

 

古い縁側板を・・・

綺麗に削り、一番良いところを厳選してカットします。

節の無い玄関の「踏み段板」として再利用します。

 

それが、これです!↓↓↓

踏み段板

 

JUGEMテーマ:MOTTAINAI/もったいない

2018.02.19 Monday / The・古民家

古民家を・・・

解体すると古材(ふるざいではない)が出てきます。

手間はかかりますが綺麗に取り外し再利用します。

 

古民家の・・・

古材は、概ね欅や桜、松材など見事な木目が魅了します。

普通は重機でバリバリとミンチ解体するのですが私たちは

手作業で取り外します。

踏み段板

#古民家再生#古民家リフォーム#古材#古民家移築#ケヤキ板

その・・・

古材を綺麗に磨き上げると「なんと言うことでしょう」

新品のような美しさを取り戻します。

#踏み段#桜材#地松材#無垢板#大黒柱#古家

もちろん・・・

再利用は可能ですが、新品を購入すれば

とんでもない金額がハネ上がります。

踏み段

 

このたびは・・・

玄関にある「踏み段」と呼ばれる腰掛け的な場所に

欅材が使われていたので慎重に取り外します。

踏み段完成

#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#伯耆町#南部町#日野郡

そして・・・

豪華な踏み段に『復活』します。

古民家で使われている「古材」は大切にしましょう!

弊社では「古材買い取り」も致します。

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2017.12.09 Saturday / The・古民家

築90年の古民家です・・・

総二階で縁側部分が下屋根となって四方回っています。

 

二階の外壁部分・・・

支えている胴差しと呼ばれる桁(けた)材にシロアリ!

#古民家再生#古民家#桁の取替#古民家リフォーム

台所として・・・

使われていた部屋なので途中に支える柱もありません。

天井も貼られていたので桁を確認することが出来ません。

#シロアリ被害#エコボロン#ホウ酸系#白蟻駆除

まさか天井裏の・・・

重要な桁がシロアリの被害があるなんて思いもよらず

急遽取り替えなければ作業が進められません。

#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#伯耆町#南部町#日野郡

胴差し

古民家リフォームは・・・

予期しないことが続出ですね!

最近のハウスメーカーと違って、どこでも取り替えがきくので

再生工事がやりやすいのです。

腐れ

その桁を・・・

外してみると、シロアリの被害で強度はありません。

チョットの地震でバキッ!と折れるかも。

まず二階の壁が崩れてきます。怖いですね!

 

二階が乗っているので・・・

どうやって取り外すか?二階の床はそのままです。

たくさんの支えをしながら二段構えで支えます。

 

その・・・

桁を支えている「通し柱」の足下もシロアリ被害でした。

金輪継ぎ1

この話題・・・←クリック

 

どうにか安全に・・・

取り替えることが出来ました!

桁取替

古民家って・・・

このような「再生工事」が可能なので楽しいですね!

これから50年は持続させるような補強をして参ります。

 

2017.12.04 Monday / The・古民家

築90年の古民家から・・・

大きなお屋敷の古民家は総二階の立派な造りでした。

 

しかし・・・

角っこの『通し柱』がシロアリ被害で腐食してました。

8畳間の水平は4cm程ありましたが石の上に柱が建つ

「石場建て工法」は1本ぐらい足下が腐れても現存します。

座屈

さすがに・・・

このままではとても危険な建物になります。

#シロアリ被害#腐れ#床下の湿気対策#古民家

宮大工が・・・

電灯(まちがえた)伝統の技術を駆使して、新しい柱と

同じほどの強度を持つ『金輪継ぎ』を採用しました。

金輪継ぎ3

この工法は・・・

神社仏閣などに使われ何百年も持続可能にする技術。

裏から見ると水平につないであるだけ???

#伝統工法#金輪継ぎ#宮大工#土間コンクリート

金輪継ぎ1

ところが・・・

表に回ってみると複雑な工法でつないであります。

最後に2方向から「込み栓」と呼ばれるクサビで一体に合体!

#防湿コンクリート#古民家再生#田の字造り

よ〜くみると・・・

画像中央部に茶色の長い「ツノ」が刺してあるのがクサビ!

金輪継ぎ2

こんなに複雑な加工が必要です!

#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#伯耆町#南部町#日野郡

こうすることで・・・

新築時と同様の強度を維持することが出来ます。

 

地面からの・・・

湿気を防ぐため「防湿コンクリート」を打設すことで

柱元の石も動かないようにします。

 

石の上に建っている柱は・・・

床下で太い構造材で四方から固め動かないようにします。

 

伝統工法って・・・

これから先100年も維持できるようにいくらでも修復が

可能な技術なんですよ!

 

そんな・・・

メンテナンスをしているから神社仏閣は何百年経過しても

現存しているんですね!古民家住宅も同じです!

 

古いから・・・

危険だから!と恐らす業者さんがいたら弊社にご相談下さい。

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

ナイスさんいんへのお問合せはこちらから!
スタッフ募集

ブログを書いてる人

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

最新記事

サイト内検索

コメント

カテゴリー

アーカイブ

運営者

(有)ナイスさんいん
〒689-3545
鳥取県米子市吉岡319-10
TEL:0859-27-3599
URL:http://e-sanin.com

<営業エリア>
当社より1時間以内で訪問できる範囲とさせて頂いています。
◆鳥取県米子市、境港市、西伯郡、日野郡
旧町名=会見町、岸本町、溝口町、名和町、中山町
◆島根県安来市、松江市、東出雲町
旧町名=能義郡、八束郡

リンク集


古民家プロ