管理者ページRSS1.0Atom0.3
2010.07.09 Friday / 旅のできごと
タイトルの名前で分かりましたか??
これだけで分かる人は、相当のマニアか?
それとも、実際乗っていた人か??


私が中学生だった頃によく見かけた車です。

なかなかお分かりにならない方が殆どでしょう。

昭和60年代には日本でもたくさんのオート三輪車が
走っていました。

オート三輪1初期のカタチは
このような、運転席が
ほろ布で囲ってありました。

そして・・・
ハンドルは「つのハンドル」
と呼ばれる自転車のような
ハンドルでした。


グリップの所にアクセルがあって(草刈り機のような)
セルスタートなど無く、原チャリのようにキックスタートでした。

ワイパーは、中から自分の手でレバーを回して操作します。
方向指示機も同じく手動で、テッポウユリのつぼみみたいな
オレンジ色の標識が上下していました。

足下は地面が見えるので、少し怖かったですね。

オート三輪3良い形の三輪車が来た!と
シャッターを切りますが、
コチラのバスも走っているので、
チャンスを逃しましたが・・・

向こうに見えるのは
オープンカー?三輪(笑)



オート三輪2日本でも・・・
このようなオート三輪のメーカーは
たくさんありました。

クロガネ・ヂャイアント・オリエント
・ダイハツ・マツダなど。。。

今でも中国では
闊歩しているから不思議です。

なんだかタイムスリップしたような気分です。

マツダ・オート三輪
日本では・・・(写真はマツダ製)
ダイハツとマツダが最後まで残り
1970年代まで働いていたように
思います。
(屋根はほろ布製)

米子市内でも・・・
今では事業を閉鎖された

竹製品の製造・販売される会社が、つい最近まで使っておられました。

1960年代には・・・
我が家にも軽三輪自動車、ダイハツミゼットが買われました。
ライトの下にある四角いフタを開けると、涼しい風が入ります。
ダイハツ・ミゼット
当時免許証の資格がない中学生の私は・・・
無免許で近所を良く乗り回していました。
(40年以上前の話だから、時効と仮定して・・)


JUGEMテーマ:off time♪
 
2010.07.08 Thursday / 旅のできごと

このたびの大連工場視察を利用して・・・
ガイドさんに住宅事情について問い合わせてみました。

国全体が「貧富の差」が激しく・・・
大連の中心部でも住んでいる状況が、
路地裏ひとつで大きく様変わりします。

バスの車窓から撮影しているので、ごく一部分しか紹介できません。
文章も、私の個人的主観が入っていますので・・・

全てがこのような生活であるはずもありません。
誤解の無いようにお願いします。

住宅事情5中心部の、
中級以上の人の
マンションです。

共産主義時代は
マンションが与えられていた。

近年になって
マンションを分譲するようになった。

都心の低階層マンション上記のようなマンションの
1本裏通り・・・

昔からあるマンションは、
ガラスは破れ、手の加えようがない
そんな気がするマンションです。
都市計画が遅れたのか?
駐車場がありません。


都市の中心部に「駐車場」というスペースが殆ど見えません。

だから慢性的な駐車違反が多く、そのための渋滞で混乱です。

中心部のあちこちには、パリの凱旋門広場のような
信号機のないローターリーがあって、目的の路地へと向かいます。

三輪バイク古いマンションの入り口は狭く
路側帯に自分の駐車スペースを
確保するため、ブロックや石を置き
人が止めないような自衛策を・・・

このような三輪バイク(動くのか?)
などが、今でも大活躍しているから
不思議です。


住宅事情6郊外の中クラスのマンションです。

出窓のようになっている部分に
コンロが置いてあるようです。

その奥はきっとダイニングでしょうか?
コンロ部分の窓からは洗濯物が・・



住宅事情農家の住宅は・・・
本当に質素です。
畑を耕し・・・
収穫が目の前で出来るのは
とても便利ですが・・・

太陽熱温水器が・・・
一戸建てで最近爆発Hit中!


住宅事情1日干し煉瓦を積んで・・・
裏表にモルタルを塗り、
屋根下地だけが木造のようです。

煙突はたぶん・・・
朝鮮半島で多く使われている
「オンドル」と呼ばれる床暖房用。

「幸福」を招く「福」のシールが・・・

住宅事情2郊外のマンションは・・・
高層でなく2〜3階の低階層が
多く建てられていました。

駐車スペースも若干はあるようです。
都心部では・・・
北京などのように自転車が多くないので、
より一層交通渋滞を巻き起こす原因。。


そして、さらに・・・
有名な観光地の周りには、富裕層の人や芸能人などが多く購入する
日本で言う「億ション」が林立しています。

一所帯数億円のマンションが飛ぶように売れていて、
現在でもマンションの建設ラッシュです。

日本でも、姉歯事件以来バタバタと倒産してきた
マンションデベロッパーなどが、その技術の高さや管理技術を
もってすれば、相当稼げる状況にありますね!

ここ、大連では地下鉄工事と併せ「建設ラッシュ」です。



JUGEMテーマ:1へぇ〜
 
2010.07.07 Wednesday / 旅のできごと
まえおき!
私の見た目・・なので異論はさまざまあろうかと存じますが・・・
これから掲載する写真や文章は、個人的主観が混じっていますので
ご了承下さい。
(ご意見があれば、良くても、悪くても喜びます。)



☆☆☆☆☆=5の星があるホテルは、最高級のランクだそうで。
このたび、初めてのVIP待遇で宿泊させて戴きました。

しかし・・・
この☆×5ホテルでさえ、ウオッシュレットがありません。住宅事情4

便器と浴槽は米製Kohler社製
コーラー社と言えば、デザインが
優れ、憧れていたメーカーでした。

そして、水栓金具は
独製Grohe(グローエ)社のもの。。
以前の会社で、システムキッチンなどに
好んで使っていました。


今でも、ご要望があればいつでも調達できますよ!

この☆×5のホテルにも無いウオッシュレットなど、
もちろん住宅なんかには使ってあるはずもありません。
(中国でウオッシュレットは莫大に売れる商品です!)



★ご注意!
(お食事時の方は、食事が終わってから見て下さい)


住宅事情5北京ダックを
食べさせて戴いた店のトイレです。
さすがに店舗だけあって掃除されています。

この便器は・・・
どのように使うかご存じですか?
普通、日本では入口を背にして
用を足しますね!

あちらでは違うのです。



いわゆる「キンカクシ」と呼ばれる半円形の前隠しがありません。

水道の水量が少ないので、ペーパーが流せないのです。
だから、緑色のバケツにお尻を拭いたペーパーを入れるのです。


そして・・・
用を足す(しゃがむ)のは、入口のドアに向かってするのだそうです。

水が流れる穴が奥側にありますが、そこにめがけて?
用を足すのだそうです。(水量不足で紙を流すと詰まる・・)

日本の和式の場合も穴は奥にありますが、
奥に向かって用を足しますよね。
水量が足りないので、穴に向かってねらいを定める!!(笑)


でも・・・
キンカクシがないと、扉を開けたら丸見え???
所変われば品変わる・・・(笑うに笑えない事実・・)

まだまだ、トイレに扉がある方はいいそうですが・・・
少し田舎に行けば、今でも扉のない、まして、仕切のない・・・
(私には絶対出来ない相談です(笑))

以下は・・・
出来れば見ないで下さい。。。。。。。。









住宅事情3やはり・・・
ペーパーは奥に置いてある
ブリキ缶の中に入れるように
なっていました。

でもね・・・
これは、まだまだ上等の方だそうです

シモネタですが・・・
私も幼い頃は、別棟にあるトイレ
っていうか「厠(かわや)」と呼ばれる
建物で用を足していました。

この季節、梅雨になると外便所の便槽には、庭に降った
雨がセメントで作った便槽に流れ込み一杯になります。

四角い便槽に2枚の板を渡しただけの便所でした。

一杯になった便槽で用を足すと「おつり」が跳ね返ってきます。
とてもイヤでした。冬は寒かったし、夏はハエがブンブン・・・

新聞紙で拭いていたので、きっとお尻は真っ黒け。。。
(自分ではお尻が見えませんからね!(笑))
新聞紙は硬いので、良くもみほぐしてから使います(笑)。

【余談】
私の同僚だった南部町阿賀の友人宅では、稲ワラを良く叩いて
柔らかくしたものをお尻拭きに使っていましたyo!。
なぜか、目の前に綱引きくらいのロープが下がっていましたが・・・
(踏ん張って力むのと、年寄りのてすり代わりのためです)
あの当時・・・
少し長引くと足がしびれて立てませんでしたからね(笑)


ずいぶんと下品になりました・・・
その時代からすると、上記写真の便器は「水洗」ですから・・・
めっちゃ文化的なトイレですが。。。

今の日本と比べると・・・

明日は、そんな人々が住む住宅事情をレポートします。

JUGEMテーマ:気になること
 
2010.07.06 Tuesday / 旅のできごと
このたびの主力目的である資材の購入をどうするか?
ご縁があって、メイドインチャイナの商品が
どのように生産されているか?確認に参りました。


工場1大連の市内から車で
約40分の郊外です。

緑に囲まれた住宅地とは
かなり離れた環境にありました。

新しく工業団地として
開発される様子です。


工場どこかの学校か?
保育園の施設か?と
思えるような色づかいです。

オーク(樫の木系)や
カバ(桜の木系)の
フローリングを作っています。

日本語ガイドさんを交えて価格や仕上がり具合、
流通などのお話も聞きました。

工場2工場3
民工と呼ばれる郡部からの出稼ぎ?(失礼)の人たちが
一所懸命働いています。

大量生産でないので注意深く、念を入れて加工していました。

今回当社も・・・
安価にお届けできる流通の権利を確保することが出来ました。

いいものを・・・
とことんお安く提供できる仕組みを構築していく必要があります。


これから始まる・・・
太陽光発電でも、今までシェアを伸ばしてきたメーカーさんとは
全く違うカタチで販売して参ります。


安くても、消却年数が長引いては意味がありませんね!
いかに流通をカットするかで、お客様の償却期間が大きく違えば
「お得になる!」・・・
そんな商品を、国内・国外問わず開発して参ります。

ご期待下さい!

JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
 
2010.07.05 Monday / 旅のできごと
大連は、中国での港では3番目に大きい港町。
ロシアが港を開いてから、日露戦争で争奪戦が・・・

結局、日本の「乃木希典」大将の勝利で、日本人が増えたそうだ。

日清戦争や、第二次世界大戦でも少なからず影響を受けた港町。

「岸壁の母」でおなじみの。。
舞鶴港に引き揚げ船が帰る前には、ここ大連港が中継基地。

現在では、日本の商社も数多く拠点を構えている。
だから、日本の料理店が数多く並んでいる。

路面電車今日は、この旧式路面電車で
移動でした。

当然冷房設備などあるわけもなく
人いきれと、複雑なニオイが
入り交じっての・・・
(想像に任せます(笑))

改造バイク日本で言えば・・・
名古屋か広島くらいの都会??

そんな都会の中で・・・
バイクを改造した乗り合い??が

日本だったら、大目玉!



三輪タクシー桑田佳祐が監督をした映画
「・・・なんだったっけ?」

あのときに・・・
その昔我が家にもあった
ダイハツの「ミゼット」と言う
三輪自動車が出ていましたが・・・



そんな、三輪タクシーが平気で何台も走っているのです。


都会と、このような車事情・・・
横断歩道を歩いていても、誰一人として止まる車はいません。

命がけ(ちょっとおおげさ?)で横断が必要です。


ところかわれば、社会事情も大きく変わります。

市場では腐ったような鮮魚(と言わないか!)を
買い求める庶民でいっぱいです。

気の毒で写真さえ写すことをためらいました。。。



JUGEMテーマ:off time♪
 
ナイスさんいんへのお問合せはこちらから!
スタッフ募集

ブログを書いてる人

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最新記事

サイト内検索

コメント

カテゴリー

アーカイブ

運営者

(有)ナイスさんいん
〒689-3545
鳥取県米子市吉岡319-10
TEL:0859-27-3599
URL:http://e-sanin.com

<営業エリア>
当社より1時間以内で訪問できる範囲とさせて頂いています。
◆鳥取県米子市、境港市、西伯郡、日野郡
旧町名=会見町、岸本町、溝口町、名和町、中山町
◆島根県安来市、松江市、東出雲町
旧町名=能義郡、八束郡

リンク集


古民家プロ