管理者ページRSS1.0Atom0.3
2012.12.17 Monday / 築80年の古民家
年の瀬も、あと僅かとなって・・・
気ばかりが焦っています。


お客様は、それ以上に焦っていらっしゃると。。。

しかし・・・
いつも笑顔で迎えていただいています。

だから、余計に気を遣いますが・・・
想像以上に手間がかかり、1ヶ月以上も遅れています。


思い起こせば・・・
今年の春に、お客様所有の山から檜の大木を伐採。
         ↑↑クリック


5月の連休明けに・・・
枝を切り落とし、製材所へ。

この、檜から作ったフローリング26mmの厚さ。

この頃になってやっと使うことが出来ました。

この、貼り付け作業と下地作業・・・
想像以上の手間がかかり、随分と遅くなりました。

工事前

二階の和室は壁を抜いてワンルームに。
天井を剥いだら、信じられない光景が現れました・・・


それがこれです。←クリック
明治時代の古民家には時々見かけましたが、
昭和の初期に、これだけ丁寧な(費用をかけて)仕事です。

天井裏には・・・
様々な梁が横たわっていました。

梁の下に天井を組んであるので、
とても低い天井でした。

ただいまの進行具合です。

工事中

お客様のご希望で・・・
少し高めの位置まで「腰板」を貼ります。

もちろん・・・
自分の山から伐採した檜を製材して乾燥させた。。

残りの壁は・・・
これもお客様のご希望で「輸入壁紙」を貼る予定です。


年内に間に合わせなければ・・・
いえ、クリスマスまでにはなんとか。。。と

業者さんにハッパを掛けて。。。


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
2012.11.27 Tuesday / 築80年の古民家

只今、後半戦に突入している古民家改装。

この現場では・・・

ちょっと変わった入り口を作りました。



 

現場には・・・

表玄関と、裏玄関があります。



 

そこへ・・・

「もう一つの玄関を作って欲しい」と言われます。

????ん??




いつ帰って・・・

いつ出て行くか分からない・・・

「勝手気ままな家族」のために。



それは・・・わなわないったい誰ですか???




 

それも・・・「土足」で。。。

 


 

おじいちゃんが可愛がっている・・・

ねこちゃん

にゃんこの入り口をどこかに作って欲しいと。。。


 

渡り廊下の途中に・・・

ネコの玄関

壁に穴を開けて・・・

内・外どちらからでも出入りできます。



 

ご丁寧に・・・

よそのにゃんこが出入りできないように

「ロック」まであるのです。



 

ペット好きのみなさん・・・

こんなんありますが・・・いかがでしょうか?? 

「ペット専用出入り口」の紹介でした。





JUGEMテーマ:気になること

 
2012.08.28 Tuesday / 築80年の古民家
先人の知恵はスバラシイ!

現在解体中の「築80年の古民家」
「田の字造り」の、典型的な田舎住宅。

その二階部分の天井を剥ぐと・・・
大和天井
このように・・・
天井の上に、天井があった。


その全容は?と言うと。。。

やまと天井

二階全体が覆われている。

竹を割り、稲藁を敷き込み・・・
ムシロを敷き、その上に練り土を壁と同じように
コテで押さえて塗り込んである。


明治・大正時代には・・・
このままが化粧として現されているところもある。

屋根裏の熱気を・・・
二階の部屋に届けないような工夫だ。

そして、防火の役割もする。


その「やまと天井」を撤去する。

土埃と、稲藁で大変なことが予想される。


いざ、撤去してみると・・・
牛小屋?

ご覧の通りの、まるで「牛小屋か?」

農家の方は・・・
この稲藁が貴重で「譲って欲しい!」と言われるが、
あいにく、PRしていなかったので処分場へ。。


重さは軽いのだが・・・
なにぶんにも、かさばるので始末が大変!

相当な費用の追加が予想される。。




JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
2012.08.24 Friday / 築80年の古民家
いよいよ古民家の解体が始まりました。

古民家では・・・
さまざまなハプニングが続出です。

二階の天井を剥いでみたら・・・

な・なんと!!!
天井の裏に、再び天井が???


そう!
大和天井が隠れていました。

大和天井

古くから・・・
屋根の断熱と、防火の予防で。。

このやり方は・・・
ある程度リッチなご家庭に多く採用されていました。



あばら骨のように見えるのが、
竹を半分に割って並べてある。

その上に・・・
稲藁を敷き並べ、分厚く「土」が敷いてあります。


この「土」のお陰で・・・
夏は涼しく、冬は暖かい環境になるのです。

天井を剥ぐと・・・
とても危険な目に遭うことはしばしばです。




夏場にもっとも危険な作業で・・・

蜂

この度は・・・
アシナガバチでしたが、天井裏にはスズメバチの巣も出てきます。

ある意味・・・
命がけの作業となります。


天井が剥がれると・・・
今度は、床を撤去する作業に入ります。。。



JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
2012.03.17 Saturday / 築80年の古民家
120317_1335~01.jpg
今年の秋に始める築80余年の古民家改装現場のお客様。

自分の山から、檜を切り出し使って欲しいと…


切り出し現場の山へ向かいました。


これで、柱やフローリング、壁板まで作ります。

さて…
どんな部屋が出来るでしょうか?
ナイスさんいんへのお問合せはこちらから!
スタッフ募集

ブログを書いてる人

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最新記事

サイト内検索

コメント

カテゴリー

アーカイブ

運営者

(有)ナイスさんいん
〒689-3545
鳥取県米子市吉岡319-10
TEL:0859-27-3599
URL:http://e-sanin.com

<営業エリア>
当社より1時間以内で訪問できる範囲とさせて頂いています。
◆鳥取県米子市、境港市、西伯郡、日野郡
旧町名=会見町、岸本町、溝口町、名和町、中山町
◆島根県安来市、松江市、東出雲町
旧町名=能義郡、八束郡

リンク集


古民家プロ