管理者ページRSS1.0Atom0.3
2010.10.02 Saturday / 中古住宅のススメ
どこの病院でも・・・

注射するときには・・・
アルコールで患部を拭きます。

フキフキ
フキフキ!

めがね
メガネを描いてっと!

栄養ドリンク
注入する前に・・・
栄養ドリンクを飲ませてあげなきゃ・・ねっ!

基礎の割れ
じつは・・・
こんなにひび割れていたんですが・・・


さて・・・
どんな具合になるでしょうか??
たのしみです!

JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
 
2010.09.14 Tuesday / 中古住宅のススメ
このところ「中古住宅」の丸ごとリフォームがたてつづけ。。。

先日もブログに書いたが・・・
浦津のN様宅=「おくりいえ」をする現場です。
西福原のN様宅。
内町のN様宅。

何故かNのイニシャルがついたお客様ばかり(笑)

ここへきて・・・
こんどは「中古住宅を購入するのに点検して欲しい!」とD様。
先日現場を確認に行きました。


米子市内の不動産屋さんが販売しています。
比較的費用がかからない工法でリフォームしてありました。

数年前より・・・
県外の業者で、競売物件をリフォーム・販売する業者が
最近ではチラシも殆ど見かけなくなりましたね。


やはり・・・
購入された方や、施工した業者などからの評判が・・・

先週の新聞では・・・
大手家電量販店が中古住宅を電化リフォームして販売する。。
そんな記事が話題になっていました。

電化の商品は確かにお安いでしょう。。。

それを使えば・・・
安くリフォームが出来上がるかも知れません。


しかし・・・
リフォームは商品だけではありません。
技術も伴う総合的な品質を求められます。工事の保証もです。

高額なロイヤリティーを払わなければいけないことで・・・
少し簡単な方法で取り付ける下請け業者だったら・・・


昨今は・・・
どんな業種でもリフォームへと参入してきます。
(資格が無くても500万円までの工事なら誰でも出来るのです)

新築をする業者は・・・
何故今までリフォームをないがしろにしてきたのでしょうか?

それは取りも直さず「面倒」だからだと思うのです・・・
誰もいない場所でのんびり作業するのと、
1日中お客様が住んでいるリフォームでは・・・

また・・・
撤去してみないと分からない「危険度?」があるから・・・


様々な苦労を経験しながら・・・
リフォーム専門業として、とうとう今年で25年を迎えました。
(米子市では最長の実績を持つことになりました)

数々の実績が・・・
お客様へのご提案は、古民家をはじめとする「匠(たくみ)」のワザから、
最新の設備機器を余すところ無くお届けできるのが自慢です。

日曜日・祭日も休み無く・・・
お客様のために動いています。
いつでもご連絡をお待ちしていますからね〜!

お急ぎの場合は=090-7544-3599 矢田まで。。。
あははは・・ちょっとPRになってしまいました

JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
 
にほんブログ村 住まいブログ リフォームへ・・?・


2010.09.03 Friday / 中古住宅のススメ
このところ「中古住宅のリフォーム」がたてつづけに・・・
昨日1件目の契約を交わしてきました。
つぎは12日のご契約です。

どこかの「☆☆そっくりさん」と同様のリフォームだ。


いっぽう、最近では・・・
競売物件を安く手に入れて、リフォームして売り出す。。

そんな会社もありますが・・・
やはり、利益優先だから職人さんが長続きしません。

私どもの職人さんも・・・
その会社で仕事をもらっている人もいました。


その職人さん曰く・・・
「二度とあんな会社の仕事はしたくない!」と。

何があったかは・・・
詳しくは書けませんが、相当の無理難題や
手早くかたづける事を要求されたみたいです。

手を切ろうとすると・・・
「誰か代わりの職人を紹介しろ!」とまで。。。


そんな物件を購入されたお客様は・・・
とても「運が悪かった!」では済まされませんね!


さて・・・
このたびの物件は、米子の城下町に位置する
ふる〜い町並みにあります。

昨日の
「河童の三平」を
横目で見ながら・・・


市街地で一番困るのは・・・
駐車場が少ないことですね!
築40年以上経過するこの物件。
玄関ホール
私にとっては・・・
とても懐かしい素材が
ふんだんに使ってありました。


廊下は、アピトン材のフローリングです。
ホンモノですから、少々のキズや汚れなど平気です。

これを・・・
削り直して仕上げの塗装をかけて。。。
ホンモノですから、少々削っても木目が消えるようなことはありません。

と、打ち合わせをしていましたが・・・
途中から「やっぱり新しい方がいいよね!」と・・・

やはり・・・
ホンモノの檜のフローリングを選ばれました。
洋間
洋間は・・・
当時石膏ボードが
あまり普及していない時代でしたので・・


ベニヤの上に繊維壁が塗ってあります。
井桁状に白く浮いて見えるのは下地の骨組みです。
まばらな下地は現在では考えられませんが・・・

このたびは・・・
床・壁・天井を撤去して新しく作り直しです。。

先述の・・・
競売物件に手を加える業者さんとは少し違ったやりかたです。
(殆ど現状の上に仕上げを貼ってしまいます。ナナメでもお構いなし(笑))

お客様の意向に・・・
耳を傾けながら、ご要望に適した素材や工法をご紹介します。

そして・・・
何よりもご予算をオーバーしないような見積を設定します。

それから・・・
何度も変更箇所を打ち合わせして・・・「ご契約」の段取りです。


クーリングオフのご説明をして。。。
さてさて、着工の運びになりました。

そうそう!
耐震の点検や、床下の傷み具合も忘れずにしてますからね!


JUGEMテーマ:リフォーム
 
にほんブログ村 住まいブログ リフォームへこのままイケイケ!・・・


2010.08.05 Thursday / 中古住宅のススメ
中古住宅ご購入のお手伝いをさせて戴いた。
担当は「こばちゃん」。


欲しいお客様はあっても、ちょうどいい場所や大きさ、
そして便利さなどなど・・・

小さな子供さんがいれば、小学校区の問題もある。

さまざまなハードルを乗り越えなければいけない。
そして、なによりも「ご縁」が一番だ!

たまたま、物件を探しておられたN1さん。
とんとん拍子に良い物件がみつかった。


それから数日・・・
N1さんの知り合いのN2さんが「俺も欲しいなぁ」ってことで、
小学校区の中で捜したら「ぴったしカンカン!」←ずいぶん古いネ

そして、昨日・・・
私の知り合いから頼まれて「中古を買ったけどリフォームを!」と。
ご紹介を戴いたので、早速現場を調査させて戴いた。


米子市内の中心部。
築50年は経過しているそうだ。

しかし、お手入れが行き届いていて、
まだまだ使うことは可能な物件だ。

どういう訳かこの3物件・・・
すべて、イニシャルがNで始まるお客様なのだ。。。(笑)
(不思議な話ですねぇ!)

ご購入額が比較的手を出しやすい価格なので、
リフォームに大がかりな費用を掛けることが出来るのです。


最近・・・
中古住宅に少しだけ手を加えて販売している不動産屋さんがいる。

現状のフローリングの上からフローリングを貼り増し・・・
(床に傾斜があってもお構いなし・・)

塗り壁の上に無理矢理クロスを貼り付けたり・・・
(柱の際がめくれかかっていてもお構いなし・・)

カビが生えている外壁に、そのままペンキを塗ったり・・・
(あとですぐカビが再発する可能性が大!)


見た目だけの修繕で、リフォームしたと表記してあるチラシ・・・

確かに、そのまま住むことは出来るのだろうが・・・

数年も経過しないうちからリフォームが待ち受けることに
なりはしないだろうか???


以前「中古住宅を購入するから確認して欲しい」と言われ
米子市淀江町まで調査に行った経緯がある。

その現場で・・・
さまざまな不都合を指摘をしたら、
販売業者は「だから安いんですよ!」と。。。

軒裏の雨漏りを指摘すると・・・
「部屋に漏れていないので、対象外です!」と、きっぱり。


これから中古住宅をお買い求めになる方へ・・・

リフォーム付きの物件は避けた方が無難です。

購入物件を・・・
公平な立場の設計士や専門家に必ず見てもらいましょう。
その時の費用は必要と考えてください。

専門家の1日、いや半日分の人件費を惜しんだことで、
数年も経過しないうちにリフォームが必要になる事もあります。

大切な財産を・・・
有効に、そして末永く使うことが出来るよう
私たちは資金調達のお手伝いも含めて応援しています。

JUGEMテーマ:??不思議な話??
 
2010.06.02 Wednesday / 中古住宅のススメ
いつも親しくしている友人から。。。


「お兄ちゃんが中古住宅を買うらしいけど・・」
「中身を見てもらえますか?」
と言う電話でした。

即座に・・・「はい、喜んで!」
って、どっかのファーストフードの店員さんか?(笑)

立ち会い当日。
不動産屋さんとご兄妹、そして私と所有者さん。


昭和42年の平屋建て・・・
使ってある材料は、比較的国産材を多く使った建物でした。

まず・・・
雨漏りは天井を見ながら。。

床板は・・・
踏みながらギクシャクがないかどうか?

白アリの被害は??
新兵器を駆使しながらの点検です。

だって、まだ購入していないのではぐったり
穴を開けたり出来ませんよね!

柱も、微妙にあちらこちらへ1~3cm程度は倒れています。

一番困ったのは・・・
4mほどの間隔で水平が3cm下がっていました。

新兵器があるので、さまざまなテストが可能になりました。

この建物をどの程度の費用を掛けるか?
それによって判断が分かれますよね。。

鳥取県西部地震での被害も少なかったので、
「まずは合格!」と言った中古住宅でした。


JUGEMテーマ:リフォーム
 
ナイスさんいんへのお問合せはこちらから!
スタッフ募集

ブログを書いてる人

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

最新記事

サイト内検索

コメント

カテゴリー

アーカイブ

運営者

(有)ナイスさんいん
〒689-3545
鳥取県米子市吉岡319-10
TEL:0859-27-3599
URL:http://e-sanin.com

<営業エリア>
当社より1時間以内で訪問できる範囲とさせて頂いています。
◆鳥取県米子市、境港市、西伯郡、日野郡
旧町名=会見町、岸本町、溝口町、名和町、中山町
◆島根県安来市、松江市、東出雲町
旧町名=能義郡、八束郡

リンク集


古民家プロ