管理者ページRSS1.0Atom0.3
2009.12.07 Monday / 築70年の古民家
築70年の古民家からのレポートです。

あまりにも、次から次へと恐ろしいばかりの・・・劇的な刺激にも、
随分と慣れて??少々のことでは驚かなくなりましたが。。。


玄関天井のバウムクーヘンには少々刺激が強すぎました!!

古民家の場合屋根裏の部屋(ロフトと言った方が正解か?)に
上がるときは、はしご階段で上ります。
普段は邪魔ですから天井に引っかけておきます。

ハシゴで上がるほどの急な傾斜で階段が作られていたのです。

玄関サッシとの取り合いや、内壁のスキマなどを考慮すると
階段をやりかえなければどうしてもうまく収まらない。。。


階段を付け替えるために、2階床の木材を切断したところ・・・
「バウムクーヘン?」で出来ていました!!
2階床の構造材天井のバウムクーヘン
隣接する浴室の湿気が2階の床を支える木材に吸い込まれ、
シロアリがみごとな「バウムクーヘン」を作り上げていたのです。


現場の2階は来春大学生になる息子さんが上がり降りしていました。
本当に
「よくぞここまで持ちこたえられたのが不思議!」


早速補強に取りかかります。
そして、ホウ酸系のシロアリ駆除剤を噴霧します。

外部に面していないので、風雨や水にさらされないので
半永久的に効果は持続します。


水戸黄門「助さん、角さんも〜いいでしょう!」
と言いたいくらいの出来事が、毎日のように発生します。

目には見えないところまで適切に対処してお客様に喜んで
戴けるリフォームです。。



いや〜!
古民家のリフォームってハプニングの連続ですが・・・
良くなっていく状況を見ると嬉しくなります。
お客様にも喜んで戴けるのが何よりもの救いです。。。


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
2009.11.16 Monday / 築70年の古民家
築70年の古民家現場です。

畳下の座板が貼られるととても広い空間が出来ました。
大工さんはここで加工することが出来ます。

床下の深さ
この古民家の床下は1m20cmもあって
広い地下空間?が広がっています。

床下の木材も、
まるでお寺さんの床下みたいに
長い材料を使います。
もちろん地産地消で地元の木材を使っています。

ここへ、先日シロアリ防除・予防薬として「ホウ酸系」の薬剤を
噴霧しました。

室内のシロアリ環境は50年くらいは安心でしょう!


床下の断熱材床下が深いと、寒さにも神経を遣います。
畳の下へは殆ど施工しない
分厚い断熱材を敷き込みました。

これでホカホカ暖かい冬が過ごせます。



JUGEMテーマ:The・古民家「田舎で暮らそう!」
 
2009.11.10 Tuesday / 築70年の古民家
古民家の床下は悲惨です!!!

蜘蛛の巣に加えシロアリの天国になっている事しばしば・・・

蜘蛛の巣があると言うことは、昆虫が住みやすい湿気の多い
環境にあるからです。

幸いにも築70年のこの現場では、
床下が高く取ってあり比較的シロアリの被害が少なかった。


防虫・防腐・防蟻剤念のため、
新しくした木材へは「ホウ酸」を主剤とした
防虫・防蟻・防かびに効果があり、
床下浸水にならなければ半永久的に持続する
と言われている商品を使用しました。

現場には毎日朝から晩まで「現場監督さん」が
常駐されています。

昔、大工さんだったお施主様の「おじいちゃん」です。

ホウ酸系の防虫・防蟻剤を噴霧していると・・・
「なんだこりゃ!ニオイがせんのぉ〜!」だって。。
「ほんに効くだかや?」とも・・・(笑)


「ホウ酸はうがいに使ったり、目を洗ったりするときに使うでしょ!」
「ニオイはほとんどしませんよ!」
「木材に生えたカビもとれますよ!」



「ほ〜ん、そげか!」
(ふ〜ん、そうですか!の意)

降り出した雨空を恨めしそうに「畑にでられんのぉ〜」とぽつり。。


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
2009.11.09 Monday / 築70年の古民家
築70年の古民家現場です。

予想外に悪かった足下が全て(想定外でしたが(笑))撤去されました。

床下が1m20cmはあります。
作業するのに大変時間をかけています。。な〜んでか?

床下の大引き材それはね!
普通の家では整然と並べられた大引き
(写真の横部材)をまたいで作業が
出来るんですよ!

この現場に入っている大工さんは特に
上半身の長さより下半身が・・・・
(これ以上は口が裂けても・・・(笑))

なので、上がったり降りたりの作業に時間がかかるのです(笑)

床下が深いのは建物には、とても快適なのです。
(湿気が上がってこないって言うか、湿気が通風で乾くのです・・)

通風がいいのは逆に床下が「寒い!」ってことにも関係します。

そこで、
和室の畳下なのですが断熱材をふんだん?に使用する計画です。
(畳って、スキマから結構スイスイすきま風が入りますよね!)

そのうえ、さらにボーナス得点が・・・?
床下の木材にはシロアリをはじめとする害虫が寄りつかないように・・
半永久的に分解しない「ホウ酸」を主原料とした防虫・防腐剤を
塗布します
。←クリックすると使用例

『解説しよう!』
ホウ酸って、目を洗ったり・うがいしたりするときに使いますね!
人体に入ると「おしっこ」と一緒に排出される成分なので安心で〜す!
流し台に置く「ホウ酸だんご」もお友達です!



水平が整い、建具もスト〜ンと動くようになれば
うれしさ倍増ですよね!

もう少し待って下さいね!H様。。。

JUGEMテーマ:The・古民家「田舎で暮らそう!」
 
2009.11.07 Saturday / 築70年の古民家
築70年の古民家です。

本日は前ページにも書きましたが、山陰地方の『古民家鑑定士』が
集まっての情報交換会がありました。
またまた素晴らしい情報を戴きましたyo。



古民家の改修は驚くような出来事の連続です。


欅の縁側板今日も今日とて・・・
欅で出来た縁側板が撤去され、
和室の敷居も外されました・・・
「そこは取り替える場所ではなかったのに・・・」
と思っても、すでに「遅かりし・・(涙)」

そりゃあ、全部キレイになればお客様も大満足です。。
でも・・・う"〜!またまた(涙)

スケルトンになった和室と縁側の床下です。スケルトン?

和室ばかりですから、
桜の敷居が4m×8本も・・・(涙)


泣いてばかりいられません・・・
(男の子ですから・・?)(笑)







JUGEMテーマ:The・古民家「田舎で暮らそう!」
 
ナイスさんいんへのお問合せはこちらから!
スタッフ募集

ブログを書いてる人

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最新記事

サイト内検索

コメント

カテゴリー

アーカイブ

運営者

(有)ナイスさんいん
〒689-3545
鳥取県米子市吉岡319-10
TEL:0859-27-3599
URL:http://e-sanin.com

<営業エリア>
当社より1時間以内で訪問できる範囲とさせて頂いています。
◆鳥取県米子市、境港市、西伯郡、日野郡
旧町名=会見町、岸本町、溝口町、名和町、中山町
◆島根県安来市、松江市、東出雲町
旧町名=能義郡、八束郡

リンク集


古民家プロ