管理者ページRSS1.0Atom0.3
2009.11.26 Thursday / 山陰の風景
091126_1103~0001.jpg
鳥取市にある白亜のお城『仁風閣(じんぷうかく)』秋の姿です。
(携帯の写真で写りが悪い・・m(_ _)m・・)

鳥取藩主だった池田家の別邸として作られた洋館です。

明治40年侯爵だった池田家第14代当主が、
赤坂離宮や京都国立博物館などの設計をした宮内省の片山東熊博士に
依頼した建物。

中にはいると・・・
御座所謁見所
それは、それは・・・とてもとても素晴らしく。。。
各部屋には「暖炉」があってヨーロッパにでも行ったような雰囲気が漂っています。
ドアの向こうからはご令嬢が出てきそうなほど綺麗に手入れがしてあります。

このページに書ききれないので、詳しくは下記の仁風閣のページで
ご覧戴くと詳しく掲載してあります。
http://www.tbz.or.jp/jinpuukaku/index.php?view=3858


素晴らしくお手入れの行き届いた重要文化財でした。

鳥取県庁のすぐ隣、
久松山(きゅうしょうざん)にひっそりとたたずんでいます。


(なお、文中の写真は上記仁風閣様のページから了解を戴いて掲載しています)

JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景

2009.08.14 Friday / 山陰の風景
もくもくと入道雲が・・のどかな田舎の風景に、
入道雲がのんびりと・・・

とうとう「夏が」やってきました!!?
ってか、このまま「秋」に突入するような気配です。。

先日古民家から引き上げた古い建具など、
お隣の安来市の倉庫まで運搬してきました。


今日から「お盆」ですね!
今の私を今日まで元気で過ごさせてくれた両親に感謝です。
実家へ、お花を持って「墓前」へ報告に行ってきました。

田舎の貧乏な農家の暮らしの中で、私たち4名の子供達は何不自由なく
学校へも通わせてもらいました。

父は戦争で片眼を失っています。
母は朝から晩まで働きずくめでした。

日銭のない農家の収入で、どうして学費を工面したのだろうか?と・・
今、自分の子供が受験を目の前に・・・考えさえられました。

そんな感謝の気持ちを込めて手を合わせて来ました。

果たして両親のように、
子供に苦労を見せず、手をさしのべてやれるのでしょうか?

まだまだ修行が足りませんm(_ _)m


JUGEMテーマ:快適な暮らし、山陰版。
 
2009.08.07 Friday / 山陰の風景
古民家が解体されると聞き美保関町へやってきました。

ゲゲゲの鬼太郎の街「境港市」から車で約10分で到着します。
有名な「隕石が落下した集落」でした。

入江の風景
どの入江も、
島根半島独特の風景が興味を引きます。
先般も紹介した
「エメラルドグリーンなビーチ」の隣にある集落でした。

100年近いこの建物の建築当時は、境港市から船で材料を運び、
職人さんは峠を歩いて下りてきたそうです。

大変な苦労をされて建てられたのですねぇ・・・
近年海岸沿いに道路が出来てとても便利な集落の環境になりました。
入江の集落
山と海の間に、
少しだけ僅かな広さで家を建てるほどの平地があります。
山にへばりつくように集落は建てられていました。
この度は、道路に面した家の裏手にあります。


家には隣家との間60cmほどの路地を入って出入りします。
重機が入らないので、今回は大型のレッカー車を使って、屋根越えをして解体物を引き出します。

とても大がかりな、手間のかかる解体工事になるようです。

やはり、美保関町は海に囲まれた「夏がいちばん!」のところですね。



JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景
 
2009.08.01 Saturday / 山陰の風景
山陰地方で瓦の産地で有名な「石州」と呼ばれる
大田・江津・仁摩・温泉津・浜田あたり一体には有名な左官さんが輩出された。

江戸時代後半、まだ石見銀山が栄えていた頃から石州の左官技術は有名であった。

明治にはいると、左官業の仕事も少なくなり、
腕のいい職人は全国へと散らばっていった。

映画「八つ墓村」で有名になった高梁市成羽町にある「べんがらの里」でも
石州の左官が、盛んに?石州瓦やかまど作り・土壁塗りなどで活躍したのである。

鏝絵「鶴」そんな時代に、
左官のコテひとつで作られた壁画とでも言えるような
素晴らしい立体的な作品が数多く、
石州地方には残されている。


現在では、継承する人も少なくなった。需要が少ないからである。

鏝絵「額」
当社の左官は本当に腕のいい左官です。
「鏝絵」を何とか復活させようと、
地域でのイベントなどで活躍しています。
彼が作ってくれた額に入れた「龍」です。

そこで、今土蔵の壁補修しているY様宅へお願いに行った。


鏝絵「龍・提案」「鏝絵を作らせて戴けませんか?」
「予算は半額で結構です!」
「初めての鏝絵なので半額は当社の宣伝費用から支出しますから・・」



「ん〜!素晴らしい!」「こんなのやってみたかった・・」「しかし・・・」
???
「どうされたんですか?」

現状の土蔵補修前の土蔵は、
カビが生えて表面の漆喰は浮き上がっています。
予算はある程度組んでおられます。
しかし
「近隣がうるさいから必要最小限の補修で済ませて欲しい」
との要望です。

お隣さんの土蔵も、先の鳥取県西部地震での被害がそのままです。

「田舎はなぁ〜」
「派手なことをすると妬みがあってなぁ〜」
「やりたくてもガマンしなければいけないことが多くて・・・」
「本当は漆喰を全部直したいのだが・・」
「わざわざ半分ずつの修繕にしてるんだyo!」


修復中の土蔵

なるほど・・・
昨年官公庁を退職されて、
しっかりと退職金も入っている。。

「ざんねん!」

このブログをご覧の方、もしくは知人・友人・ご親戚の方1名様に限り
土蔵の修復で「鏝絵」のご希望がありましたら、半額で施工いたします。

JUGEMテーマ:リフォーム
 
2009.07.15 Wednesday / 山陰の風景
久しぶりに鳥取県庁へ出向いた。

国道9号線を東に向かい、鳥取市の手前に「白兎海岸」がある。

島にいたウサギが陸へ帰りたい一心でワニを騙して皮を剥がれる・・・
といった伝説が残る。

淤岐嶋(おきのしま)その島が「淤岐嶋」と呼ばれるが・・・
人によれば「隠岐の島」とも「沖の島」とも・・・

伝説の中身は大きい方が良しとされる傾向があって
島根県の沖合にある「隠岐の島」が有力だが・・・
この島が「淤岐嶋」。ウサギの形に見えるかな?


この島に洪水で流された年老いたウサギが故郷である因幡国の高草郡へ帰りたい思いが募りワニを騙す羽目に・・・

この時代のワニとは4本足のワニではなく、サメとかフカと呼ばれる魚類
だと言われている。

お隣の安来市にも「月輪神事」と呼ばれ、ワニに噛まれて死ぬお姫様の神話が
残っている。毎年旧暦のお盆に、この神事が催されとても賑やか。。。
米子市の「がいなまつり」の数十倍もにぎわうおまつりだ!

近年この海岸にサメが出没して、サーファーの穴場である白兎海岸を
脅かしているという。

近畿地方や、山陽方面からのサーファーが好んで集まる海岸が白兎海岸だ。
キムタクがときどき利用しているらしいウワサも出ているが・・・真相は??

白兎海岸梅雨も明けきらない今日の昼前に降り出した夕立
(昼でも夕立と言うかな?)の影響か?
海岸はひっそりしていた。。

海水浴シーズンになると付近の国道では追突事故が多発する!
海水浴客ももう少し控えめなウエアーを身につければいいのに・・・(笑)



下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。


JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景
 
ナイスさんいんへのお問合せはこちらから!
スタッフ募集

ブログを書いてる人

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最新記事

サイト内検索

コメント

カテゴリー

アーカイブ

運営者

(有)ナイスさんいん
〒689-3545
鳥取県米子市吉岡319-10
TEL:0859-27-3599
URL:http://e-sanin.com

<営業エリア>
当社より1時間以内で訪問できる範囲とさせて頂いています。
◆鳥取県米子市、境港市、西伯郡、日野郡
旧町名=会見町、岸本町、溝口町、名和町、中山町
◆島根県安来市、松江市、東出雲町
旧町名=能義郡、八束郡

リンク集


古民家プロ