管理者ページRSS1.0Atom0.3
2009.04.04 Saturday / 仕事が趣味で・休み無し?
いつもお願いしている社労士さんから・・・
「労災保険」の資料を出して!って。

昨年4月1日から今年3月31日までの工事内容を提出して下さい・・と。

当社では、見積を作成すると契約書ー発注書ー工事台帳ー請求書ー損益計算書が連動して出てくる素晴らしいソフトだ。

でも、着工日と完成日を記入するのが抜けていた

100件以上もの現場を思い出しながら記入するのは至難のワザ!

痴呆?が始まっているアタマをしばらくフル回転させなければ・・・


お役所の担当者さまへ
少し日にちが間違っていても許して下せぇ「お代官様」・・・
2009.04.03 Friday / ひとりごと
先日、大山町の古民家解体現場から、まだ利用できる「古材」を引き取った。
ネットワークである愛媛県の「古材倉庫」井上社長が昨日わざわざ来店された。

以下は井上社長のブログからトラックバックさせて戴いた内容だ!


一昨年・・・【200年住宅】と言っていたのが
昨年は【超長期住宅】へ
そして今年は【長期住宅】と名称が変更になっています。

http://www.kenken.go.jp/chouki/style.html 

家を200年もたせる事は難しいのでクレームになるかも・・・

そんな心配から少しづつトーンダウンしたようです。

確かに現代の家は200年は難しく
一番大事な基礎が50年程度しか持たないのが現状です。

ですから基礎幅を250mm程度に大きくしていますが
それでも200年は持ちません。

200年持たせるのは・・・「石の基礎にする」しかないでしょう。

ということは・・・

【昔の家の作り方に戻る】

ということです。
コンクリートは長持ちしませんが、木は長持ちします。
屋根も日本瓦は長持ちします
(ちなみにカラーベストはメンテナンスしても30年が限界です)

200年住宅へ・・・・挑戦するには「古民家に学ぶ」
コトが大事です。
それは「古民家に使われている素材を使う」コトです。

デザインや工法ではなく、素材がより大事です。

                      以上。

本当に同感です!
最近の住宅地のどこにでもある総二階で、サイディング貼りの建物。

高気密・高断熱、外断熱、地熱利用・・さまざまな工法を羅列して作られた建物。
果たしてリフォーム時期が来たときにどうなるんでしょう?

この続きは後日。。。

農家の納屋は簡単な仕上げですが、構造材はしっかりしています。 

大きな梁と土壁で作られています。
先の鳥取県西部地震では、少し土壁に切れるが入ったくらいです。
古民家は造りがしっかりしているので、再利用は充分可能です。


若夫婦のご要望で「古民家風」の雰囲気にしてとのご要望が出ました。

でも、1階も2階も天井の高さが思うほど取れないので苦労しました。
2階の床高さ1階の台所にする部分。
ここがのようになりました。




システムキッチン梁をあらわしにして自然塗料を塗りました。
赤ちゃんにもVOCの被害を及ぼさないよう
配慮しています。

しかし、2階はワラや農作業の資材置き場なので、天井の高さが不足です。
改装前の屋根裏
丸太を受けている横架材まで2mしかありません。

そこで・・・
丸太の梁を見せて屋根裏を化粧の板を貼ることで
天井を高く見せる工夫をしました。




古民家風の仕上げ
丸太には自然塗料を塗り。
天井裏にはしっかりと断熱材を入れました。

壁は珪藻土を塗り、湿気対策もしています。




雰囲気が良くなったので、若夫婦の寝室にしようと決まりました。



2009.04.01 Wednesday / 今日の料理?
 いよいよ、うちなー料理も最終回となりました。
たくさん、美味しく頂きました。

黒系の料理がもう一つ。
イカスミ焼きそば「イカスミ焼きそば」

沖縄の麺はうどんとラーメンの中間の太さ。
味噌ラーメンのちじれ麺が好みの私には
微妙に・・・ってカンジ!


レンタカーで走っていると至る所に「タコライス」の看板が。
刻んだタコがまぶしてあるのか??と。
そんなにたくさん掲示してあると、一度は食べてみないと・・

タコライス「タコライス」

牛丼風のミンチ肉をたっぷりかけてある。
ん〜!ちょっと思惑が外れたが、結構
イケル!
看板がたくさん出ているのも頷ける。

やっぱり沖縄はソーキそばですね。

ソーキそば「ソーキそば」

太めの麺の中に子供の握り拳くらいある
ソーキ(豚肉)がどっかーん!と

でも味噌ラーメンが好きな私はやっぱり内地のラーメンが好きじゃ!

「で・・なにか?」

そんなこんなで、たくさん食べました。
とても美味しく食べました。

わずか3日間の視察旅行でしたが、いろんな人に出会い、たくさんの情報を頂きました。
出合った皆さんに心より感謝です。
そして、引率して戴いたリフォ・レ佐藤所長様にもお礼申し上げます。


どうぞ、うちなー料理に詳しい方で「間違ってるぞー!」とのご意見がありましたら、ご指摘をお待ちしています。info@e-sanin.com
29日は日曜日。
古民家の解体作業はお休みなので、その間に古材を運搬しようと。。

天気は良かったが、やはり豪雪地帯へ吹きおろす風は真冬並み・・・
大山にはスキーが出来るほどまだ雪が残っていた。

しかし、寒いと言っている場合じゃない!
4tユニック車を借りて、引っ張り出しから始めた。

慣れない作業は思うほど作業が進まない。 安全に作業しなきゃ!


古材1
数十年のホコリを落とし、自然塗料を塗って
色つやを出す作業もある。

12mの梁は載らないので6mに分断。
取り付けるときは継ぎ手を加工して組み合わせる。

 

古材2取り敢えず移動した「古材」

丁寧に汚れを落とし、仕口の加工をする。

当社には安来市の清水寺の修復に携わった大工もいる。
宮大工の経験を持っている40代前半の有望な大工だ!

もと製材所だった場所を置き場にして、加工作業を行う。

1日中かけて4tユニック車3台分を移動させた。
現場から倉庫まで約1時間かかる、結局夕方6時過ぎまでかかった。

おかげで今日は朝から足腰が痛い!
普段使わない筋肉が悲鳴を上げている!

今夜もゆっくり、沖縄で買った「泡盛」の古酒をちびちび呑もう。

ナイスさんいんは山陰地方で唯一の「古民家鑑定士」の資格を有している。

また、60年以上経過した住宅にお住まいの方は古民家の価値を鑑定出来るので、
遠慮なくお問い合わせ下さい。

お問い合わせは
お電話 0859-27-3599 (矢田まで)
メール info@e-sanin.com

ナイスさんいんへのお問合せはこちらから!
スタッフ募集

ブログを書いてる人

カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

最新記事

サイト内検索

コメント

カテゴリー

アーカイブ

運営者

(有)ナイスさんいん
〒689-3545
鳥取県米子市吉岡319-10
TEL:0859-27-3599
URL:http://e-sanin.com

<営業エリア>
当社より1時間以内で訪問できる範囲とさせて頂いています。
◆鳥取県米子市、境港市、西伯郡、日野郡
旧町名=会見町、岸本町、溝口町、名和町、中山町
◆島根県安来市、松江市、東出雲町
旧町名=能義郡、八束郡

リンク集


古民家プロ