管理者ページRSS1.0Atom0.3
2010.12.24 Friday / 中古住宅のススメ
「おくりいえ」で賑わった中古住宅の・・・
大がかりな改装が終わりに近づきました。


外部の仕上げが・・・
天候不順のため、もう少しかかりそうです。


が・・・
内部は?と言うと。。。
工事前続き間
和室六畳二間の続き間でした。

間仕切りのふすまや下がり壁を取り払い・・・


正面奥に見える押し入れ・・・
その左側は床の間です。

床の間を・・・
大胆にも大きな開口部を開けました。

外部には・・・
ウッドデッキを設置する予定です。


そして、そして・・・
さらに左側は縁側になっています。


撮影している部分を振り返ると・・・
タンス部工事前

押し入れとタンス置き場になっています。


このタンス置き場だった方向に
システムキッチンを配列した状況は。。。


ワン・・



ツー・・



スリー・・・・


これだ!


タンス部工事後


そして・・・

全体を見渡すと・・・


あの、和室が続き間だった部屋が・・・







なんと言うことでしょう!
    ↓↓↓

LDKワイド


いかがでしょうか?
いまどき100坪の土地に新築しようとすると。。。


程度にも寄りますが・・・
およそ3000万から3500万円は準備しないと。。。

それが・・・
なんと。。。¥☆☆☆



正月休みの・・・
1月3日と4日にお披露目をいたします。

お屠蘇気分でお出かけしてみませんか??

JUGEMテーマ:中古住宅のススメ
 
2010.12.20 Monday / 中古住宅のススメ
   An Used House ???

いつも思うのは「中古住宅」って言葉がしっくり来ない。


なにか言い言葉はないものか???と。
     直訳したら「An Used House」だって。。。

それはともかく。。。

30代前半の若いご夫婦が・・・
今お住まいのアパート賃より安く返済できる「自分の家」を・・

当社のこばちゃんがご提案して・・・
このたび、大がかりなリフォームを受注・完成が近づきました。
工事前全景
約100坪ほどある敷地にこぢんまりとした平屋建て。

昭和40年代前半に建てられたこの建物は、
続き間のある伝統的な造りです。
工事前続き間

この建物が・・・
若い夫婦のご要望に、どのように変身したのでしょうか?


6畳の続き間・・・
床の間や押し入れも取り外し、16畳の大きなLDKが。。。

上の写真は、新しくシステムキッチンを据え付けた場所付近
から見た工事前の風景?です。


天井を取り外し・・・
古民家風にあしらった大きく太い「梁(はり)」を見せた
吹き抜けの大空間が、見る人を圧倒させます!


建物全体を・・・
断熱材ですっぽり包み込んだ部屋にはペアガラスを採用。


夏の暑さ・・・
  冬の寒さから解放してくれる大空間が出来ました。


その全貌を・・・
お施主様のご協力を戴いて、
お正月休みに公開することが出来ました。


へぇ〜!
こんなことができるんだ!
・・・とか。。

こんなに快適になるんだ〜!・・・などなど。。

来てみてビックリの二日間です。

Open houseのご案内は・・・
1月3日(月曜日)4日(火曜日)の両日です。
お正月休みにご家族でお出かけ下さい!

JUGEMテーマ:中古住宅のススメ
 
2010.11.07 Sunday / 中古住宅のススメ
中古住宅をご購入になった現場では・・・
次第と全体像が分かりだしてきた。

一番最初に打ち合わせした頃・・・
「天井裏に丸い「梁(はり)」が見えると思います」
「それをむき出しにしたらいかがでしょうか?」
と。。


若いご夫婦に、想像つかないのは無理もありません。
「ん?普通の天井で・・」と言われていました。


解体も終わり、天井裏や屋根の下地まで見えると、
「あの丸太が見えるように出来ませんか?」
「天井も屋根の傾斜に合わせて・・」と・・・
梁丸太
「ああ、いいですよ!」
(望むところだ!(笑))

担当者の「こばちゃん」が・・・
一所懸命梁丸太を磨いてくれました(腰を痛めながらも・・)

綺麗になった丸太をながめながら・・・
どんな色合いにしようか?と検討中です。

参考までに・・・
企業秘密?の方法で、少しだけツヤを出してみました。
梁つや出し
いかがでしょう?
ナチュラルな風合いで、ツヤが出ているのが分かりますか?

現場では古民家風に仕上げるようにご要望です。

さて、どんな仕上がりになるでしょうか?楽しみです。。。

JUGEMテーマ:中古住宅のススメ
 
2010.10.23 Saturday / 中古住宅のススメ
新建新聞社の「新建ハウジング」は全国の建築関連企業
約18000社に、月3回送られる業界新聞です。

新建ハウジング記事
10月20日号
Vol.529の11面
「業界ニュース」で紹介されました。

工期が早く、
鉄筋より強い強度を持つ。

布基礎の補強には最適と思われます。

こんな片田舎の記事まで掲載して戴けるなんて・・・
恐れ入ります♪ドーーモ\(∩_∩ ) ( ∩_∩)/ ドーーモ♪ デス!

さて、本日は・・・
琉球風水師「和来 龍先生」の第5回目講演会が開催されます。

あと2名ぶん席が空いています。
突然のご参加お待ちしています。。。


JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
 
2010.10.07 Thursday / 中古住宅のススメ
私たちの住む米子市は18万石の城下町です。

豊臣秀吉が朝鮮出兵の頃(1591年)に築城が始まり・・
城主「吉川広家」が城を建て始め、およそ10年あまりの歳月をかけ
中村家が完成させた幻の名城と言われる「米子城」

吉川家から駿河の中村家、美濃の加藤家そして池田家、荒尾家と
さまざまな入れ替わりがあって・・・

とうとう・・・
明治13年頃に、天守閣は城下町にあった風呂屋の燃料として
37円で買い取られたという逸話が残っている。

その米子城には・・・
かの有名な?「伊能忠敬」が1806年に訪れたという。。
でも、米子の役人は「帰れ!」と追い返したそうな。。


そんな悲運?の米子城の城下町。。。
城山の麓は鳥取大学医学部があります。

そのキャンパスの付近は準防火地域。

そんな場所で・・・
もうひとつの「中古住宅リフォーム」が始まっています。
建築指導課の指示を仰ぎながら防火対策を行います。

築50年ほどと言われています。
自分でお手入れされるほど行き届いていたので、
遜色なくリフォームが始まりました。
N様外壁
手の届く範囲は自分でお手入れしてありました。
(緑色のペンキは勇気がいりますよね!)

外壁工事中
このたび・・・
準防火地域に適合するよう、昭和レトロ風に仕上げ
趣のある外観にしました。
(コーキングの最中でした)

ご購入されたN様は・・・
すきま風の入る「木製の建具をそのまま残して欲しい」と。

内部も自然素材をふんだんに使ったリフォームです。


【おまけ!】
18万石
米子の銘菓「18万石」は左の菓子です。
つぶあんがクルミでくるんであり甘さ控えめ?

ちなみに、私の大好きなお菓子のひとつです。
右はあまり好きではありません(笑)

ここで宣伝しているのだから、お菓子屋さんは
一箱ぐらい届けてくれないかなぁ(笑)

JUGEMテーマ:リフォーム
 
ナイスさんいんへのお問合せはこちらから!
スタッフ募集

ブログを書いてる人

カレンダー

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

最新記事

サイト内検索

コメント

カテゴリー

アーカイブ

運営者

(有)ナイスさんいん
〒689-3545
鳥取県米子市吉岡319-10
TEL:0859-27-3599
URL:http://e-sanin.com

<営業エリア>
当社より1時間以内で訪問できる範囲とさせて頂いています。
◆鳥取県米子市、境港市、西伯郡、日野郡
旧町名=会見町、岸本町、溝口町、名和町、中山町
◆島根県安来市、松江市、東出雲町
旧町名=能義郡、八束郡

リンク集


古民家プロ