管理者ページRSS1.0Atom0.3
2019.05.08 Wednesday / The・古民家

築100年以上の・・・

城下町に建っている古い中古住宅です。

 

両隣は・・・

お互いが外壁を共有しているので、窓がありません。

スカイライトチューブ

100年以上も・・・

灯りの無い生活を余儀なくされていました。

 

今回のリフォームで・・・

灯りの無い部屋に光を採り入れるミッションです!

 

2階の屋根から・・・

2階の押入を通り1回の天井に灯りを落とします。

チューブ

古民家は・・・

2階の床板が、そのまま1階の天井板になっているので

天井裏で曲げて部屋の中央にすることが出来ません。

 

驚きの明るさが・・・

真っ暗な部屋に降り注いでいます。

灯り

近年の建物は・・・

2階の床と1階の天井との間に40~50cmほど空間があるので

1階の部屋の中央部分に明かりを落とすことも可能な商品です。

 

階段室や・・・

北側の奥の部屋に灯りの無い部屋がありませんか?

驚くほど明るい部屋にして差し上げましょう!

 

しかも・・・

一生涯電気代は不要です!

省エネにぴったりの商品ですね!

 

JUGEMテーマ:生活情報

2018.12.25 Tuesday / 快適な暮らしを・・・

築80年ほど・・・

昭和の初期に建てられた重厚な農家住宅です。

 

しかし・・・

階段を上った二階の踊り場は、周囲を押入と

部屋に囲まれて明かりが全く入りません。

部屋の襖を閉めたら真っ黒くろすけ!です。

スカチュー前

二階の押入を・・・

トイレに改装するに当たり、明かりが無いと

出入りするのに暗くて不自由です。

 

トイレにも・・・

一階の屋根が邪魔して窓を付けることは不可能!

 

そこで・・・

二階の踊り場に屋根から明かりを採る

『スカイライトチューブ』を採用しました。

スカチュー後

当日は・・・

小雨模様の薄暗い天気でしたが

それでも踊り場は明るくなりました。

晴れになれば、まぶしいような光が差し込む!

イラスト

ガラス瓦のように・・・

スキマが無いので昆虫などが入りません。

周囲の枠材などに結露することもありません。

 

白っぽい・・・

壁に塗り替えれば、さらに明るくなります。

完成が楽しみです!

 

 

JUGEMテーマ:生活情報

2018.08.31 Friday / 快適な暮らしを・・・

家族が・・・

多かった時代は、一人一部屋時代があって

結婚したり社会に出たり天国に行かれたりと。

 

どんどん・・・

家族が少なくなると空き部屋が「物置」に。

物置

快適に・・・

過ごすため6畳の部屋2室の間に押入があります。

それも取り払って13.5畳のワンルームに出来ませんか?

と言うご相談でした。

和室前

押入には・・・

たくさんの柱が立っているのですが

柱を取り払うと屋根の強度が不安になります。

 

築100年ほどの・・・

古民家から取り出した直径30cmの「古材(こざい)」

この古材2本を使って補強します。

続き間

(壁のマダラは塗り壁がまだ乾いていない状態です)

 

押入を取ると・・・

なんと広い空間が現れました。

天井付近の黒い枠材の下が従来の天井でした。

 

広い空間になると・・・

従来の天井高では狭く感じるので枠材の高さ

約20cmほど高くしました。

 

3m程の・・・

壁が出てきたので中央付近は薄暗いところも。

壁を壊して窓を作っても良かったのですが、

押入の柱を取り、壁も取ると強度が心配です。

スカイライトチューブ

屋根から・・・

明かりを採ることでとても明るくなります。

またまた「スカイライトチューブ」の出番です!

 

JUGEMテーマ:生活情報

2018.03.29 Thursday / 築130年の古民家

130年前というと伊藤博文が・・・

学習院小学校に入学した大正天皇(当時皇太子)に

箱形の通学カバンを献上した年と言われている。

それがランドセルの始まりと言われているそうだ。

 

そんな頃より・・・

鳥取大地震や鳥取県西部地震や鳥取県中部地震など

大きな地震を耐えてきた古民家である。

いえ、古民家だからこそ地震に強いんです!

LDK前

#古民家再生#古民家移築#古民家リフォーム#スケルトン

玄関を入ると・・・

広い土間になっていて、上を見上げると『巨大で』真っ黒な

梁が縦横無尽に走っている様は古民家ならでは。。

#煤けた梁#真っ黒な梁#磨き#化粧梁

その土間を・・・

広いLDKとして開放感のある空間を演出してみた。

LDK後

#LDK#リビングダイニング#水回りリフォーム

なんと!・・・

巨大な梁は直径が1mもある『極太』な梁は遠い位置なので

意外と重圧感は感じられない。

流し台

#台所リフォーム#キッチンリフォーム#食器洗い機#ミーレ

建物の・・・

片隅に作られていた「流し台」は、西日に晒される

夏場の台所作業は麦わら帽子をかぶらねば(笑)

キッチン

#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#伯耆町#南部町#日野郡

西日の影響を・・・

少しでも緩和するように窓を小さめに取り、不足すると

思われる「採光」は屋根上からの「スカイライトチューブ」

イラスト    ↑クリック

これが驚くほどに明るいのです!

#採光窓#天窓#明かり取り#スカイライトチューブ#自然光

キッチン

#大容量#食洗機#Miele#Panasonicキッチン

もちろん・・・

対面式のキッチンはドイツ製の『Miele(ミーレ)社』

採用したことにより大家族でも一度に洗える「大容量」

ミーレ

#対面式キッチン#アイランドキッチン

奥様のご要望で・・・

手元が見えにくいようにカウンター位置を少しあげました。

もちろん、カウンター下へは様々な食器や小物などを入れる

スペースとして活躍することでしょう!

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2018.03.28 Wednesday / 築130年の古民家

古民家は・・・

殆どが襖や障子などの建具に囲まれてプライバシーも

断熱効果も期待できないような構造ですね!

 

古民家は壁が少ないので・・・

地震にも弱いと言われますが130年間にはどれだけ

大きいものや小さな地震があったことでしょう!

床の間前

#古民家再生#古民家移築#古民家リフォーム#スケルトン

それに・・・

耐えうる構造になっているのですが、さらに補強を

施すことで安心感が増してきます。

床の間後

#バリアフリー#段差解消#冷暖房効果#プライバシー

唯一・・・

床の間や、押し入れの裏側などに壁が存在します。

古い建具も「再利用」することで昔の面影も!

寝室前

#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#伯耆町#南部町#日野郡

寝室にする予定の・・・

窓の無い部屋は、耐力壁で増強しました。

屋根から明かりを採り入れる「スカイライトチューブ」←クリック

日中でも、窓が無くても明るく過ごせます。

寝室後

物置だった・・・

二階の小屋裏部屋は、綺麗に「珪藻土」を塗り大きな部屋に

屋根裏に分厚い断熱材を貼ることで冷暖房効果を確保します。

小屋裏前

#スカイライトチューブ#天窓#明かり窓#明かり取り

古民家と言えど・・・

様々な、最新式の材料を駆使すれば寒さ対策も

バリアフリー化も、耐震補強も併せ持つ建物に!

小屋裏後

#耐震補強#珪藻土塗り

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2017.12.14 Thursday / 築130年の古民家

築130年の古民家です・・・

古民家は往々にして灯りが欲しい部屋がたくさんあります。

 

囲炉裏や・・・

カマドがあった土間は広く、天井も高いのですが

煙突が無いので、屋根から煙を抜くようになってます。

スカイライトチューブ

その・・・

すすけた梁は真っ黒ですが、磨けば漆塗りのように

黒光りのツヤのある梁にヘンシンします。

#スカイライトチューブ#スカチュー#天窓#ガラス瓦

そんな広い・・・

部屋をリビングダイニングキッチンへと変わります。

#採光#明かり窓#天窓#もっと光を#電気代不要

その隣に・・・

四方を部屋に囲まれた部屋は「寝室」へとなりますが

全く窓が無いので『まっくろくろすけ』な部屋です。

スカチュー

その・・・

LDKと寝室へ光を届けようとスカイライトチューブを

採用して、自然光を届けます。

 

永久的に電気代は不要です。

 

天窓と言えば・・・

ガラスで出来た瓦だったり、ガラス製の天窓だったり、

いづれも、結露を起こすので枠材が腐れたり。。

昆虫が入ってくるので度々掃除も必要です。

 

そんな問題を・・・

解決したのが今回採用した「スカイライトチューブ」

イラスト

明かりに・・・

悩む部屋がありましたら、いつでもご相談下さい。

 

JUGEMテーマ:生活情報

2017.10.14 Saturday / ○○の事件簿

部屋に・・・

明かりを採る手段として「天窓」は有効な手段です

天窓

この天窓は・・・

網入りのガラスなので、部屋を暖房するとガラスに結露!

周囲の木枠が結露水を吸い込んで腐食の原因になります。

#別荘#明かり窓#天窓#採光#スカイライトチューブ

そして・・・

このたび、屋根に樹木を生長させた原因が

天窓の外枠は金属板で水切りとなっています。

それも8/10と言う「急勾配」の屋根なので立って歩けません。

外観

足場を・・・

壁はもちろん、屋根にも足場を架けなければなりません。

その天窓を良〜く見ると。。

#屋根塗装#葺き替え#外壁塗装#足場#急勾配

樹木

樹木が・・・

成長しているではありませんか??

 

水平部分に・・・

落ち葉が溜まり、樹木の栄養素?となっているのでは??

 

このまま・・・

成長すると、板金の下に根が入り雨漏りの原因にもなります。

 

しかし・・・

はしごで登ることも出来ないんです。

所有者さんにお願いして、足場を組む作業を始めねば

もうすぐ、さむ〜い冬がやってくるのですから。。

 

ガラスの天窓を・・・

取りやめて、結露を起こさない不思議な天窓

『スカイライトチューブ』のご提案です。

イラストイラスト

2階が乗っていても・・・

チューブを曲げることで1階の暗い部屋を明るく出来ます。

 

 

JUGEMテーマ:1へぇ〜

田舎の造りでは・・・

光が届かない部屋が出来ることがあります。

 

現在では・・・

基準法により光の無い居室は作れませんが。。

#自然光#採光#明かりの無い部屋#天窓

たとえば・・・

2階があったり、縁側のために直接の光が

障子越しにしか入ってこない部屋もあるのでは??

屋根

そんなときには・・・

屋根の上に小さなドームを取り付けるだけで

2階を通り越して1階まで光を入れることも出来るんです。

#ガラス瓦#明かり採り#スカイライトチューブ

スカチュー

#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#伯耆町#南部町#日野町

今回のリフォームでも・・・

わずかな光しか入らないので日中でも照明が必要でした。

スカイライトチューブ

キッチンの・・・

流し元に光が差すように誘導しました。

#結露#木枠#腐れ#採光窓#もっと灯りを

すかいらいとちゅーぶ1

寝室は・・・

過去、窓側に増築されたので全く光が入りませんでした。

 

しかし・・・

採光用の天窓やガラス瓦などでは木枠が結露で腐れたり

開閉式の天窓

ガラス瓦の隙間から入る昆虫類に悩まされます!

ガラス瓦

スカイライトチューブは・・・

一生電気代がかからない自然の明かりを楽しむことが出来ます。

 

JUGEMテーマ:エコについて考えよう

2017.02.28 Tuesday / The・古民家

古民家の事例は・・・

ビフォー&アフターの画像があると一目瞭然ですね!

 

田の字作りの部屋の・・・

二階へ上がる階段は畳1枚の面積でのぼります。

通称『階段タンス』と呼ばれる急勾配の階段です。

#古民家再生#古民家リフォーム#階段タンス

階段タンス

この部屋は・・・

周囲が部屋と、広縁に囲まれていて日中でも「暗室」状態。

#田の字作り#田舎暮らし#古民家#米子市#南部町

階段タンスを撤去して・・・

四角い部屋に戻しますが、明るさは変わりませんよね(笑)

#鳥取県#西伯郡#伯耆町#日野町#江府町#明かりが欲しい

部屋の上には・・・

二階があるので「天窓」にすることが出来ません。

直径わずか40cmのパイプを屋根の上まで貫通させて光を!

屋根

これが採光(まちがえた)最高なんだな〜!

空から直接届く自然光は、照明器具より明るい??(笑)

#天窓#スカイライトチューブ#もっと灯りを#採光窓

スカチュー

四角いのが照明器具です。

#廻り縁側#広縁#もったいない#MOTTAINAI

夕方には・・・

ほんのり「夕日色」に染まります。

#古民家再生#古民家移築#リノベーション

で・・・

階段は?と言うと、広縁を利用して新しく階段を設置。

建具

古い建具も・・・

『MOTTAINAI』ので、もちろん再利用します。

格子の障子を開けると新しい階段がお目見えします。

階段

取れない柱や・・・

開けてはならない壁も存在します。

耐震にも気配りしながら、補強しながらの古民家再生です。

 

 

2016.10.22 Saturday / 事務所の話題

年4回・・・

季刊誌として12年間発行している

弊社オリジナルの『生活情報新聞』が出来ました。

 

本来なら・・・

毎月でも発行したいのですが、

なかなかネタを捜すのが一苦労です。

新聞おもて

床下の・・・

湿気に悩まされているお客様の多いこと。

#ニュースレター#情報新聞#湿気対策

湿気により・・・

地面にはカビが生えるので健康被害も心配です。

#健康被害#床下の湿気#床下のカビ

救世主である・・・

調湿用木炭の敷設事例をあげてみました。

弊社では、廃棄物を利用した調湿木炭は『ヒ素』の

心配があり、特に白い袋に入った木炭は使いません!

新聞うら

暗い部屋に・・・

光を通す「電気代が不要な」不思議な天窓を紹介です。

二階を経由して一階の暗い部屋にも光が届きますよ!

#床下調湿木炭#丸八#日の丸カーボン

お金のかかる・・・

立派な「お庭」で、発電してお金儲けをしませんか?

#スカイライトチューブ#もっと灯りを

新しく・・・

入社した「社員紹介」です。

 

 

JUGEMテーマ:生活情報

2016.08.29 Monday / The・古民家

昨日に続き・・・

築90年ほどの古民家です。

中ほどの部屋は日中でも薄暗く照明が必要でした。

#一日中暗い部屋#灯りが欲しい#照明器具

神棚

画像左側が・・・

昨日紹介の、奥様のホビールームがあって日が差しません。

#古民家リフォーム#米子市#古民家再生

右側は・・・

玄関から最初の客間6畳ですが、

外側には縁側があるので、さらに光が入りません。

#客間#和室#続き間#田の字造り#縁側

なので・・・

日中でも照明が必要な部屋となっていました。

ここを『読書室にしたい』とのご要望です。

#読書室#スカイライトチューブ#天窓#ガラス瓦

はて???

光が入らない部屋で読書??

そこで、永久に電気代のかからない『照明』をご提案!

#電気代不要#エコ#スカチュー

そう、天窓・・・ですが

屋根から天井までが3.5mもあって普通の天窓ではムリ!

天井裏

そのうえ・・・

太い丸太が縦横無尽に張り巡らされていました。

 

そこで登場するのがテポドンではなく・・・

秘密兵器『スカイライトチューブ』なのです。

 

イラスト直径わずか25cmのパイプなのですが

随所?に張り巡っている「梁」を交わしながら

部屋の天井中央に埋め込んで取り付けます。

 

それが、これだ!

神棚後

中央にあるのがスカイライトチューブ

両サイドの照明は必要ありませんが夜間には使いますよ(笑)

昼間でも読書が出来るほどの明るさは確保できました!

 

二階に部屋があっても・・・

折り曲げ自由なチューブなので

屋根から二階、そして一階の暗い部屋へと光を導きますよ!

 

暗い部屋でお困りのアナタ!

0859-27-3599へ、いますぐお電話を!

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2014.08.11 Monday / 事務所の話題
リフォームすると・・・
どうしても窓のないところに明かりが欲しくなる時も。

この度は・・・
建物の中心部にトイレが欲しい!と。
その時の記事←クリック

採光1
屋根裏へ入り・・・
直径25cmの筒を張り巡らします。

屋根の上には・・・
UFOみたいなドームから光を採り入れます。
スカイライトチューブ外
このたび・・・
クロスが貼られたので、内部の明るさを。。
スカイライトチューブ内部
メインの照明は・・・
左にある小さなダウンライト。

眩しいほどの光が飛び込んできます。

たくさん光が入るので・・・
しぶ〜い柄のクロスです。

JUGEMテーマ:生活情報
間取りの都合で・・・
どうしても建物の中央部に「トイレ」が。

建物の中央部には、当然窓がありません。

2階壁直下なので・・・
下屋根の外壁部より少し離れたところから受光。

通常・・・
「天窓」と呼ばれる明かり採りは、
直下でないとできませんが、スカイライトチューブなら。

離れた位置からの採光が可能です。

そのヒミツは・・・
チューブに角度を付けることが出来るから。
採光1
真っ暗だった小屋裏が・・・

その明るさを・・・
一階のトイレに導きます。
採光2

建物の断面イラスト
「見え過ぎちゃって困るのぉ〜〜♪」
(アンテナメーカーさんでこんなCMありましたね)
マスプロアンテナ

JUGEMテーマ:エコについて考えよう
2014.03.17 Monday / 快適な暮らしを・・・
私たちが幼かった頃・・・
昭和20〜30年代には、戦争の名残で
漆喰塗りの壁は、ナベ墨を塗ったりして黒かった。

漆喰の壁を塗らない壁は・・・
土壁の茶色だったが、さすがに客室は塗ってある。

犠牲になるのは・・・
台所や物置などが土壁のままになることが多い。

囲炉裏や・・・
かまど、お風呂の焚き口から出る煙で、壁も天井も
まっ黒くろすけ!

そんな現場が・・・
こ・ち・ら・・・

まっくろくろすけ

昼間でも、電気を付けないと生活が出来ないほど。。
壁も、天井も、柱も、梁も。。。

放射能除洗するような出で立ちで・・・
完全防護した状態で、柱や梁を磨きます。

黒く煤けた土壁には・・・
塗り仕上げは出来ません。

下地を作って・・・
それから漆喰を塗ります。

出来上がってみると・・・

なんということでしょう!
スカイライトチューブ

あの、まっ黒だった壁や天井が・・・
輝いているではあ〜りませんか。。 byチャーリー浜

中央に、燦然と輝いているのは・・・
永久的に電気代不要の照明器具?。。。
(夜は灯りが必要ですよ!)

スカイライトチューブです。
     ↑↑クリック

屋根の上に・・・
小さなドームを設置するだけ。

エコロジーな生活が楽しめますっ!

JUGEMテーマ:生活情報
 
2014.03.03 Monday / The・古民家
築130年以上経過した古民家です。

当時からは・・・
板の間に「囲炉裏」があって、自在鉤も現存。

昭和30年代に流行した・・・
タイル貼りの流し台に、タイル貼りの「かまど」にリフォームされ。。
かまど

私の幼かった頃・・・
当時の想い出が蘇った現場でした。

既存の壁

二階屋根裏までの吹き抜け・・・
壁は、外が見えるほどスキマも開いており。。

天井の作業をするにも・・・
足場

二階建ての足場を組まなければ作業が出来ません。

天井に近づいてみると・・・
梁とクモの巣

なんと言うことでしょう!

これを綺麗に磨き上げるのは・・・
ススだらけ・ホコリだらけ、鼻の穴は真っ黒け(北島○郎か?)

使用前・使用後の変化が歴然とするので・・・

またまた、
なんと言うことでしょう!

その全貌が現れ始めました。
本日、作業用の足場を解体したのです。
既存の壁

この壁が・・・
こんなふうに仕上がりました。。。
しっくい

天井からは・・・
スカイライトチューブの天窓から、
北側の屋根とは思えないほどのまぶしい光が差し込みます。



JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
増築に増築を重ね・・・
光が全く入らない場所に「洗面所が欲しい!」と。

隣は台所・・・
反対側は廊下で光は入らない。

後側は・・・
和室があって。。。

前側は・・・
収納で、四方窓を付けるところがありません。

それでも・・・
「この場所に洗面台があると便利!」と。

作業が始まってから・・・
「やっぱり灯りが欲しいよねっ!」
洗面所
と言うことで、屋根から灯りを獲ることにしました。


しかし・・・
増築を重ねておられるので、
屋根に上がると「谷」があって真上には付きません。

そんな場所にも最適なアイテム。

それが「スカイライトチューブ」です。

90度にも曲げて灯りを獲ることが可能です。

今回は、45度を2ヵ所曲げて・・・
前面の収納部の屋根から採光を求めました。

スカイライトチューブ

なんと、なんと!
めっちゃ明るくなりました。

上の写真では照明を点けていますが・・・
その照明よりも明るいくらいです。

ん?
その画像がない??

天井のボードを貼ってからお見せします。

夕焼けの時は・・・
夕焼け色に洗面所が染まるんですよ!
イラスト
自然光ですから・・・
電気代不要の、明るい生活が出来ますね!


ほかにも・・・
ガラスの瓦がありますが、
スキマから昆虫が入り、死骸が溜まって面倒です。

採光窓は・・・
台所や洗面所などには、
湿気で窓回りにカビが生えたりするので不衛生です。

この、スカイライトチューブは・・・
不思議なことに「結露」しないんですよ!


JUGEMテーマ:1へぇ〜
 
2011.08.01 Monday / -
農家住宅は・・・
玄関から土間続きで台所スペースに。。


その部分の天井には・・・
大きな『梁(はり)』が幾重にも重なっています。

外壁側の壁を取っていますので明るいのですが、
塞いでしまうとものすごく暗くなります。

概ね・・・
台所側は「北」の方角になることが多いからです。


第二次大戦後・・・
昭和30〜40年代には、農家住宅にも「洋間」と称する
一大ブームが訪れました。

ベニヤなど新建材が出始めた時代と同じ頃です。

大工さん達は・・・
こぞって、この土間へ「洋間」を作り始めました。

天井が高く、寒さの対策で・・・
この素晴らしい「梁」を隠してしまいました。

この農家住宅も・・・
せっかくの梁を化粧に見せようと、磨きました。

梁の上に天井を作ります。
現状

屋根裏はススの色と相まって何も見えないほど真っ黒くろすけです。

大胆にも・・・
屋根に穴を開けて『明かり』を盗ろうという発想です。


天窓は・・・
さまざまな方法がありますが、今までの方法では
掃除がしにくいこと、結露すること、室温が上昇することなど・・
いろいろ気になることが多かったのですが。。。


このスカイライトチューブは・・・
紫外線、赤外線などもカットしてくれるので
室温が上昇することなく、畳などは色ヤケすることもありません。

ただ、欠点?は・・・

開口

日の出と共に明るくなるので「朝寝坊」が出来ないことです(笑)


で・・・
屋根に穴を開けると、こんなにも明るくなりました。
とてもまぶしい光が床板にまで届くことでしょう。


一生涯!電気代が不要な・・・
(この部分だけですが)
エコな住宅になります。


そして・・・
この天井裏には屋根からの温度を遮る工夫を凝らしました。
その工夫は「来週へとつづく・・」←ちびまる子風に。

JUGEMテーマ:エコについて考えよう

 

今年初めての積雪です。4〜5cmは積もったかな?
築70年の古民家レポートです。

現場の屋根にも雪が積もりました。

積雪が多くなると「天窓」からの明かり取りが困難になります。
開閉式の天窓
↑こんな方式の天窓や・・・
ガラス瓦
↑こんな方式の明かり取り方法でも・・・

雪が降ると採光部分を塞いでしまいます。

だから、採光が出来なくなります。
現場での初雪
この度の「太陽光照明」は30cmくらいの積雪でも
ドームから集めた太陽光を「さんさんと」部屋へと注いでくれるのです。。。

上記二つの方式が決して悪いわけではありません。
とてもスバラシイ商品で、私も過去たくさん採用実績があります。

この新しい方式は「スカイライトチューブ」と言います。

結露をしなかったり、
昆虫の死骸が採光部分に溜まったりすることもないので掃除が必要ありません。

これは絶対「オススメ」です!
お問い合わせ下さいね! 0859-27-3599 まで。

なお、
積雪地域のお客様へは下記のような方法でドーム部分を延長が可能です。
延長したドーム
物件現場は島根県の横田町松崎建築様です。


JUGEMテーマ:The・古民家「田舎で暮らそう!」
 
2009.12.12 Saturday / 築70年の古民家
築70年の古民家レポート

このところ毎日が雨です(冬だから仕方ないかも・・)
大工仕事も週明けには終わりそうです。。。

現場の作業中、夕方になると薄暗くなります。(当たり前ですが(笑))
キッチンの場所は北側の部屋になり、どこよりも暗くなりがちな部屋。

予定では大きめな開口部(窓)を計画していたが・・・
想定外に撤去できない梁に出くわし・・・
少々小さめの窓になってしまった。

これでは毎日の台所作業に支障が出てもいけない。。。

予定外の作業ではあるが『天窓』によって明かりをとらねば・・



安価で、簡単な「ガラス瓦」がある。(とても安い!)
しかし、ガラス瓦は竹藪(たけやぶ)などが近く、たんぼ・畑が多い
農家の住宅には、さまざまな昆虫が出没するので
「絶対不向きだ!」。。。

その昆虫が、瓦のスキマを縫って天井面の採光グリルに蓄積?する。
そのうえ、台風などの雨漏りの不安。
特に発生しやすい水蒸気による結露が心配だ!

ガラスやアクリルなどで出来た「天窓」も結露がひどく
枠などにカビが生えている現場も多数ある。

ど〜したものか・・・
そ〜だ!
 親しくしている「大島建材店」へそ〜だんしてみよう!


この動画は、屋根の上で採光部分にフタをして、1・2の3で
屋根上のフタをはずした時の画像です。
(この画像は
松崎建築さんより了解を戴いて掲載しています)



あいにく第2土曜日で、大島建材店はお休みだった w(☆o◎)wガーン
でも、大島社長の好意で、お休みにもかかわらず職人さんと
現物を持って飛んできてくれた飛んできた!

虫も入らない、結露もしない・・・
紫外線も、赤外線もシャットアウト!
なんじゃこりゃ!

私の名は・・・
太陽光照明、またの名をスカチューマン
「スカイライトチューブ」なのです!

と言う秘密兵器の登場で、一件落着しそうであります。。。


いや〜!
古民家っていいもんですよね〜!
最新兵器も登場して、古民家がどんどん快適になっていきますよ〜!

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
電気エネルギーを使わないので維持費は「ゼロ!」(昼間)

2階を通して1階へも太陽光を届けることが可能です!
夢のようなホントの話し!それが「スカイライトチューブ」です。

取付前の天井部暗くてお困りだった部屋に
「明かりを採り入れる!」
こんなに暗い部屋が
どのようになるでしょう↓↓↓

取付後の天井部こんなにも明るくなるのです。

まるで照明器具を取り付けた
そんな明るさですね!


スカイライトチューブの構造このような構造で光を採り入れます。
今までは「天窓」と呼ばれるガラスやアクリルで出来た
四角またはドーム状のものを屋根に取り付けていました。
問題が多かったのは「結露」です。
薄いガラスやアクリルなので、
外部との温度差で結露が発生し、
ポタポタ雨漏りのように落ちてくることもありました。

施工が悪いとスキマから雨漏りも発生していました。

そんな問題を解決してくれたのが「スカイライトチューブ」だったのです。

金属系の屋根にも、コロニアルと呼ばれる平板屋根にも、和瓦の屋根にも・・
どんな屋根にも取り付けることが可能です。

そして、
90度に曲げても光が屈折・反射して明かりを採り入れることが出来るスグレもの!

建物の断面イラスト
2階の押入などを利用すると、
1階へも光を届けることが出来るのです!

いかがですか?
あなたのおうちにも暗〜い部屋はありませんか??


何年使っても、
電気代が不要!って言うのがエコですね!

ちなみに、お値段は20万円から40万円の間で取付が可能です。
(現場の状況によってお値段が違いますので・・・)

下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。



JUGEMテーマ:エコライフ
ナイスさんいんへのお問合せはこちらから!
スタッフ募集

ブログを書いてる人

カレンダー

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

最新記事

サイト内検索

コメント

カテゴリー

アーカイブ

運営者

(有)ナイスさんいん
〒689-3545
鳥取県米子市吉岡319-10
TEL:0859-27-3599
URL:http://e-sanin.com

<営業エリア>
当社より1時間以内で訪問できる範囲とさせて頂いています。
◆鳥取県米子市、境港市、西伯郡、日野郡
旧町名=会見町、岸本町、溝口町、名和町、中山町
◆島根県安来市、松江市、東出雲町
旧町名=能義郡、八束郡

リンク集


古民家プロ