管理者ページRSS1.0Atom0.3

ここ数年間・・・

蓄積してきた「古材」の梁丸太など

数十本を4t車満載で送り出しました。

古材運搬

岐阜県の・・・

古材の商社さんが「ほしい!」と。

 

そのための・・・

荷出しや積み込みなどの手間で

本日はブログのUPも遅れ、もうヘトヘト状態です。

 

本日は・・・

疲れ切ったので、このへんで。。

 

JUGEMテーマ:MOTTAINAI/もったいない

2018.09.05 Wednesday / The・古民家

築150年・・・

歴史ある古民家が解体されています。

 

立派な・・・

材料をふんだんに使ってあったのですが、

「立ち退き」という、どうしようも無い条件に

解体するしか方法がありませんでした。

解体中

囲炉裏で・・・

燻された黒く煤けた梁丸太をこれから手作業で外し

大切に保管します。

梁

こちらの現場では・・・

この梁丸太や大黒柱、欅の縁側板などの

無垢材を綺麗に取り外し『古材の買い取り』をします。

 

外した材料は・・・

保管し、再利用することになります。

 

囲炉裏や・・・

カマドを作れない現在では、この煤けた梁は

二度と「生産?」することが出来ません。

 

新築の住宅や・・・

リフォーム現場に使うことで存在価値が光ります。

 

古民家の解体を・・・

ご希望の方がおられましたらご連絡下さい。

古材を買い取り致します。 ↑↑クリック

 

JUGEMテーマ:MOTTAINAI/もったいない

2018.09.03 Monday / The・古民家

歴史のある・・・

古民家には、たくさんの宝物があります。

 

ただ・・・

古い物に興味の無い人には『ゴミ』でしかないのですが。

築100年以上経過しているので歴史ある品の数々。

 

古民家鑑定士の私が・・・

その古民家を『鑑定』させて頂きます。

 

その土蔵には・・・

当時の繁栄ぶりがうかがえる漆塗りの食器に膳

鑑定団でも高額査定の高級瀬戸物もちらほら。

古民具

このまま・・・

この物件を解体させて頂けるのであれば

『お宝代金』として高額な費用をお支払いしようと。

お宝

囲炉裏があった時代の・・・

名残で、土間の天井付近には黒く煤けた梁が並び

欅の大黒柱に踏み段板も欅の分厚い無垢材です。

建具

痛んでいない・・・

板戸の舞良戸(まいらど)も再利用できます。

その天井板も、松の分厚い無垢材を使ってあります。

梁

前回の古民家解体では・・・

梁や板材など数十万円で買い取りさせて頂きました。

 

解体する前に一度ご相談下さい!

解体すればただのゴミ、そのゴミを買い取ります!

古民家の解体なら是非弊社まで!←クリック

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2018.09.02 Sunday / リフォーム屋さんの新築

本日は・・・

お日柄も良く、台風前にもかかわらず

暑すぎ30℃以上の米子市です。

 

ご縁あって・・・

新築の上棟式です。

上棟式

若夫婦・・・

4人住まいのご家庭です。

様々な工夫を凝らし快適な住まいになるように。

外観

耐震等級も・・・

断熱等級も全てクリア、これからの建物は

電気の「自給自足」が主流になります。

 

もちろん・・・

太陽光発電も搭載しての、電気を買わない生活を

目指しての自由設計です。

 

午後からは・・・

築100年以上の古民家解体物件の打合せです。

 

ここでも・・・

黒い煤けた太い梁丸太がふんだんに出てきます。

古材のストックヤードもそろそろ「満杯」になりそうです。

 

JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢

2018.08.31 Friday / 快適な暮らしを・・・

家族が・・・

多かった時代は、一人一部屋時代があって

結婚したり社会に出たり天国に行かれたりと。

 

どんどん・・・

家族が少なくなると空き部屋が「物置」に。

物置

快適に・・・

過ごすため6畳の部屋2室の間に押入があります。

それも取り払って13.5畳のワンルームに出来ませんか?

と言うご相談でした。

和室前

押入には・・・

たくさんの柱が立っているのですが

柱を取り払うと屋根の強度が不安になります。

 

築100年ほどの・・・

古民家から取り出した直径30cmの「古材(こざい)」

この古材2本を使って補強します。

続き間

(壁のマダラは塗り壁がまだ乾いていない状態です)

 

押入を取ると・・・

なんと広い空間が現れました。

天井付近の黒い枠材の下が従来の天井でした。

 

広い空間になると・・・

従来の天井高では狭く感じるので枠材の高さ

約20cmほど高くしました。

 

3m程の・・・

壁が出てきたので中央付近は薄暗いところも。

壁を壊して窓を作っても良かったのですが、

押入の柱を取り、壁も取ると強度が心配です。

スカイライトチューブ

屋根から・・・

明かりを採ることでとても明るくなります。

またまた「スカイライトチューブ」の出番です!

 

JUGEMテーマ:生活情報

のどかな・・・

田園風景が続く農業地帯です。

田園

ホームページをご覧になって・・・

『古材を買い取ってくれませんか?』と。

 

築20年ほど・・・

新築する前の古民家で使われていた明治時代の

「欅の大黒柱」「欅の床板」です。

 

綺麗に・・・

車庫に保管してありました。

 

素直な素性の・・・

木目が印象的な大黒柱ですが

敷居と鴨居の間(約1.7m)ほどしか使えません。

 

意外と・・・

中心部の方には腐れや割れが潜んでいることが多く

挽き割ることは「冒険」でもあります。

 

さりとて・・・

何にする当てもなく「いつかは使える!」と。

こんな『道楽?』も時々症状が出てきます(笑)

 

JUGEMテーマ:生活情報

築60年ほど・・・

古民家の部類に属する農家住宅です。

ここも、やはり田の字造りの4室間取りですが

時代の流れで、和室より洋室を好まれます。

 

回り縁側を・・・

部屋の一部に取り込んで広い洋室と床の間を

二間続きの部屋に模様替えです。

 

床の間裏の・・・

6畳の2室は、中央に押し入れがあって独立

押し入れを取り外して2室ワンルームに!

古材1

天井板を・・・

剥いでみると、そこには築100年以上と思われる古民家で

使ってあった昔の鴨居を再利用してありました。

古材2

昔の人たちは・・・

リサイクル・リユースの精神が旺盛で

『もったいない』の一言に尽きますね!

ダイニング

資源を大切にする・・・

私どもが古材を集めている事もそんな精神から。

古材

1本だけでも・・・

リフォームでも新築でも古材を使うことで

クロス貼りの無機質なお部屋に、潤いと懐かしさ

そんな雰囲気を醸し出すことが出来るんです!

 

古材の買い取り・・・

古材の再利用のことなら←クリック

 

JUGEMテーマ:生活情報

築100年以上は・・・

経過していると思われるかやぶき屋根の古民家です。

 

しかし・・・

茅葺きにトタン屋根貼りは老朽化が進み

今にも雨漏りしそうな状態でした。

屋根

古材を・・・

「買ってもらえると聞いたのですが」とお電話です。

部屋

昨日まで・・・

住んでいたのか?と思われるほど綺麗な部屋です。

 

土間も・・・

現代風にリフォームされており

なんだか「もったいない」ような気がしますが

住んでみれば不自由なところもあったのか?と。

格子戸

確かに・・・

土間の天井を剥いでみると真っ黒に煤けた梁丸太が

縦横無尽に張り巡らされていると思われ

皆さんが好まれる部材が出てきます。

 

この古民家を・・・

「解体してもらえませんか?」とのご相談でした。

 

最近・・・

古材の買い取りがどんどん増えてきています。

「違ったところでも使ってもらう人があれば」

家主さんのご意向にお応えすべく。。

 

JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢

築150年の古民家です・・・

先日に続いて『お宝が欲しい!』と言われお二組をご案内。

この古民家、来月には全てのものが解体処分されます。

 

弊社では・・・

この『古材』や『古建具』等を購入させて頂きます。

梁

まずは・・・

玄関を入るなり『すご〜い!』から言葉無く

広さと立派な素材にうっとりとして動けない(笑)

 

おもむろに・・・

中をご案内します。

うわ〜っ!あれも欲しい、これも欲しい!の連発。

「これもらって良いですか?」

お宝1

珍しい食器・・・

古民具や円卓、家具に至るまで、お宝探しは続きます。

結局、軽トラック2台分をお持ち帰りです!

お宝2

それにしても・・・

誰も見向きもしないものが、人によってはお宝!!

古い椅子も、座面を自分の好みで張り替えるとか。

古書

綺麗な古書も・・・

明治後半の『風俗画報』には、既に花王石鹸がある。

『鹿歯磨き』の特色は・口中ノ爽快・歯牙ノ保全とある。

 

この古書は・・・

彩色豊かな表紙と本の中にもカラー挿絵が入っている。

どなたか欲しい人があれば。。

 

JUGEMテーマ:MOTTAINAI/もったいない

2018.05.18 Friday / The・古民家

先日書いた・・・

築250年の古民家を拝見に行って来ました。

   ↑↑クリック

平屋でしたが・・・

お手入れも良いのですが80崋紊両さな物件。

古民家1

城下町では・・・

4m程の間口で、奥が長い。

間口の大きさで税金が高くなっていたようです。

 

奥の方や・・・

横の方も少しずつ(昭和初期?)増築されています。

古民家2

なんと・・・

米子城が解体されたときに出た木材も使われて!

直径10cmほどの「南天(らしい)」ものが柱材に!

これは銘木よりも「珍木」に値する材なのか??

 

古民家って・・・

驚きのものが出てくるので、ロマンをかき立てられます

古民家3

ここから・・・

果たしてどのくらいの金額を

お支払いすることになるでしょうか?

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2018.05.15 Tuesday / 遺品整理・生前整理

米子城は・・・

文明年間に築かれた「砦状」の建物が始まりだったと。

米子城

関ヶ原の戦いを・・・

くぐり抜け、1600年頃に完成したと言われており

明治初期に城は、風呂屋の「薪」として売られたと聞く。

その石垣の造りは特別らしいが、私には分からない(恥)

石垣

一番・・・

繁栄していた頃だろうか?『明和年間(1700年後半)』に

米子の城下町に建てられた古民家の解体相談である。

 

明和と言えば・・・

今から200年以上前のお話です。

お母様が亡くなられ10年以上放置してある物件。

 

家財道具もそのまま・・・

そんな時こそ『遺品整理士』『古材鑑定士』の出番です!

遺品整理士と古材鑑定士の資格を持っているのは弊社だけ!

 

大切な・・・

ご家族の「遺品」は、親族でも好んで整理しにくいもの。

私どもでは、ポケット一つ一つまで残り物を捜します。

かなり重労働で、ホコリの中、時間のかかる仕事です。

 

なかには・・・

大切な記録やお金など出てくることもあります。

それを黙って「ネコババ」する業者も多数あると聞きます。

 

古材や・・・

古民具なども買わせて頂きます。

ご先祖様が大切に使っていたものを、

「誰か引き継いでもらえたら嬉しいな!」と言われます。

 

捨てればただのゴミ・・・

欲しいお方に繋いでいくことが出来れば嬉しいですよね!

ゴミはお金を出さないといけませんがお金がもらえたら。。

 

遺品整理で・・・

お困りのご家庭がございましたら←クリック

 

JUGEMテーマ:MOTTAINAI/もったいない

2018.04.25 Wednesday / 築150年の古民家

築150年・・・

松江の殿様『松平不昧公』の愛した茶室『菅田庵』の

近いところにあって、とても由緒ある大きなお屋敷。

正面

普通田の字造りは・・・

4部屋に回り縁側が一般的ですがこちらでは

6部屋の周囲に回り縁側が配置された豪邸です。

部屋

玄関脇には・・・

祝言(結婚式)でお嫁さんが家から出るとき

仏事にお寺の和尚さんが出入りする時だけに使われる

外階段も、立派な欅材でしつらえてありました。

外階段

 

そこを・・・

「立ち退き命令」が出たようで、全て壊します。

梁

しかし・・・

再利用できる、黒く煤けた「古材(こざい)」の

梁は縦横無尽に張り巡らされています。

 

私どもでは・・・

最近の「古材人気」に使ってもらいたく

古材の購入もしています。

 

古材の購入は・・・

重機で取り外すと仕口が壊れたりキズがつきます。

1本1本布団を巻いて人力で取り外し再利用します。

そのため弊社で取り壊しの工事も行っています。

古民具

大きな土蔵には・・・

部屋から雨に濡れないよう出入りできるように

増築されて出し入れがとても便利です。

 

お宝も・・・

たくさん残っていましたよ!

関東地方の・・・

所有者さんと打ち合わせさせて頂きました。

床の間

またまた・・・  ↓↓クリック

フリーマーケットに出すような古民具がてんこもり

これが全て壊され捨てられると思うとお金を出して

でも買わせて頂きます。

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2018.04.06 Friday / The・古民家

解体される・・・

古民家から取り出した『古材』を有効に使うため

良いところを選んで削りなおしました。

 

縁側板だった・・・

地松の素材は、木目模様の美しい新品の状態に。

踏み段板

あまりにも・・・

白すぎたので『自然塗料』のクリア塗装を施します。

 

自然塗料は・・・

化学物質を含まないので人にもペットにも優しい

化学塗料より割高になりますが私たちは健康を優先します。

クリア塗装

木目を活かした・・・

温もりのある仕上がりになります。

日焼けなど「経年変化」が楽しめるので

地松材独特の「あめ色」なるのが待ち遠しい!

 

これが剥ぎ取ったもとの縁側板です。

縁側板

古民家で・・・

解体・廃棄される「古材」を有効に使うため

もったいないので会社にたくさん保管しています。

 

新しい同等の・・・

木材を買うことは建設費も高くなるので殆どの業者は

合板フローリングを使ったりします。

 

お金を出して・・・

解体して、お金を出して捨てられる古材

手を加えるだけでこんなに見事になりますよ!

 

そんな「古材」を買い取らせて下さい!

 

 

2018.04.05 Thursday / The・古民家

築90年の古民家です・・・

古民家には近代的な合板の素材が似合いません!

 

全ては・・・

無垢材を活用していますが、何しろ「お高い!」

 

そこで築80年ほどの・・・

古民家で使われていた材料を『再利用』します。

縁側板

その・・・

古民家が解体されるとき、譲ってもらった「縁側板」

厚さも約3cmほどの分厚い地松の素材です。

(こんな汚いものど〜するの?ってカンジ)

 

丁寧に・・・

傷を付けないように剥ぎ取り、保管していました。

その材料が日の目を見ることになったのです!

 

地松の材料は・・・

日が経つごとに、見事な「あめ色」になっていく

その移り変わりが地松材の醍醐味です。

 

玄関ホールも・・・

地松の無垢フローリングなのでお似合いの

色柄で仕上がります。

 

古い縁側板を・・・

綺麗に削り、一番良いところを厳選してカットします。

節の無い玄関の「踏み段板」として再利用します。

 

それが、これです!↓↓↓

踏み段板

 

JUGEMテーマ:MOTTAINAI/もったいない

2018.03.25 Sunday / 築130年の古民家

築130年古民家を・・・

本日お引き渡しさせて頂きました。

古民家再生をするか?新築するか?の葛藤の中

玄関前

#古民家再生#古民家移築#古民家リフォーム#スケルトン

様々な業者が・・・

危険だから、断熱が悪いから、耐震が弱いから

などなど話が出る中での古民家再生でした。

玄関後

#断熱#耐震#古家#リノベーション#剛床#耐震補強

危険な部材は・・・

全て取り払い、床・壁・天井と分厚い断熱材で

すっぽり覆ってあるのでとても暖かい部屋です。

剛床

#バリアフリー#耐力壁#耐震補強#玄関リフォーム#踏み段

耐震性は・・・

「剛床構造」とし「耐力壁」も様々な方向から検討

向上させる事で地震に強い構造としました。

踏み段前

#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#伯耆町#南部町#日野郡

構造体が・・・

立派な部材を使ってあったので古民家再生が可能です

踏み段後

#古材#大黒柱

建物の歪みは・・・

2~3cm以内までに調整しています。

水平を確保して、全室バリアフリーはとても快適です。

踏み段板

以前使ってあったケヤキの・・・

踏み段板も綺麗に磨き「再利用」したのでしっくりと似合います

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2018.03.02 Friday / 築130年の古民家

地元ケーブルTV局さん・・・

なんと鳥取県西部の8市町村9万8千世帯に流れる。

地元の話題はとても効果があるようだ!

 

先週・・・

23日より1週間同じ番組が流されているという

『パルディア』と言う番組。

(我が家には繋いでないので・・(恥))

#中海テレビ#ケーブルテレビ#パルディア#古民家再生

凍結した朝・・・

駐車場で転倒し右目を強打し瞼の内出血で目が開かない。

その翌日の撮影だったので「眼帯」を装着しての撮影(笑)

談笑

#古民家リノベーション#古民家移築#古民家再生#古材

このごろ・・・

あちらこちらで「TV観たよ〜!」って声かけがある。

築180年の古民家、土地付きで500万円のお問合せも!

#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#伯耆町#南部町#日野郡

TVの威力?って・・・侮れませんね!

 

それでは・・・

放送が観られなかった皆さんへ6分ほどの動画をどうぞ!

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2018.02.19 Monday / The・古民家

古民家を・・・

解体すると古材(ふるざいではない)が出てきます。

手間はかかりますが綺麗に取り外し再利用します。

 

古民家の・・・

古材は、概ね欅や桜、松材など見事な木目が魅了します。

普通は重機でバリバリとミンチ解体するのですが私たちは

手作業で取り外します。

踏み段板

#古民家再生#古民家リフォーム#古材#古民家移築#ケヤキ板

その・・・

古材を綺麗に磨き上げると「なんと言うことでしょう」

新品のような美しさを取り戻します。

#踏み段#桜材#地松材#無垢板#大黒柱#古家

もちろん・・・

再利用は可能ですが、新品を購入すれば

とんでもない金額がハネ上がります。

踏み段

 

このたびは・・・

玄関にある「踏み段」と呼ばれる腰掛け的な場所に

欅材が使われていたので慎重に取り外します。

踏み段完成

#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#伯耆町#南部町#日野郡

そして・・・

豪華な踏み段に『復活』します。

古民家で使われている「古材」は大切にしましょう!

弊社では「古材買い取り」も致します。

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

日本が出来た日??

「建国記念日」って「紀元節(ふるっ!)」

日本の初代天皇は「神武天皇」古事記では137歳まで

生きられたと書いてあるそうな。。

 

そして・・・

来年は平成天皇が退位されるので、どんな年号に??

 

それはヨシとして・・・

本日は振替休日で世間ではお休みですが

「ちょっと現地を見て下さい!」と言われれば

壺

呼ばれて飛び出てジャジャジャジャ〜ン!

って、どこへでも参ります「予定!」

 

本日は・・・

アパートの空き部屋が出来たので改修を!とのご依頼です。

アパート

20年ほど前に・・・

新築された和室3DKですが、このごろ入居者の要望は

フローリングの部屋が好みだとか。

 

ところが・・・

大手ハウスメーカーのアパートは何か工夫をしなければ

箱に入っているだけの単なる部屋でしかない。

 

古材を使って・・・

アジアンテイストに仕上げてみようかなぁ??

 

JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢

2017.11.24 Friday / 築130年の古民家

解体した方が早い!

と、地元の業者は口をそろえて言うが

弊社だけが『古民家再生』が出来ますよ!って。

 

半信半疑で・・・

立派に仕上がった過去の事例(現場)を数件ご覧戴き、

その素晴らしさを実感して頂きました。

キッチン完成

歪んだ・・・

構造体を、ほぼ水平や垂直に修正し補強します。

古民家は、簡単に壊してはいけません!

#古民家再生#古民家リフォーム#囲炉裏#竈

古民家の良さを・・・

存分に魅せることで古民家の味わいを醸し出します。

#柱建て#田の字造り#回り縁#伝統工法

床下の構造も・・・

普通住宅の倍ほどの太さです。

大引き

#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#伯耆町#南部町#日野郡

梁丸太を・・・

綺麗に磨き上げることで、光り輝くアクセントに。

着色したり塗布したりせず、古民家だからできるこの色。

梁1

天井裏に・・・

隠れる部分は磨いてないので、色ツヤは歴然としていますね。

なんと直径が1mもある梁ですから巨大な姿になりそうです。

#梁磨き#古材#古民家鑑定士#古材鑑定士#地松#無垢材

地松の無垢フローリングを・・・

梁の色合いに似せた、舐めても安心な「自然塗料」です。

住む人の健康にも配慮し自然素材をふんだんに使った

『無垢印良品』ですねっ!

床板

どんどん・・・

仕上がりが楽しみになってきました!

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2017.10.31 Tuesday / 築130年の古民家

昔の職人は・・・

山に生えている自然木を見事に加工している。

 

根元から・・・

枝の方を見渡せば、前後左右に歪んだりねじれたり。

そんな木の特性を生かし自由自在に建物に取り込む。

#古民家#古民家改修#古民家再生#古家#地震に強い

築130年の・・・

この古民家は土間だったところの梁は低く

座敷だったところは30cm以上も高い位置に梁がある(正面下)

切断梁

土間を・・・

座敷の高さまで床を持ち上げると梁が目の高さ!(正面下)

それでは部屋にならないので持ち上げることに。(右梁)

#古材#匠の技#伝統工法#明治の家#大正の家#昭和の家

外壁面の・・・

屋根の重さを受け止めなければならない。

既存のぐにゃぐにゃ曲がった梁は地元の松材。

#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#伯耆町#南部町#日野郡

それと・・・

同じ材料を使うが、とても重たすぎ(100kg以上)

建物の中なので重機を使うわけにもならず、

わずか6人の人海戦術で組み込む必要がある!

地松梁

約6mの・・・

長さを自在に操る方法は??

昔の匠は、10数本もレッカー車の無い時代に

どうやって組み込んだのだろうか?不思議!

 

5本ある柱・・・

そのチカラを均等に受けなければならない。

とりあえず・・・

必要な場所まで持ち上げた!

梁の背丈は太いところで約40cmもある。

 

ススだらけに・・・

なりながら、高齢者をいたわる人も無く?

チカラ仕事を無事完了することが出来ました!

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2017.10.30 Monday / The・古民家

築180年・・・

先般、天保4年の古民家調査に行ったところ

「販売しても良いよ!」とのお声をかけて頂きました。

気になるお値段は現状価格で『500万円』です!

大黒柱

敷地面積・・・

約450坪と隣接する畑なども使って良いとのこと。

#古民家再生#古材#古家#大黒柱#宮大工#匠の技

太い梁が見事です!

梁

砂地の土地は・・・

とても耕しやすいのですが、水分不足になりやすい。

#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#伯耆町#南部町#日野郡

地図

米子市中心部から・・・

車で10分程度の、周囲はのどかな田園が広がる。

#古民家移住#古民家カフェ#古民家再利用

敷地前まで・・・

下水道の配管は来ているが宅内への接続はされていない。

 

現在でも・・・

電気はつながっており、電灯をともすことも可能!

部屋

少し・・・

手を加えなければ快適に住むことは出来ないが、

そこは、私どもが古民家再生で「匠の技」を!

図面

古民家カフェや・・・

「民泊」なども出来そうな古民家ですが、

良質な骨組みなので、充分に再生が可能です!

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2017.10.07 Saturday / 築130年の古民家

築130年の古民家です・・・

若いご夫婦が快適に暮らしたい!と古民家再生です。

 

田舎の造りは・・・

田の字造りの10LDKもある立派な間取りです。

こんな歴史ある古民家が街なかに存在していたことが

ある意味驚きでした。

地図

この大切な古民家を・・・

これから数十年持続させることが私たちの使命です。

#古民家再生#田舎物件#中古住宅#古民家

皆さんが・・・

いえ、建築業界の人が口をそろえて「危険な建物」と。

130年間に何度大きな地震があったでしょうか?

#田の字造り#すすけた梁#古材#リノベーション

大きなもので・・・

昭和18年の鳥取大地震では全壊率80%以上

平成12年の鳥取県西部地震マグニチュード7.3

昨年の鳥取県中部地震マグニチュード6.6

大型地震が来ても現存していることはど〜ゆ〜こと?

#鳥取県西部地震#鳥取県中部地震#鳥取大地震

科学的データは出せないが・・・

古民家の強さは、現代の建物よりも『強い!』

#耐震性#免震#制震#古民家鑑定士#古材活用

それには・・・

直径1mもあるような太い梁が支えている。

梁

その古民家の解体が・・・

昨日より一部始まりました。

#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#伯耆町#南部町#日野町

解体1

大きな・・・

構造体で囲まれているので、

若干の狂いはあるが、充分に再生が可能です。

#ラーメン構造#差し鴨居

その・・・

進捗状況をたびたびご報告させて戴きます。

おたのしみに!

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2017.10.02 Monday / 築130年の古民家

築130年前と言えば・・・

日本国国歌『君が代』が出来たそうな。

この頃に「学生」とは、東京大学の本科生だけに与えられた。

他の小学生から普通の大学生は「生徒」と称されたらしい(笑)

 

そんな時代から・・・

たまりに溜まった「生活用品」がた〜っぷり出てきました。

#古民家再生#梁#生活ゴミ#分別回収#古民家リフォーム

解体をする前に・・・

この日用品・生活用品の撤去からスタートしなければ!

アルバイトさんに来てもらい仕分けをしながら積み込み廃棄!

生活用品

2tダンプカー・・・

3台分はありそうな、大変な量があります。

#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#伯耆町#南部町#日野町

玄関土間を見上げると・・・

直径1mはあろうか?巨大な太い梁が縦横無尽に!

巾30cmほどの「大黒柱」も健在です!

梁

踏み段板と呼ばれる・・・

小上がりの板も、再生加工して再利用します。

どんな古民家再生になるか楽しみです。

#大黒柱#囲炉裏#格子戸#古材#古民具#再利用

先月完成した・・・

築60年古民家の奥様からスマホにメッセージが届きました。

なんと!キャッシュバックキャンペーンに当選されました!

お礼

薄暗く・・・

寒かった古民家生活から解放され、毎日が

とても幸せな気分でお暮らしだそうですハート

#田舎暮らし#古民家暮らし

めでたし!めでたし!

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2017.05.06 Saturday / ひとりごと

連休も・・・

終盤になりお仕事の方もいらっしゃるのでは?

朝のうちの雨が嘘のように晴れ上がり最高の佳き日

 

姪っ子が・・・

晴れて結婚式を迎えることになりました。

仕事は休みを頂戴して、出席させて頂きます。

式場4

若い人向けの・・・

洋風建築ですね。

 

中に入ると・・・

式場1

私の好きな・・・

古材(風味)の木材が使ってありました。

 

式場2

若い人たちには・・・

こんな雰囲気がたまらないでしょうね!

 

式場3

この天気なら・・・

ガーデンパーティーでも出来そうです!

 

本日は・・・

『乾杯』の音頭をとってくれと頼まれました。

緊張のあまり、言葉を失わないように気をつけねば(笑)

 

会社の・・・

近くの会場なので、これから行ってまいります。

 

JUGEMテーマ:日記・一般

2017.03.29 Wednesday / 築70年の古民家

築70年ほどの古民家です・・・

いよいよ解体が始まりました。

 

天井や・・・

床板を剥いでみると、昔の人たちは

とても「エコロジー」な資源の活用法をしていました。

床下2

古い・・・

梁とか桁の材料がたくさん使ってあるのです。

まだまだ使えると見込んでいたのでしょう。

古民家にはよくある出来事です。

#古民家再生#古民家リフォーム#古民家改装#米子市

床下1

縁側の下です・・・

こちらにも古い材料が使われていました。

幸いに、床下は砂地なので乾燥しているので良好ですが。。

#リノベーション#古材#シロアリ駆除#ホウ酸

大事を取って・・・

「ホウ酸系」のシロアリ駆除剤を噴霧して

半永久的な効果を期待します!

#半永久#効果#持続#エコボロン

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2017.03.14 Tuesday / The・古民家

松江城の殿様・・・

お茶の殿様と親しまれた『松平不昧公』がこよなく愛した

茶室『菅田庵』に模した茶室がいよいよ解体の運命に。

 

茶室を所有される・・・

お客様が、母屋ごと全て解体して欲しい旨。

解体作業が始まりました。

#松江城殿様#松平不昧公#茶室#菅田庵

解体1

古民家は・・・

壁の殆どが「土壁」になっているので、ホコリで大変です。

ご近所様にご迷惑がかからないよう、細心の注意を払います。

#薪ストーブ#燃料#古材#梁#産業廃棄物#処理

解体2

様々な種類の・・・

材料は「分別」して処理しなければなりません。

大変な作業ですね!

この床下には「防空壕」も備えていたとか。。

#分別回収#手作業#防空壕#古民家解体#米子市

そして・・・

大きな梁や木材は「薪ストーブ」の燃料として

引き取っていただきます。

#産業廃棄物#解体業#ホコリ#ご迷惑

いよいよ・・・

先般から引取先を捜していた「茶室」の方へと

解体が進んできます。

#MOTTAINAI#もったいない

茶室

7組の・・・

ご希望者が見に来られましたが、解体費用と

再生費用で「断念」されることに。

 

良い材料が使ってあるのですが・・・

近年、お茶をたしなむ?方が少なくなったのでしょうか?

 

「MOTTAINAI」お話でございます。。

 

JUGEMテーマ:気になること

2017.02.25 Saturday / The・古民家

築130年ぐらい・・・

と言われていました古民家の大改装です。

 

玄関の・・・

土間から見上げると、黒くて太い梁が縦横無尽に!

古民家梁

囲炉裏や・・・

かまどから立ち上る煙に燻されて

真っ黒な梁は、虫も寄せ付けない『薫製状態』の梁です。

#古民家リフォーム#古民家再生#古民家移築

手が届かないので・・・

二階建ての足場を組んで、この梁を1本1本磨きます。

古民家のホコリ

100年以上・・・

経過した梁の上には3〜4cmほど雪(ウソです)が積もって

ホコリにまみれたスス?ススにまみれたホコリ??(笑)

#煤けた梁#梁磨き#古材#鳥取県#米子市#西伯郡

このホコリを落とさないと・・・

梁を磨くことが出来ません、それはそれは大変な作業です。

落としたホコリは部屋中に舞い散るので花粉症の人は・・・?

#伯耆町#南部町#日野郡#江府町#日野町#日南町

そんな苦労もあって・・・

磨いた梁を下から眺めてみると『なんということでしょう!』

梁みがき

素晴らしい光沢が現れたではありませんか??

#古民家画像#古民家イラスト#安来市#境港市

真っ黒だった壁も・・・

下地の処理をして湿度の調湿とニオイを調節してくれる

『珪藻土』で仕上げました。

#商店街活性化#囲炉裏#かまど#煙#煤#スス

まるで・・・

古民家旅館にでも来たみたいです!

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2016.12.12 Monday / The・古民家

築50年以上・・・

経過した建物を『古民家』と定義するそうです。

戦後まもなく建てられた住宅も古民家なんですね!

 

本日も・・・

安来市へ、大正時代に建てられたと思われる

「武芸者」さんと呼ばれる、資金にゆとりがあった家。

その調査を古民家鑑定士の私に依頼がありました。

自在鉤

#古民家再生#古民家リフォーム#古民家改装

明日は・・・

松江市から、使われている「古材」を再利用したい!

とのご要望で、立ち会って欲しいと頼まれました。

#古材活用#梁丸太#煤けた梁#磨き

こうして・・・

古民家を大切に、再利用したいとのご要望は

とても楽しみなお言葉です。

二階工事前

#古民家#鳥取県#米子市#境港市#西伯郡#日野郡

現在工事中の古民家から・・・

使われていなかった二階の部屋も、綺麗に片づき

天井板を剥ぐと、大きな「梁丸太」がどっさり!

梁丸太

#伯耆町#南部町#日野町#江府町#安来市

さて・・・

どのように仕上げましょうか?

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2016.10.12 Wednesday / The・古民家

明治22年・・・

周囲には桑畑が広がる広いお屋敷に

平屋の大きな母屋が建てられました。

 

当時としては・・・

周囲殆どが桑畑、養蚕業が活発な地域でしたが

近年、住宅が建ち並び桑畑は一つとしてありません。

 

きっと・・・

この地域では「豪農」だったのでしょうか?

庭も綺麗に手入れされ、池も二つありました。

#古民家再生#米子市#南部町#伯耆町#安来市

玄関を入ると・・・

土間にはで〜っかい「梁」が横たわります。

その直径は約80cmと、今まで見たことがない太さ。

土間梁

#古材#古民家#すすけた梁#宮大工

裏側の・・・

下屋根部分は狭い部屋ですが、囲炉裏やかまどの

煙が燻した梁は手が届きそうです。

部屋梁

こうして・・・

130年近い歴史ある建物を「壊して新築?」

それとも「これがリフォームできますか?」とのご相談。

#囲炉裏のある#かまど#燻す#けむり

『古民家鑑定士』としては・・・

文化財級の建物は壊すわけにもいきません。

#古民家鑑定士#文化財#保存#維持

さいわい・・・

床下の、足下もまだまだ使えそうなので

古民家再生をご提案しようと思っています。

 

若夫婦も・・・

「古民家イメージ悪くありません」とのご意見に

鉢巻きをきりり!と締め直した私です!

 

いや〜〜っ!

「古民家」っていいもんですね!癒されます。

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2016.08.28 Sunday / The・古民家

築90年は経過するだろうか?・・・

ご家族が増えて「寝室を確保したい」とのご希望です。

#古民家改装#古民家再生#米子市#西伯郡#日野郡

田の字造りの・・・

床の間の裏側は、普段から薄暗い部屋です。

北向きのこの部屋は8畳の間で凍えていたとか!(笑)

寝室前

明るさを強調するため・・・

自然素材の檜無垢材の床板と漆喰を塗り古材を強調。

#田の字造り#田舎暮らし#古民家リフォーム

寝室後

窓の両端には・・・

耐震補強のため体力壁で「武装」してます(笑)

#ペアガラス#断熱材#Low-e

そのうえ・・・

全ての窓は「Low-e」と呼ばれるペアガラス内蔵!

寒太郎床下も天井裏も分厚い断熱材で

北風小僧の寒太郎を完全にノックアウト!

#耐震補強#体力壁#ホビールーム#家事室

奥に見える部屋は・・・

奥様の「ホビールームwith家事室」です。

もともと、タンス置き場だった4畳の間だったところ。

#タンス置き場#自然素材#無垢材#檜#桜フローリング

家事室前

奥様は魔女(ウソです)だったのです・・・

手先が器用で多彩な趣味の工芸・工作・手芸・絵画などなど。

作業台が必要でした。

#趣味の工芸#絵画#手先が器用#多彩な趣味

掃き出しだった窓を・・・

高窓にして明るさを確保しました。

家事室後

梁の古材色を隠し・・・

桜無垢材のフローリングに仕上げには「蜜蝋ワックス」

自然な色の変化を楽しむことが出来ます。

#蜜蝋ワックス#掃き出し窓#中連窓#高窓

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2016.08.25 Thursday / The・古民家

築90年ほど・・・

川沿いに建つ地元でも有識者が集う古民家です。

新築しようか?リフォームしようか?と悩まれ

地元業者3社から、口をそろえて『危険だから新築!』と。

#古民家再生#リノベーション#スケルトン#米子市

私どもだけが・・・

「古民家はいくらでもリフォーム再生が出来ますよ!」

しかし、他社は解体・新築の一点張り。

たたみ

写真でも分かるように・・・

8畳間の左右(約4m)で7cmのひずみがあったのです。

#古民家リフォーム#米子市#西伯郡#日野郡

川沿い側は・・・

1.8mほどの高さに石垣が基礎として組んでありました。

石垣

解体して分かったことですが・・・

地盤沈下もあったのでしょうか?石垣から

30〜40cmほど内側で地割れ?と思うほどの沈下です。

これなら7cmのひずみが納得できます。

地割れ

(かなり手強い状態ですが・・)

新しい工法と融合させて、耐震強度も確保しながら

断熱性能もUPさせることが可能なのです!

#耐震補強#断熱施工#中古リフォーム

床下

目の錯覚ではありません・・・

窓側に向かって下がっているのが分かりますよね!

#もったいない#MOTTAINAI#再利用#リユース

昔の人たちは・・・

解体で出た古材を再利用しています。

MOTTAINAI精神ですね!

#reuse#reduse#refuse#recycle

一ヶ所だけ・・・

持ち上げると、建物が壊れてしまいます。

柱を挟み込んで建物を動かないようにして

微調整しながら全体を水平に戻します。

#家引き#家挽き

最近の・・・

住宅団地にあるような最新式の建物は

このように、再生することはとても困難です。

 

古民家は・・・

傷んだところを修復することが可能なのです。

だから中古住宅でもリフォームした物件を買わず

このように全体をきちんと戻すことで元のようになります。

 

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 

2016.08.18 Thursday / The・古民家

毎日のように・・・

現地調査(現調)が続きます。今回は。。

#古民家再生#古民家リフォーム

築70年以上・・・

昔の『匠(たくみ)』の技術はすご〜い!

#匠#たくみ#宮大工#古材

田舎の造りは・・・

『田の字』造りの部屋に回り縁側で囲われています。

#田舎造り#廻り縁側#リフォーム

そんな・・・

回り縁側の天井は扇形に貼られています。

天井板

ベニヤ板に・・・

かんなクズのような薄い単板が貼ってある天井板。

#天井板#米子市#伯耆町#南部町

経年劣化で・・・

「隙間が空いて来ているので、張り替えて欲しい」と。

ちょっと手間がかかりますが、弊社の宮大工職人なら

お茶の子さいさい??(笑)

#経年劣化#古民家移築

古民家には・・・

特殊な技術、能力が必要ですねっ!

 

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2016.07.22 Friday / 私のこだわり

築30年ほどの建物は・・・

水回りを始めあちらこちらが気になります。

工事前図面

対面式の・・・

キッチンをご希望でしたが、キッチン横の和室

これをワンルームにしようとしましたが、重要な柱が!

#システムキッチン#ワンルーム#LDK#対面式

断念して・・・

図面右側にある和室の上下を利用して

ワンルームを計画しましたが巾が約3m。

工事後

#家族団らん#リビングダイニンク#食器洗い機

家族団らんで・・・

会話の弾むリビングダイニングができました。

リビング隣の和室もフルオープン出来るように!

キッチン後

既製品では間に合わない・・・

オリジナルの寸法で作ってもらいました。

#会話の弾む#キッチン#リビング#ダイニング

キッチンから見た・・・

リビングは、家族が増えても心配ない広さを確保しました。

ダイニング

古民家から出た・・・

真っ黒な梁を磨き、ところどころアクセントに使いました。

真っ白な天井に100年以上前の古材が輝いて見えます。

#水素水#蛇口取替#人造大理石#キッチン

 

 

JUGEMテーマ:1へぇ〜

築80年以上は・・・
経過していると思われる『古民家』の調査です。
#古民家#囲炉裏#すすけた#梁
ひろ〜い・・・
玄関土間を見上げると、そこには
梁
無数に・・・
入り組んだ黒くて太い『梁丸太』が鎮座しています。
#梁丸太#土間#古材
50年ほど前に・・・
左側の土壁で仕切られた「洋間」らしき部屋もあります。
#階段タンス#床の間
一階部分には・・・
2ヶ所の部屋に「床の間」があり、
二階にも二部屋に「床の間」が設置してある
とてもゴージャス?な歴史ある古民家です。
床の間
家族は・・・
家から出て、家庭を持っておられるので
ここの住人はわずかです。
二階へ上がる・・・
『階段タンス』は段差が大きく、高齢者にはとても不自由。
階段タンス
私の実家にもありましたが・・・
年寄りが様々な「小物」を入れていたのを想い出します。
家族が・・・
帰ってくる盆・正月やお祭りどきには
たくさんの人数になります。
その日のために・・・
水回りのリフォームをご希望でした。
とても、やり甲斐のある古民家改装工事です。
2016.06.13 Monday / 事務所の話題
リフォームの・・・
ご依頼があると、様々な『不要品』が出てきます。
#古民家リフォーム#米子市#古材#古民具
せいろ
昔の日用品である・・・
竹かごや塗り物のお膳、せいろ蒸し器をはじめ
様々な品物を「捨てて下さい」と言われます。
#せいろ蒸し器#勉強机#柱時計#やぐらこたつ#足踏みミシン
勉強机
幼い頃に・・・
使っていた「勉強机」など、たくさんの日用品です。
#学習机#古民家解体#古民家移築#米子市#伯耆町#南部町
捨てるのは・・・
『もったいない』ので、こうして倉庫に山積みとなっています。
#もったいない#MOTTAINAI#廃棄物#処分
家庭用サウナ
このたびは・・・
TOTO社の『家庭用サウナ』が出てきました。
町なかのサウナと違って最高110℃くらいまでです。
低温式なので、高血圧の方でも利用が可能と書いてあります。
#家庭用サウナ#水回りリフォーム 米子市
巾、奥行きとも・・・
80cmほどのコンパクトタイプです。
#新陳代謝#汗をかく#体調管理#サウナ
しっかり汗をかいて・・・
この暑い夏を乗り切りましょう!

JUGEMテーマ:MOTTAINAI/もったいない
2016.05.10 Tuesday / The・古民家
明治時代の初期でしょうか?
隣家は江戸時代に建てられた「木札」が出てきました。

建坪・・・
100坪以上の、大きな建物です。
#古民家 解体 再生
解体してみると・・・
おびただしいほどの『古材(こざい)』の山です。
中央にある「ケヤキの大黒柱」を丁寧に取り出します。
古材
長いもので・・・
15mもある太い丸太です。
(今なら無料で差し上げますよ(笑))
階段タンス
階段タンスも・・・
ランマ
素晴らしい彫りのランマや・・・
分厚い「ケヤキ」の縁側板もたくさんあります。
#古材 再利用 彫刻欄間
もちろん・・・
『もったいない』ので、仕上げ直しして
再利用する予定です。


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
築100年以上は経過する・・・
『古民家』の解体が始まりました。
解体
元禄時代から・・・
続くのではないか?と言われる『月の輪神事』
天武天皇の時代に語臣猪麻呂(かたりのおみいまろ)の
娘がワニに喰い殺された。

「えんや・えんや・でごでーっとうや!」
村人は娘の霊を慰めるため踊り続けたとされる神事。

その、スタート地点になるこの家。
先般、お隣さんも解体させて戴いた。

なぜなら・・・
黒く大きなすすけた『梁』をはじめ『古材』が
捨てられる運命だから、買わせて戴くのです。

この建物には・・・
階段タンス
階段タンスや・・・

ランマ
手彫りの彫刻ランマ。
#安来節 十神山 社日桜
そして・・・
分厚いケヤキの縁側板などが。。
興味のない人はゴミとしか言いようのないものばかり。
#安来市 月の輪まつり
充分・・・
再利用が可能なモノばかりなのです。
私にとっては『レアなお宝モノ』なのですが、
社員はきっと「ゴミ」だと思っているに違いありません。
#階段タンス
だから・・・
こっそりと、あるところに隠して置かねばなりません(笑)
#彫刻ランマ 透かし彫り
最近・・・
この「宝物置き場」を作りました。
鉄骨でフレームを作り、電動ホイストで持ち上げ移動する。
#古材 古民具
皆様のところで・・・
使える日を楽しみにしています。


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
3月15日付の・・・
『リフォーム産業新聞』の記事に
古材(こざい)の話題が取り上げられていた。
リフォーム産業新聞
古民家から・・・
取り出される「古材」を買わせて頂いております。
記事
なんと、その数・・・
数十本ほど蓄えてあります。

その古材を・・・
新築物件や、リフォームに使うことで雰囲気がガラリと!
古材とキッチン
1本あるだけで・・・
お部屋の雰囲気がとても良くなってきます。
LDK2
いつでも・・・
1本からでも使って頂くことができます。
台所シャンデリア
ご用命は・・・
弊社までご連絡下さい。



JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
2016.02.16 Tuesday / 伝統資財
江戸末期に・・・
建てられた記録の残る安来市の『古民家』です。

買い取り手もなく・・・
とうとう解体される運命になりました。
解体3
しかし・・・
この古民家から出てくる古材や古瓦は
立派な「宝物」として再利用が可能です。

捨てれば・・・
ただのゴミとなって環境に悪くなります。
全てが再利用とは行きませんが、使えるものは使います。
解体2
黒くすすけた・・・
太い梁は、新築の物件やリフォームに使うと
とても喜ばれます!
解体1
『資源』として・・・
現場から、買わせて頂いております。
古材
こんな使い方も・・・
LDK
こんな「新築物件」を手がけています。
#古民家解体すると
#古材がたくさん出てきます
#古民家再生や
#古材を使ったリフォーム


JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
2016.02.03 Wednesday / The・古民家
安来武士(まちがえた)安来節で有名な・・・
安来市の中央部に、200年ほど前に建てられた「古民家」
以前ご紹介した物件です。←クリック
外観
その古民家が・・・
買い取り先が無く、とうとう解体されることが決定しました。

小屋裏には・・・
黒くすすけた『梁』がたくさん残っています。
屋根裏
(イメージ画像です)

弊社の倉庫へ・・・
この古材を買わせて頂きストックしておきます。

古い梁を・・・
新築物件や、リフォーム物件に使わせて戴いております。
新築梁
もちろん・・・
強度も確認してから使います。

古材が・・・
1本あるだけで、とても優しい田舎に帰ったような雰囲気です。

JUGEMテーマ:気になること
2016.01.20 Wednesday / リフォーム屋さんの新築
今月末の・・・
引き渡しを前に、慌ただしさを増している松江市の現場です。

昨日は・・・
クリーニング作業の真っ最中!
隅々まできれいに、丁寧に作業が始まっていました。
二階
二階は・・・
たくさんの部屋と、大容量の収納も兼ね備えています。
古材
ダイニングには・・・
築100年を超える「古民家」から取り出した
『古材(こざい)』を天井に使ってみました。

のっぺりとした・・・
天井に、この1本があるだけで落ち着きを演出。
古材特有の、黒光りする雰囲気がたまりません!
太陽光
もちろん・・・
屋根には「太陽光発電」で『電気の自給自足』を!
電気を遠慮無く使うことが出来ます。

外観
天気が悪く・・・
外回りが少しだけずれそうな雰囲気です。
無理矢理間に合わせて、クレームになっても困りますからねっ!
丁寧な仕事で、営業しない注文住宅が来月にも控えています。


JUGEMテーマ:注文住宅
築100年以上経過した・・・
古民家から取り出された「古材」を磨きます。

100年以上も・・・
煙で燻された木材の表面は、
硬いススで鎧をまとっているようです。
古材
それを剥ぎ落とすと・・・
それはそれは、美しい色と艶でうっとりするほどです。

昔の「匠」が刻んだ・・・
「ちょうな」と呼ばれる、特殊な道具で削り出された目。
波の模様がくっきりと現れてきます。
古材磨き

現場の部屋の大きさでは・・・
太い丸太が不釣り合いです。

両サイドを切断してみると・・・
山から切り出したときのような、みずみずしい木材が見える。

古材は・・・
100年経過した頃から強さを増してくると言われます。
そして、さらに100年は使える!(スゴイっ!)

上記画像の3本は・・・
上が80年ほど、中が100年ほど、下が150年は経過しています。

全体を・・・
自然塗料で塗り込みます。
化学物質を使わないので、ツヤも
色合いも、とても馴染みます。
梁
もともと床の間だった部屋と・・・
床の間の裏にあった和室をワンルームに。

そのために・・・
柱を撤去したので梁の補強に、二ヵ所取り付けました。
天井を貼ると、古材が見えるようになります。

地震への強度を増すために・・・
天井裏へ「水平ブレース」で揺れを抑える配慮も。。

さて・・・
できあがりは。。。



JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景
古民家が解体されるとき・・・
黒く煤けた、ぐにゃぐにゃ曲がった「梁」

それを丁寧に取りだして・・・
新築や、リフォームの補強用梁材として使います。

私どもで蓄積している・・・
古材置き場から選りすぐりの部材を取り出します。

もちろん・・・
ヤング係数の強度計算も行います。
古材
見かけは・・・
とても使えそうに無いような姿ですが、
この度のリフォーム現場に、補強材として使います。

このままでは・・・
大きすぎるので、現場の柱寸法に合わせた巾に製材します。

黒く煤けた部分と・・・
製材した所の色差が大きいので
オリジナルの製法で磨き、特殊な色で合わせます。

明日には・・・
ニューフェースの三原クンに『秘伝のワザ』を教授します。

現場では・・・
平行してユニットバスの組立が始まっています。
ユニットバス

JUGEMテーマ:リフォーム
2014.10.31 Friday / The・古民家
先般話題に取り上げた・・・
『古民家売ります!』の記事。←クリック
玄関
ケヤキ・桜・松などなど。。。

素晴らしい材料が・・・
ふんだんに使ってあります。
外観
売れるのなら・・・
売って、別の土地に新築をご計画!でした。

思うような所が無く・・・
結局、解体の運命となりました。

「古材」が・・・
欲しい方がありましたらご連絡下さい!


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
2014.07.25 Friday / The・古民家
母屋は・・・
120〜130年経過した古民家です。
梁
ここを大規模な「古民家再生工事」にとりかかります。


昭和の初期に建てられたのでしょうか?
母屋の前には『長屋門』がど〜んとそびえています。

「古木」いや「銘木」も数本、庭で存在感を表しています。

門長屋
便利良く使うために・・・
この長屋門を取り壊すための現地調査(現調)です。

セミしぐれの中・・・
使ってある「古材」を上手に取りだして、
再利用するための調査も欠かせません。

ケヤキと、地松を使った梁や柱です。
古材ハンターの目が輝く時間です(笑)

机やテーブル・・・
格子窓も何かに使えそうです。

夢が膨らみます。。。

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
2014.07.07 Monday / The・古民家
築150年以上は・・・
経過しているであろう古民家です。
アリ被害2
こんなことや・・・

アリ被害1
こんな事になっていました。

これを隠してしまうわけには参りません。

綺麗に外して・・・
新しく大きな部材で「補強」し直します。

既存台所
手が届くような、低かった天井を剥ぐると・・・
隠れていた「古材」が顔を出してきます。

古材

ねっ!
こんな「梁」を魅せたら・・・

県外にお住まいのご家族様が・・・
出来上がりを見られたらきっと。。。

「古民家伝統継承士」の血が騒ぎます!

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
2014.04.18 Friday / 伝統資財
どこにでもあるような・・・
ごく普通の玄関です。

玄関建具を開けると・・・
畳に換算して4枚分ほどの奥行きです。

玄関前
昭和50年代に建てられた・・・
市松模様の床板(フローリング)が印象的です。

おしゃれに・・・
正面の壁には、吊り戸が取り付けられて。。

結構大きな窓は・・・
歩いていると膝のあたりまでありました。

通常の天井高さ(約2.4m)
空間をちょっぴり利用すれば、広がりを感じます。

築100年ほどの・・・
古民家から取りだした『古材』をアクセントに。。

築70年ほどの・・・
古民家から取りだした『縁側板』を綺麗に磨き。。
腰板として利用することに。。。

で・・・
こんなふうに仕上がると。。。
玄関後

窓サッシは、少し小さめに。
「すだれブラインド」を採用して、
和風の、お殿様気分?(笑)

古材にシャンデリアは・・・
ベストマッチングぅ!


JUGEMテーマ:リフォーム
 
2014.04.17 Thursday / リフォーム屋さんの新築
ひろ〜い・・・
ダイニングとリビングとを兼ね備えた。

吹き抜けのある・・・
キッチンが出来上がりました。

築120年の古民家を・・・
解体した時に買い取った、ふと〜い『古材(こざい)』

古材とキッチン

ヤング係数で強度を計測します。

無機質になりがちな最近の建物ですが、
この二本が柔らかさと郷愁を醸し出します。

今日・明日は・・・
住宅美装で、月曜日に社内の検査を致します。

施工した業者さんも加わって・・・
隅々まで、不良箇所がないか?調べます。

そして、お引き渡しです。


JUGEMテーマ:注文住宅
2014.02.07 Friday / The・古民家
古民家の屋根裏には・・・
とてもぶっとい「梁」が横たわっています。

それも、幾重にも重なって。。。

梁とクモの巣

昔は、竹竿の先に笹を束ねて・・・
年末には「すす払い」をしていました。

すす払いをしないと、上のようにクモの巣だらけ!

梁磨き前

梁の高さは、約6mほどの高さです。
二階建ての足場を組んで、ステージを作ります。

そして、磨き始めます。
これがまた、大変な作業なんです。
磨き1

左側の赤味を帯びた部分が磨いたところ。
右側はこれから磨く部分です。

そりゃあ、とんでもなくホコリとススが舞い散って・・・
雨合羽を着込んで、防塵マスクをして、ゴーグルをして。。

それでも、襟足のあたりに入り込むと・・・
痒いのと、ヤケド寸前のヒリヒリ感が味わえ?ます(笑)

夏場なんて・・・
とんでもなく「やってられません!」

磨いてみると・・・
琥珀色した、何とも言えない素晴らしい色が出現しました。

マスクをしていない顔の一部は、逆パンダ・・・
(以下自粛・・(笑))

磨き2

雪が降っているように見えるのはホコリがレンズに付着したもの。
梁は着色などしていませんよ!


もう一度、磨く前の画像です。
梁2

白く見える板は、墨だし(位置決め)するのに、
黒い梁に黒いラインを引いても分からないから。。。

100年経過した「古材」は・・・
一番強度が増した状態です。

古材は燻製状態になっているので、虫も入りません。
雨漏りがしなければ、今後100年は使うことが可能だと言われます。

いや〜〜っ!
古民家って素晴らしいものですねぇ!



JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
大きな段差がある台所。
段差解消のため、かさ上げすると、
天井が低くなってきます。

天井を剥いでみたら・・・
そこには大きな障害物が出てきました。

そんな事例は・・・
こちらから←クリック


そんな障害物も、なんのその!
それを有効利用してみようと思ったものの。。。

立ちはだかる「障害物」は・・・
次々と出てきました。

既存台所

食器棚裏に隠れている「柱」
重要な「梁」を支えていました。

台所の真ん中に・・・
柱が「鎮座」していては困りますよね!

そこで・・・
築130年ほどの古民家から取りだした「古材」で補強します。

これにより・・・
広いダイニングキッチンが出来ました。

キッチン完成

真っ白い対面式のキッチンは・・・
お客様の清らかさが伺えます。

三世代住宅リフォームの完成です。


JUGEMテーマ:リフォーム
 
お彼岸で三連休の会社さんも多く。。

しかし、現場では・・・
職人さんが働いています。

材料が不足すれば届けなければなりません。


先日磨いた「古材」・・・
本日、現場へ搬入しました。

古材

築120年ほどの古民家から取り出した6mほどの「古材」です。

現場で必要なのは・・・
4mなので、両端を切断して。。。

ススだらけになりながら・・・
磨きました。


とても良い味を醸し出しています。


JUGEMテーマ:仕事のこと
 
2013.09.13 Friday / The・古民家
築120年ほど経過した古民家から・・・
解体される運命だった「古材」を取り出します。

安来市広瀬町の古民家でした。

そんな「古材」をリフォームに使うため、
ストックヤードから加工場へ移動した古材を磨きました。

古材磨き前

100年以上、積もりに積もった歴史を削ってみると・・・
(身体じゅう、ススだらけになりますけどねっ!(笑))



「何と言うことでしょう!」

こんなにも綺麗な素肌が現れます。

古材磨き後

これは、ただ磨いただけです。
色はつけていません。

虫の食害も見あたりません。
腐れも入っていません。


屋根を支える「梁(はり)」の補強に使われるので・・・
ヤング係数を計測して、問題ないことを確認します。

100年以上も前の大工さんが・・・
「ちょうな」という道具を使って、
ちょうな
コツコツと刻み込んだ「ちょうな痕」が、
アクセントになって雰囲気を盛り立てます。

こんな「古材」を、あなたの家でも使ってみませんか?

今日磨いた「古材」は・・・
只今工事中の築50余年の古民家に使います。

まだまだ数十本ストックしてありますよ!


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
当社のストックヤードには・・・
100本近い「古材」の梁が眠っています。
古材

新築や、リフォームに・・・
古材を使うことで、素晴らしい雰囲気を醸し出します。


小屋梁
実は・・・
こんなところに「古材」があるのですが。。。

それを、傷つけないよう引っ張り出し・・・
丁寧に保管しておかなければなりません。

現在、基準法で囲炉裏やかまどが作れないために、
燻された「古材」は二度と作ることが出来ません。

出来たとしても100年後になりますが・・(笑)

LDK
使い方では・・・
こんな雰囲気にも仕上がります。(当社新築物件です)


現在お借りしているストックヤードが・・・
所有者さんの遺産相続で、明け渡さねばなりません。

代替えの倉庫を探しているのですが・・・
数ヶ月経過した現在でも、見つからず「処分」しかないのか?と。

9月中旬には処分しなければなりません。


ご入り用の方がいらっしゃいましたら・・・
処分前にご連絡下さいませ。

最大7mの長さも揃えております。

連絡先は・・・
090-7544-3599 矢田と申します。






JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
2013.08.10 Saturday / リフォーム屋さんの新築
積んだり崩したり・・・
およそ1年がかりで平面のプランが出来ました。

そして、外観にもご要望を入れ込んで。。
スッキリとした精悍な雰囲気に。。
外観

もちろん・・・
親子4人が電気をたっぷり使っても有り余るほどの
太陽光発電を搭載しています。

ひろ〜いダイニングリビングは・・・
子供達の姿が見えるように二階への階段を設置しました。
LDK

築100年以上経過した「古材」を使うことで、
懐かしさや、落ち着きが味わえる広いダイニングリビングです。
(もちろん古材の強度はヤング係数で確認して使います)


子供部屋に・・・と。
小さな部屋をたくさん作られますが、子供達が出て行った部屋は、
物置へとなっていることが多く。

ワンルームにリフォームすることもしばしばです。

部屋が必要になれば・・・
簡単な間仕切りで仕切り、出て行ったときには簡単に解体できる。
そんな子供部屋をご提案しました。
子供室

浴室は・・・
外部からの視線を遮ることと、
防犯を兼ねて「可動式ルーバー」を採用しました。

アルミのルーバーなので・・・
留守中も開けたまま、浴室の湿気を出せます。

浴室

リフォームでの知恵を盛り込んだ・・・
「リフォーム屋さんの新築」でした。




JUGEMテーマ:仕事のこと
 
2013.06.22 Saturday / 事務所の話題
私たちの仕事「リフォーム」では・・・
様々な「不要品」「廃材」がたくさん出ます。

その不要品や廃材を有効利用している人もあり・・・
「持ってませんか?」って、岐阜から知人が来ました。

先日書きましたが・・・
軽トラックで、岐阜から、それも高速を使わず。。
トラック
した道でやってきました。

昨晩?深夜?1時頃に出発して・・・
今朝10時頃には「到着したよ!」と電話が。。


午前中は・・・
ショールームで商品確認の打ち合わせ。

午後からは・・・
不要品・廃材である「座板」が欲しいと
遠路、はるばる岐阜からやってきたのです。

軽トラック


荷物を満載にして・・・
途中で「検問」に引っかからねば?と思うほど・・(笑)

今回の、使える「廃材」は・・・
和室の畳下に使われている「座板」です。

結構良い値段で取引されるようで・・・

もちろん・・・
この座板は、廃材ではなく古材の分類です。

この板を加工して・・・
果たしてどのような使い方をされるのか?
後日、リサーチしてもらう条件で「無料」で差し上げました。

楽天などで検索すると・・・
1枚1500円〜3000円以上もするものも。。。
それが、約200枚ほど。。。

む・む・む・・・
タダだと言わなければ良かった・・と反省してます(笑)



JUGEMテーマ:1へぇ〜
 
一昨年・・・
築70年の古民家から摘出?された古材。
   ↑↑クリック

さあ、皆さんは何を想像されるでしょうか??

きっと煤けて、真っ黒なぐにゃっと曲がったふと〜〜い梁?



チッチッチ!
ちょっと違うんです!

じつは・・・
縁側に張ってあった「縁側板」なのです。

縁側板

厚さが少し薄いなぁ〜・・・
と思っていました。

取り外すときには「軽い材だなぁ!」とも。


桐の木のような模様をしていたので・・・
ひょっとして、桐の木か??

70余年ものあいだ・・・
住んでおられる方々の、素足の油分が染みこんで。

「そんな汚いのはいやだ〜っ!」
言われる方も多いと思いますが。。。


それを、新しく始まった「中古住宅リフォーム」で
使ってみようと考えたのです。

そのままでも良いのですが・・・
少し手を加えようと、削ってみたり、磨いたり。。。

な〜〜んと!!!
70年前の樹種の香りがして初めて気がつきました。

この木材は「樟=クスノキ」だったのです!
(なんということでしょう!)←少し控えめ(笑)


クスノキは、香りはもとより・・・
その文字からも分かるように樟脳の原料となる。
古代には、仏像などに多用される樹種。


防湿・防虫効果も期待できそうだ!



さて・・・
中古住宅の、どこの部分に使うことになるでしょうか?
出来上がるまでの「おたのしみ!」

きっと・・・
大工さん、面倒くさくて、泣くだろうなぁ・・・

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
2013.06.07 Friday / 事務所の話題
 昨日に引き続き・・・
書類の提出に追われています。


そうは言っても・・・
現場は待っていてくれません。

明日は「住宅美装」が入って・・・
鋭い眼で、社内検査をしてお引き渡し・・と。

外壁工事が終わって・・・
足場の片付けをして、お客様の検査を。。

中古リフォームの・・・
完了を確認してもらい、日曜日はお引っ越しの現場。。

太陽光発電の取付が終わったので・・・
残材の片付けにも行かねばなりません。

完了現場が集中したので・・・
カラダが五つくらいは欲しいところ。

そうそう!提出書類もありますし・・・
請求書のチェックも外せない作業なんです。

日曜日には・・・
岐阜からお客様が「古材」を引取に来られます。

その方・・・
軽トラックですよ!
軽トラ

高速は使わず、した道を走ってくるそうな。。。

昨日は、ちょびっと「消毒」したので・・・
本日は、もうちょびっと消毒しておこうかな?(笑)

2013.06.02 Sunday / 私のこだわり
 只今工事中のわが家。

玄関ホールの、壁・天井をどうするか?と思案中。

「古材(こざい)」を使ってみたい。



新しい木材は、古材風味にしないと似合わないかも。。

ってことで・・・
二階の床部分の高さに「付け梁」を計画しましたが、

製材した木材は・・・
真っ白け!って言うかベージュの木材色です。


インパクトがないので・・・
古材風に塗装をしてみました。

梁、塗装

下にある、白い木材が塗装前の状態です。

三列ある、真ん中の木材が塗装をしたもの。

いかがでしょうか?
まあ、人それぞれ好みがありますからねぇ!


もちろん塗料は・・・
シックハウスの被害が無いように、
化学物質を使わない「自然塗料」を塗ります。


先日磨いた・・・
古材2

古材を使って、雰囲気を合わせます。


さてさて・・・
どんな仕上がりになりますやら。。。


2013.05.23 Thursday / 携帯から
__.JPG
穏やかに晴れ渡る、お日柄も佳き日。

上棟式でございます。

築130余年経過した古材を使っています。

10時の休憩にこれだけ上がりました。

当社のストックヤードには・・・

100本近い「古材(こざい)」が眠っています。
古材

古材は・・・
囲炉裏や、かまどが使われていた時代。

焚き口から吹き出る煙に燻されて。。。


黒く、煤けた古材が出来上がります。 


「居酒屋」さんに使ってあるのを見受けますが、
中には、古材が手に入らなかったのでしょうか?
新しい木材に、黒く色を付けたのも見受けます。

古材は・・・
その歴史が物語るように、
数年では作ることが出来ません。

現在では・・・
建築基準法や、消防法などの制約があって
古材になることも出来ません。

と言うことは・・・
今後、あの煤けた「古材」は二度と出来ません。

真っ黒になったススを・・・
磨き上げると、それはそれは「黒光り」のする
素晴らしい材料に生まれ変わります。
古材1


まだまだ「原石」のような・・・
薄汚れた古材ですが、ひとたび磨けば。。。

あ〜ら、不思議!
古材2
黒光りの「梁」になるのです。
(色は付けていません、磨いただけ)

一番上の写真で、切り口をご覧下さい。
数十年、いや百年経過しても、みずみずしい木部です。

これを、「強度測定器」で診断して・・・
合格したものだけを使います。

今月23日に上棟する・・・
新築物件にも、工事中の中古住宅改装物件にも使います。

さてさて・・・
どのような仕上がりになるのでしょうか?

おたのしみに。。。


2013.05.03 Friday / 携帯から
__.JPG
明治の初期に建て替えられた古民家から取り出された古材です。

余りにも太かったので…
両サイドを落としてもらいました。

切り口からは、つい先日製材されたような素晴らしい木肌です。

百年以上、カマドなどで燻された…
まるで木材の燻製です。

古材は…
切り出されて百年くらいが一番強度を増すといわれ、切り出されるまでの年数は、強度を持続します。

この木材は地元の松材。
5〜60年は経過しているようです。

中央に走る割れの上部は、磨いて無いのでツヤがありませんね。

さて、どんなふうに取り付くでしようか?
2013.04.29 Monday / 携帯から
__.JPG
江戸時代から続く米子城の城下町の一角に、
明治の初期に建て替えられた古民家から取り出された古材です。

今度の新築や…
リフォームの現場に使うため、水洗い作業です。

ハッキリ言って、とても汚い作業です。

磨くと、とてもいい味わいを醸し出してくれます。

産業廃棄物を減少し、資源の再利用が実現します。


これから、磨きに入ります。


明治の初期に建てられた古民家。

米子城下の町家です。

この家は・・・
由緒ある建物で、現在でも武家屋敷として
保存されている建物のご親戚様だそうで。。


解体中

丁寧に古材を取り出します。


取り出した古材は・・・
加工場に持っていき、磨き上げます。

さて、どのように変化するのでしょうか?

おたのしみに。。。






JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
2013.03.25 Monday / The・古民家
昨日のお電話は・・・

「古民家解体してもらえますか?」

「はい!よろこんで!」

と言うことで、本日現地を確認に。。。


なんと、米子城の城下町。。
ふる〜い、商売人が建ち並ぶ一角にありました。

お盆や正月前後は・・・
とても賑わっていただろう、古い町並み。


100年以上は経過して、
それでも、意外と程度は良い方だ。

店舗だったであろう土間の上には・・・
上げ下げ出来る階段から、小屋裏部屋に。

登り梁
昭和40年代だろうか・・・
ベニヤ合板が出始めた頃のプリント合板が天井板に。

フローリングと言えば・・・
南洋材のアピトンフローリングが貼ってある。

城下町は・・・
間口の大きさで税金が変わったとされるので、3.5間(約7m)

うなぎの寝床と呼ばれ・・・
奥行きがとてもなが〜〜いのである。(約24m)

京都の町家も同じ造りだ。

僅か1mほどの土間が裏口まで通っている。

お店と、住居の仕切りには・・・
しっかりと「欅の大黒柱」


天井を見上げれば・・・
貫(ヌキ)構造の小屋裏が見える。

小屋梁
とても素晴らしい「古材」が取り出せそうだ。

確かに・・・
このままでは冬の生活が辛いものがある。

さてさて・・・
どのくらいの解体費用になることやら。。。

壁は全て、防火のための土壁。。

相当な量の「土」の搬出が必要だ。


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
2013.02.20 Wednesday / 築80年の古民家
築80年の古民家が・・・
昨年末に完成しました。

どこにでもある台所。
台所前
天井裏に隠された『古材』を見せます。

天井裏

そうすることで・・・
天井の高さも確保できます。


出てきた「梁(はり)」を・・・
綺麗に磨き上げます。

シンナーなどの溶剤を使わない・・・
口に入れても心配のない、自然塗料を塗ります。

壁一面に、タイルを張り上げ。。。

台所シャンデリア

周囲の壁は・・・
漆喰塗りで、わざとコテのムラを出した仕上がりです。
詳しくは←クリック


そして・・・
床面には、テラコッタタイルを貼りあげます。
(後日UPします。今回はシャンデリア)

今までの「居間」は・・・
タタミの続き間でした。

居間

ここを、思いっきり大改装です。

ご希望は・・・
・木をふんだんに。
・輸入壁紙(クロス)を貼って。
・輸入のドアを引き戸にアレンジして。。。

床のフローリングと、腰板は・・・
ご自宅の山から伐採したヒノキ材を加工したものです。
     ↑↑クリック


で・・・

こんなん出来ましたけど。。



でも・・・
やっぱり『古材』には、シャンデリアがお似合いです。

居間シャンデリア

右の天井に横断している梁は・・・
その昔、縁側に出るところの障子が立ててあった名残りです。


どうしても取れない柱と、曲がった梁。
昔の職人のワザが光っていますね。


いやぁ〜〜!
リフォームって、ホントにいいもんですよねぇ! by水野晴雄

JUGEMテーマ:リフォーム
 
2013.01.27 Sunday / 事務所の話題
古民家から取り出される「古材」

あれこれ、随分と溜まってきて・・・
置き場に困っています。

どこか工場の跡地だとか・・・
空いている倉庫をご存知ありませんか?


出来れば10m×10mくらいな広さが欲しいです。

いや・・・
それ以上広くても構いませんが。。


できるだけお安く借りることが出来れば・・・
お客様にもお安くご提供出来るのですが。。


どうぞよろしくお願いします。





JUGEMテーマ:気になること
 
2013.01.15 Tuesday / 事務所の話題
22年から5年計画で・・・
「経営革新計画事業所」として認可されました。
ぱちぱち
各地で壊されていく「古民家」
そこに使われている「古材(こざい)」を買わせて戴き、
リフォームや新築に使う内容での認可でした。


当初は・・・
古材集めに奔走していましたが、
2年目頃から徐々に古材を使った現場も増え
新築工事にまで古材を使うことが出来ました。

今では・・・
古材の本数も100本が近いほど集まり、
手に負えない?量になったのも事実です。


とうとう・・・
3年を待たずして、目標を達成することが出来ました。

県の担当窓口も・・・
驚きを隠せないようで「本当ですか?」とまで。

経営革新を申請した会社が・・・
短期間で目標を上回る実績は珍しい事だそうで。

その、実績報告書を・・・
昨年夏頃より言われておりましたが、
正月休みや、連休を利用しての書類整理で、
このほどやっとのことでまとまりました。


やはり・・・
国からの補助金ですから、不正があってはなりません。

緻密な書類を求められます。
事務方がいてくれたら、ここまで苦労することも無かったかも。

ひとつの、大きな難問が解決しそうです。。。


そして現在は・・・
再生可能エネルギーを活用した新築・リフォームで
二回目の「経営革新計画事業所」として認可されています。




JUGEMテーマ:気になること
 
2012.12.16 Sunday / リフォーム屋さんの新築
LDK

築100年以上経過した古民家から買わせていただいた「古材」
耐久力の試験をして、使えることを確認。

ひろ〜い吹き抜けのLDK

薪ストーブ

この薪ストーブ一台で、汗が出るほど温めてくれます。


キッチン

キッチンには・・・
もちろんドイツ製の高性能食器洗い機「Miele(ミーレ)」社製。

洗面

洗面所の洗濯機も・・・
水平ドラムで「たたき洗い」。
生地が傷まないのと、洗剤がコーヒースプーン1杯でOK

生地が傷まないので、糸くずも出にくいので数年に1回程度の掃除です。

そんな高性能洗濯機はもちろん「Miele社」製を採用しました。

外観

小春日和の年の瀬に・・・
新しいお家でお正月です。


リフォーム屋さんだから出来る「新築住宅」

あなたもいかがですか??

JUGEMテーマ:注文住宅
 
2012.11.29 Thursday / -

安来市の奥まった山間地ですが・・・

安来市へは15分、米子市・松江市へは30分の距離。



 

古民家の解体を頼まれました。

全景

集落の外れにあるので・・・

古民家暮らしをするには「最適」な場所です。



 

撮影場所の足下には、清流も流れ環境もGood!


しかし・・・

住む人もいなくなって十年ほどにはなろうか?と。



 

裏の一部は屋根も朽ちているので・・・

再生するには相当な費用がかかりそうです。

(どなたかいらっしゃれば再生しますが・・)

玄関

舞良戸に格子戸・・・

庭は三和土(たたき)

 


室内

田の字作りの和室に・・・

縁側がついています。


 

梁2

この梁組みがいいですよね!

カマドや囲炉裏などの煙に燻された黒い梁。



梁1

100年以上は経過しているものと。。。




 

今なら間に合います。。

「少々奮発してもいいよ!」って方がいらっしゃれば

所有者さんとお話ししてみますが・・・

(必要なら、かなり急ぎます)



 

どなたもいらっしゃらなければ・・・

解体をして「古材」を分別して買わせていただきます。

当社は「古材バンク」として、古材の買取もしています。










JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

 
2012.11.03 Saturday / リフォーム屋さんの新築

大黒柱の家・・・

本日・明日の両日「完成見学会」です。


 

お施主様のプライバシー問題もあるので・・・

折り込みチラシや、ご近所様にはご案内していません。


 

見込みのあるお客様を対象に

ご案内差し上げました。

 

見学会

なんと・・・

倉吉市をはじめ、12組のお客様がご来場戴いたのです。


 

社員3名フル活動で対応しましたが・・・

お施主様のご満足の説明に一番興味を抱かれ

みなさん圧倒されるほど。


 

本当に感謝でございます。 


 

明日もまだ開催しています。

大黒柱に、築100年以上の古材を使った

ひろ〜いLDKを配置した見応えのあるおうちです。


 

そうそう!

当社は名簿記入は求めていませんので。。(笑)





JUGEMテーマ:注文住宅

 
2012.07.20 Friday / リフォーム屋さんの新築
新築工事をメインとしている工務店や

建築業者さんとはちょっと気配りが違う・・・

リフォーム屋さんの新築。


現場の前では・・・

毎日違う車、どなたか知りませんが車を止めて

現場の中を見ておられます。

やっぱり、気になるところがあるのでしょうか??



大黒柱の家です。


築100年以上経過した古民家から、

解体・廃棄処分される運命だった「古材」を

活用した新築住宅です。



システムバスが入荷しました。


シスバス入荷

画像で見ると・・・

大きさが分かりにくいのですが。。。

やや、中央付近に立っている直径30cm以上もある

檜のふと〜い丸太に・・・



古材の梁を四方から組み込んでいます。

もちろん、強度(ヤング係数)も確認しています。


昨日構造検査があって・・・

何も問題なく「合格」いただきました。



この部屋は・・・
ダイニングリビングですが、屋根まで吹き抜けています。


今は・・・

足場が組んであるので、ごちゃごちゃしてますが。。。

足場が無くなれば相当広い空間が出現します。


着々と・・・
はかどっています。

JUGEMテーマ:注文住宅
 
2012.06.15 Friday / 事務所の話題

最近・・・

太陽光発電の話題が多くなったね〜って、

お気づきの「あ・な・た!」

な〜んでか??

(どっかの、漫才師みたいなセリフ) 

 

それはねっ??

平井鳥取県知事さんより、認定を戴いたのです。

経営革新

経営革新計画認定事業者として。

 

前回認定の「古材とリフォーム」に引き続き・・・

第二回目の「経営革新計画事業所」なんです!

二回の連続は「画期的」なこと。。

 

 

そう!今回は・・・

太陽光発電とリフォームをコラボした・・・

革新的な経営方針が認められたのです

 

先日のうらばなし(←クリック) 

異業種が行った悪い事例(←クリック)

このような施工は、鳥取県としても見過ごせない!と

 

安心できる、工事内容の良い業者として・・・

活躍を期待されたからなのです。

 

ますます、責任を感じています。

同業他社の見本になるように。。。 







JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢

 
 

昨日磨き上げた「古材(ふるざいではありません、こざいです)

根元付近の直径が30cm以上。 

古材運搬 

取り出したときの素材は・・・

ススで真っ黒、どうしようもありません。

 

これを綺麗に磨き上げます。

古材磨き

表面のススを落とします。

(汚れで衣類もカラダも真っ黒くろすけ)

 

そして・・・

少しずつですが磨き上げます(手間がかかる作業です)

tyouna

何の色も付けていませんが・・・

このように黒光りする、素晴らしい古材が誕生するのです。

 

そして・・・

「ちょうな」と呼ばれる大工道具の痕跡が。。。

ちょうな図

製材所でひいたモノとは違う自然のテクスチャーとして。。

1本あるだけでも・・・

心が和みます。。。

 

あなたのお家にも・・・

1本いかがですか??

2012.06.10 Sunday / 携帯から
120610_1233~02.jpg
来月新築する住宅に使う古材です。


築100年以上経過した古民家から取り出した古材を磨くと、素晴らしい艶が出てきます。


ご家族で磨いてもらってます。

昨日配筋検査が合格した物件に・・・

配筋検査

建物の中心付近に・・・

直径が40cmほどの大きな大黒柱が座ります。

 

その大黒柱に四方に取り付く「古材(こざい)」

築100年以上経過した古民家から取り出しました。

 

 

倉庫に保管していたのですが・・・

ようやく、日の目を見ることに。。。

 

100本近い古材の倉庫から・・・

4本を取り出します。

 

古材運搬

長いもので7.5mもあります。

もちろん、ヤング係数も調べて強度を確認します。

 

こうやって「古材」の嫁入りが決定しました。

 

この古材は・・・

お施主様がご夫婦で綺麗に磨き上げられます。

 

黒光りした「梁(はり)」として、

新築のお部屋を飾ります。

古材

前回の新築で使った事例です。







JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢

 
2012.05.30 Wednesday / リフォーム屋さんの新築
直径36cmの大黒柱を備えた新築現場です。


先般・・・
無事に地鎮祭を終えて。。。

地盤調査に入りました。
地盤調査

結果は・・・???
ブーッ!!!


2mほど下の地盤に、安定していない地層が・・・


この地域は、田んぼだったところを開発をした住宅団地。

開発のほぼ全域がこの状態。


隣の方に完成した現場では・・・
地盤改良するために、敷地全体を改良された。


土の中にセメントを混入させて、
敷地全体が、まるでコンクリート?・・・
「カチカチやでぇ〜!」どっかで聞いたセリフ(笑))

と、言うことはですよ・・・
建物以外の土が見える部分は、すべてがカチカチ山!
カチカチ山(火は付けませんが・・)
そんなカチカチ土には植木はもちろん、
お花も植えることは・・・ぶ〜っ×


そこで当社では・・・
基礎下部の重要なポイントを、
電柱のようになる柱を数十本、穴を掘って地盤に作ります。
柱状改良

コンクリートの杭と匹敵するように。。
これは「柱状改良」と言います。

そうやって、地震に強い基礎となるのです。


この現場では・・・
築100年以上経過した古民家から、
取り出した『古材(こざい)』を使います。

大黒柱の、四方から古材を取付・・・

ん〜〜!
言葉では上手く表現できませんが・・・


逐一ご報告いたします。
お楽しみに。。。


JUGEMテーマ:注文住宅
2012.05.06 Sunday / 事務所の話題
 
 

連休最後の日・・・

お天気も良く執り行われた「地鎮祭」

地鎮祭

 

鍬入れ

来月には・・・

ぶっとい「大黒柱」を持つ建物が建ちあがります。

 

築100年は経過する・・・

建物から取り出された直径30cmほどの「古材」を

数本組み合わせた壮観な住宅です。

古材

(古材のイメージ写真です)

「古材」は(こざい)と読み、(ふるざい)ではありません。

木材は、切り出されてから100年ほど経過したものが

一番強くなっており、その強度を維持しながら・・・

さらに100年は持続します。

そんな「古材」を数十本確保しているので、

様々な物件に使うことが出来るのです。

 

この「古材」を・・・

新築物件に取り込むと、固定資産税が安くなる

そんなメリットもあるから嬉しいですね!

 

そんな思いを抱いて・・・

氏神様のお祓いを戴いて、安全に工事が進みますよう!

この氏神様は「お伊勢さん」と呼ばれる伊勢神宮の別院。

(宮司は私の同級生です)

このお伊勢さんの砂を持ち帰り建物の周囲に撒くと・・・

ヘビやムカデが出てこないと言われている。

そんな、お伊勢さんの紙芝居をご覧下さい。

(鷺ノ湯温泉の話題と二題あり3分45秒後です。)

どげだったかいねぇ〜!
(どうでしたか?)

なかなか重たくて いけんかったねぇ!
(ずいぶんと重たくて、申し訳なかったですねぇ)



JUGEMテーマ:仕事のこと

2012.04.09 Monday / 季節の話題
昨日の日曜日は・・・
どこの公園でも、良い天気に恵まれお花見日和。。


朝から・・・
タイルの貼り替え修理工事に。。

そして・・・
この春新築工事をするお客様に、
リビングに建てる「大黒柱」の様子を見てもらおうと
安来駅舎を見ていただいた。
安来駅舎

広々としたリビングに丸太の大黒柱を立てる計画。

その大黒柱に・・・
築100数十年経過した建物から取り出した、真っ黒にすすけた
「古材」を取り付ける。

帰り道・・・
実家の竹藪により「島田のたけのこ掘り」

たけのこ
画像では分かりにくいが・・・
赤丸の中に、僅かに出ているとんがりを発見しなければ。。。

たけのこ1

掘り出して・・・
やっぱり、この時期の「たけのこの刺身」はサイコーですね!

ごちそうが待っているぞ!


JUGEMテーマ:季節の出来事
 
2012.02.17 Friday / -
 


築130年の古民家を解体されたときに出てきた「古材」

只今磨いています。

 

すすけた「梁(はり)」は、手で触ると真っ黒になります。

それを磨きます。

向う側が磨いた部分。

黒光りがしているでしょう!

 

木材は、伐採されてから100年ほど経過した頃が

一番強度が発揮して、そのまま数十年は持続すると言われます。

 

こんな黒光りのする「梁」を使ってLDKとして中古住宅を改装しています。

20代後半の若いご夫婦がお使いになります。

 

さて・・・

出来上がりはどうなることでしょう?



 JUGEMテーマ:中古住宅のススメ

2012.02.16 Thursday / 築55年の古民家
さて・・・

きれいに基礎も出来上がり。。

布基礎

すでに床の合板も貼られています。

床の合板は、普通12mmほどの厚さですが。。。

この現場では耐震強度を高めるために28mmの合板を貼り・・

その上に、さらに12mmの合板フロアを貼る二重構造です。

 

そして・・・

高野槇の大黒柱が到着しました。

大黒柱 

変化を持たせるために・・・

わざとカドの部分に丸みが出るように工夫しました。

今は、真っ白いような木ですが・・・

さて、どのように変化するのでしょうか?

 

普通柱の体積のおよそ2.5倍(18cm)の太さがあります。

 

ここへ・・・

築130年の古民家から出てきた「古材」の梁を使います。
明日は「まっくろくろすけ」になった梁を磨いて・・・

もちろん、私もまっくろくろすけになっての作業です。

さて・・・

どんなふうに仕上がるでしょうか?楽しみです。。。

 

リフォームって・・・

使用前・使用後の変化が歴然とするので。。。

楽しくて仕方ありません。。

お客様が喜ばれる顔を見ると・・・

「え〜いっ!おまけしちゃえっ!」なんちって・・・

お人好しの会社は、いつになっても儲かりません(苦笑)




JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ

2011.12.07 Wednesday / -
築200年古民家。

いよいよ大詰めにさしかかりました。

ながく、ながく・・・
それは、それは丁寧に施工させていただきました。

使える物は・・・
何でも使いました。
階段箪笥

屋根裏部屋(ロフト)に上がる階段箪笥。

真横に上る段差の大きい階段でした。

向きを変えて・・・
正面から上がるようにしたのですが。。

階段

蹴込み板(正面、高さ部分の板)の色が違いますよね!


これは・・・
畳の下に貼ってあった「座板」を再利用しました。

虫も喰っていましたが・・・
良いところばかりを切り取って。。。


そうです!
新しい板を使えば簡単に、そして新しい色で
出来たのですが。。。

敢えて・・・
手間のかかる古材を使っての作業ですから。。。


すべてが、そんな作業となって・・・
とうとう、年末までかかってしまいました。
(お客様のご理解があったからこそ・・感謝です!)

でも・・・
何も塗らなくても、いい色合いが出ていますよね!
(踏み板は新しい材です)

あなたは・・・
新しい素材が好きですか?


【おしらせ!】
ここで使ってあった「階段箪笥」を無料で差し上げます。
ご入り用の方がありましたら連絡下さい。(1台限り)
090-7544-3599 矢田です。

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
リフォームで「古材」を見せたり・・・
黒い梁丸太を磨いて露出させたり。。。

最近「古材(こざい)」の要望が多くなった。


しかし古材が・・・
新築にも使えるのか?と言う疑問もあった。

先般もあるTV番組・・・
「ガンブリア宮殿」だったかな?
新築に古材を使った事例が出ていた。

それほど・・・
数本の「古材」を使うことで、味わいのある
雰囲気の良い、それでいてどこか落ち着く。。。

この度の新築物件は・・・
20代後半の若いご夫婦宅。
若いご夫婦が、この梁を磨きました。←クリック

この住宅は、スキップフロア式。
東急ハンズなどで良く使われている。

二階建てでありながら、三階構造。
そして、屋根裏にはどこかのハウスメーカーが
採用しているような「蔵」構造にもなっている。

その、二階部分の大きな天井空間に
「古材」を使ってみた。。。
古材
断熱性能が高いので・・・
こんなに天井が高くても平気!


天井にはサーキュレーターの役割をするプロペラ=
シーリングファンが雰囲気を盛り上げてくれる。。。

(コンデジのため撮影範囲が限られています)

我が社のエース!「こばちゃん」の担当です。
もうすぐ完成画像がこばちゃんのブログから・・・

JUGEMテーマ:1へぇ〜
 
2011.09.16 Friday / 伝統資財
ただいま当社の「こばちゃん」が担当で・・・
新築物件が始まっています。

20代後半の若いご夫婦です。

いつも賑やかな笑い声が・・・
とても幸せなご家族です。


その、新築物件に・・・
古民家から買い取った「古材」を使っています。

築130年経過した茅葺きの古民家で・・・
解体されることを聞き、買わせて戴いた「古材」です。
CA3F0052.jpg
この・・・
とんでもないと思われる古材は。。

囲炉裏やかまどのススで燻製になっています。

だから、虫も入らない・・・

木材は伐採されてから100年を経過した頃が・・・
一番強度を持続する性質を持っています。

仲の良い若いご夫婦で・・・
お休みを利用して、磨いてもらいました。
夫婦で・・

それが・・・
磨いた梁
あの真っ黒だった「梁」が・・・
こんなにまで見事になりました。


もちろん・・・
『古材鑑定士』が強度も計測しなければ。。。

『伝統資財施工技術士』のいる当社ならでは。。。



昨日・・・
新築現場に行ってみました。

工事中の梁
良い雰囲気に取り付いています。

色合いも何とも言えません。

最近の建物は・・・
クロスなどで包まれて、木材の部分が殆ど見えませんね!

このような「古材」を1本でも配置することで・・・
落ち着きが出てきます。

さてさて・・・
どんな風に仕上がるのでしょうか?



JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景
 
「板垣死すとも・・・」
と、名言?を残した板垣退助が襲われた頃。。

会見郡石州府村に建てられた茅葺き古民家から・・・

解体される運命だったこの「古材」

「買わせてください!」
と持ち主さんにお願いして8本を引き取り
大切に保管していました。
CA3F0052.jpg


CA3F0053.jpg
この「古材」を・・・
新築に使おう!と言うご提案です。

20代後半の、若いご夫婦。

スキップフロア3階部分天井の梁(はり)に使います。

何故か・・・
1本でも「古材」が使われていると、
不思議に「癒し」や「安らぎ」を覚えるのは私だけ??


休日を利用して・・・
「お施主様」の若いご夫婦が磨かれます。

昨日は・・・
雨が降る前に、大工さんの加工場に運搬しました。


JUGEMテーマ:エコについて考えよう
 
来月上旬新築上棟する「N様邸」・・・
我が社のエース「こばちゃん」が担当します。


その、新築物件に・・・
「古材」を使おう!とご提案。

築130年の古民家から出た・・・
真っ黒な、ぐにゃぐにゃ曲がった「梁丸太」です。

約100本ほどストックしてある中から
選りすぐりを引っ張り出します。。。


お客様も・・・
「休みを利用して、真っ黒な梁を磨きます!」
意気込みが違います。

梁を磨く高価な専用メカも準備しています。


古材は「ヤング係数」も測定して・・・
耐久力を確認してからの出荷になります。

古民家の・・・
屋根裏に横たわる、ぶっとく黒い梁。。。

建築業者は古民家を・・・
こぞって、危険な建物だから「壊しましょう!」と言います。

この梁が新築の現場にお目見えするのは・・・
9月中旬になると思います。


ハウスメーカーさんのように、簡単に出来上がる工法でなく
じっくりと、木材の持つ特性(クセ)を活かしながら丁寧に作るので
完成は年末になる予定です。


基準で・・・
材木は乾燥度合いが14%以下と求められていますが、
強制乾燥することで、材木にとんでもない変化があることを
ご存じでしたでしょうか?

自然の乾燥ではあり得ない事実・・・


高気密の家が・・・

強制乾燥した材木が・・・
そんな写真を入手しましたので、後日掲載します(お楽しみに!)

実は・・・
強制乾燥することは、木材の持つ特性を殺すことになるのでは?
そんな疑問を持つひとりです。


木材は伐採後・・・
1000年でも生きていると言われます。

その証拠は・・・
東大寺や薬師寺などでも実証されているからです。

無理矢理乾燥させられた木材が・・・
組織を破壊されているとしたら、木材では無いと思います。

そんな・・・
木材の特性を知り尽くした宮大工の「棟梁」に
任せた建物は末永く生きることでしょう。
(やっとローンが終わった頃は建替えにならないよう)

100年以上も自然の状態に晒された古材。

おまけに、囲炉裏やかまどのススで燻されているので
虫が入ることもありません。

なんと・・・
この「古材」を使うことで「節税」対策も出来る??
「本当かしら?」と思えるウラワザも展開しますよ!

そんな経営方針を・・・
「経営革新計画推進企業」として鳥取県知事から認められて
いる山陰地方では唯一の企業なのです。

お楽しみに。。。


JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景
 
2011.07.23 Saturday / -
古民家再生では・・・
「もったいない」と思われる素材がたくさん出ます。


ここ築200年古民家では・・・
縁側板に欅の無垢板の古材を使用しました。

足らないところは新品を使いましたが・・・
CA3F0038.jpg

玄関の・・・
踏み段にも欅の板が使われていたので
再利用することに決めました。
旧・踏み段

この古材を再利用すると・・・


ご覧下さい・・・
見事な、新品同様の輝きを放っています。
新・踏み段

これが同じもの???

そんなふうに感じられます。

使われている素材は
踏み板=欅
前側の框(かまち)=本桜
蹴込み板(穴の開いている)=欅
土台だけは130年以上も使われていたので、
栗材の新品に、ススを混ぜた「古色」仕上げです。

蹴込み板

蹴込み板は・・・
元は、穴が開いていませんでした。

棟梁の、粋な計らいで・・・
化粧飾りの穴を開け指が入るようにくり抜きます。

踏み段の中にも収納が出来るように、
外れるようになっている、カラクリが仕込んであります。


すこしずつ・・・
元の姿を取り戻していく過程がたまりませんね!


いやぁ〜!
古民家って、ホントにいいもんですねぇ〜!
(水野晴雄風に・・・↑↑)

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
2011.07.06 Wednesday / -
「浜の芋太(いもた)」←詳しくはクリック
米子から境港市にわたる弓ヶ浜半島地域を
昔の人たちはそう呼んでいた・・・


その中心的場所に当たる
会見郡から西伯郡に合併した頃の和田村(現・米子市和田町地内)

10年前に・・・
鳥取県西部地震の影響で、
築およそ100年ほどの農家住宅が被災にあった。。

鳥取県でも屈指の地元ゼネコンは・・・
「危険だから建て替えましょう!」と。。。

その現場監督から・・・
「壊すけど、必要なら・・」
古材鑑定士の私に相談があった。

充分に、再生が可能な建物だったが・・・

10年前に・・・
そこから買い取らせていただいた「古材」

日の目を見ることがあるだろうか?と
心配をしていた。。


このたびの築200年が経過する古民家再生現場で・・
使っていただくことが出来たのだった!

はっきり言って・・・
このままではきたない材料です!
古材板
汚れています。
狂っています。

しかし、欅の本物の縁側板です。



古民家再生の素晴らしい技術を持つ
「伝統技術施工士の腕にかかれば・・」
ほら・・ご覧の通り。。。
古材比較
真ん中が手を加える前の素材です。

両端は、少しだけ手を加えただけ・・・
これから更に仕上げをかけます。。


本物はいいですね!
30枚近くの枚数があるので、周り縁側のゆかいたに再利用することで
ン十万円の費用が浮く計算になります。

当時の大工さんは・・・
こっそりと板の裏側に落書きをしています。
大工の落書き
ちょっと洒落て・・・
反対文字を書いたりしているのが分かりますか?(左側の文字です)

西伯郡和田村・・と書いています。
ちなみに右側は・・
鳥取縣と書いてから、鳥取縣の反対文字を下に。。。

いやぁ〜!
古民家再生って、ホント楽しいもんですね!(←水野晴雄ふうに)
(でも、技術や素材の知識がないと出来ない仕事ですから・・)


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
2011.04.02 Saturday / 快適な暮らしを・・・
当社の広告宣伝は・・・
タウンページとホームページだけです。

昨日も・・・
「良い案が浮かんだから来てみてよ!」って。


       ↓↓↓クリック
1昨年「ヴィンテージリフォーム」をして戴いたお客様。
和室に「古材」を使ってダイニングリビングに改装しました。
築80年は過ぎている古民家です。


「今度は洗面台をカウンター式にしたいの!」

「良い案が浮かんだから・・・」
と言われ駆けつけました。

実は・・・
昨年の夏頃から、その相談を受けていました。

お伺いをして・・・
お手入れがいいものだからそんなに不自由な状態ではない。

「私ね!リフォームするのが趣味なの!」と言われますが・・・
当社にはとても有り難いお客様です。

18年前に浴室改装で初めてのリフォーム。
15年前に台所を増築、
13年前に玄関回りを、
11年前に縁側サッシをペアガラスに、
8年前に洋間を改装、
7年前にフェンスを取替、
6年前に外壁の塗装、
5年前にトイレの改装、
2年前に下水道とLDKのヴィンテージリフォーム
そして今回。。。

あなたのところにお仕事してもらったの「どんだけ〜!?」
「新築の家が2軒ぐらい建っているはずよ!」と笑われます。

いえいえ・・・
「心より感謝でございます」


それだけ・・・
ご信頼戴いているからこそ、おかしな仕事は出来ません。

「老後になって大金が払えないから今の内にしておくの!」

「今回が最後よ!」
って言われます。

でもね、少し待ってください・・・
「今、地震被害と放射能被害で商品が間に合わないから・・」

ご理解を戴いて・・・
もう少し、時間を頂戴してからの着工となりそうです。。

当社では・・・
年間工事件数の80%以上がリピートのお客様。

いかがでしょう?
襖紙の貼り替えでも、蛇口の取替でも・・・
小さな仕事で当社を「確かめて?」みませんか??

きっと・・・
リピーターになっていただける「何か?」があるはずですよ。。


JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
 
2011.02.15 Tuesday / The・古民家
築150年の古民家で、古民家事業を営もうと
大阪からやってきた若い夫婦。

250年の古民家
奥様のご実家が出雲市で・・・
ご実家の改修を依頼されたのは昨年の春。

250年火災痕
二度の火災にも耐えた・・・
古民家の太い「梁」がそのままに残っている。


しかし・・・
遠方でもあり、細かな対応やメンテナンスなどを
考えると、お客様にご迷惑がかかるのでは?と心配。。

営もうとする若いご主人は・・・
大阪で不動産業をやっていた。

建て売り住宅やマンションの販売なども・・・

そこへ・・・
いきなりの「古民家事業」となり、
知識不足と、異国の地?での業者選定など
さまざまな難問題に出くわす。


こちらから指導かたがた・・・
とも考えたが、どうにも都合が取れない。


必要に迫られ・・・
古民家再生に動き始めた本人は。。
職人さんの下働きの毎日だそうで。。。

昨日突然に・・・
当社へ訪問してくれた。

「いやぁ〜!勉強になりました」
「やってもらっていたら身につかないところでした!」
と。

突き放して良かったのか・・どうか?

収支の状態からすると・・・
請け負わない方が良かったような気配だ!(笑)

やりはじめてみると・・・
やはり「こだわり」が出てきて、
当初計画になかったことや、材料の吟味など。。。
大幅に増額になっている。

ともあれ・・・
島根県の、出雲地方での仲間が増えたこと。

古民家情報や古材などの情報交換が出来る。

古い建具や、古材は・・・
それぞれ100枚、100本以上もストックが出来た。

少しずつ使われる物件を探して行こう!

この春若い夫婦の住宅に・・・
古材を使った建物を新築する計画だ!


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
2010.12.22 Wednesday / 伝統資財
            『米子城』

明治13年頃に、天守閣は城下町にあった風呂屋の燃料として
37円で買い取られたという逸話が残っている。


その「米子城」で使われていた古材を使った古民家がある・・と。


古材を取り扱う私にとって・・・
これはビッグニュースだ!

お付き合いのある設計事務所の先生からのお電話だった。

早速待ち合わせをして・・・
現地に向かった!

現場は・・・
昨夜飲み呆けた歓楽街の一角にある。

小さな路地をくぐり抜け・・・
出たところは「歓楽街にもこんなところが残っていたのか?」と


この付近一帯は・・・
地元では名の知れた大地主が土地を保有している。

地上権で建ててあるこの古民家は・・・
主がいなくなって「更地にして返せ!」と言われている。

んんんんん・・・ヒドイ!
屋根は陥没し腐れ放題。。。

もう10年も前なら・・・と思わずにいられない。。。

設計事務所の先生と・・・
「これは致し方のない物件ですねぇ」と言うことに。。

由緒ある「古材」が発掘できたか?と思えば
なおさら残念でたまらない。。
JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
2010.09.23 Thursday / 山陰の風景
朝ドラの「ゲゲゲの女房」が終わります。

それがどうだと言うわけではありませんが・・・

昨日「水木しげるロード」「『古材』を使った屋根が欲しい」と。
久しぶりに出かけてみました。

小雨降る中でも、観光客は途切れることなく。。。
土産物屋のテラス
おみやげ屋さんのテラスに屋根が欲しいとのご要望です。

古民家に使われていた『古材』を活用して欲しいと。
「古民家プロ」の出番です。

古民家プロでは・・・←クリック
古民家から取り出した黒くすすけた梁(はり)や古い建具
古瓦・古民具などがたくさんあります。

それを有効活用して・・・
Reuse=リユースします。

古材を有効に活用することで・・・
廃棄物を少なくするReduce=リデュースすることになり、
環境にも優しい活動を心がけています。


このたびのみやげもの屋さんでは・・・
私どもの協力業者である大工さんが、空いた時間に作った
鬼太郎のグッズを陳列しています。

一反木綿鬼太郎
手先の器用な大工さんだから、細かいところも精密に作ってあり、
先月から店に展示したところ作成が間に合わなくなって・・・


さて・・・
テラスの屋根はどのようになるでしょうか??

JUGEMテーマ:癒しとやすらぎの自然・風景
 
築150年ほど経過したかやぶき屋根のおうちが解体されました。

取引の業者さんが「必要ならあげるよ〜!」って。

早速現地へ出かけてみました。
100805_1510~01.jpg

数年前から住む人もなく、隣家のご主人が始末しておられ・・・
引き取らせていただくことになりました。


最近・・・
古民家ブームで、
飲食店などの店舗装飾に「古材」を使うケースも増えています。


住宅にも使って欲しいと要望も時々あります。

私たちは・・・
新築に古材を使ったり、リフォームなどにも使うことで
ヴィンテージリフォームとして、平井鳥取県知事より、
「経営革新計画事業所」として認定されています。

100年以上経過した古材が
現在100本以上もストックしてあります。

今回は20本ほど頂きました。

ユニフォームが真っ黒けになるほど・・・
ススの汚れで顔も爆発しています(笑)

米子市の郊外・・・
米子市では大庄屋で有名な「高田家」の近くでした。

その集落は・・・
どこの家も、大きな門構え、幾重にも重ねられた重厚な梁。
歴史ある旧家が立ち並んでいる集落で最後の茅葺きでした。

「古材」は完全に乾燥しています。
ススで真っ黒になっているので、虫も寄せ付けません。

ススを落とし、汚れを落として磨き上げると・・・
素晴らしい光沢のある、立派な黒い梁が蘇ります。

捨てればタダのゴミ。
有効に使うことで、資源保護にも貢献できます。

そのうえ・・・
固定資産税減免の御利益もあるからうれしいですね!

古在を使ったリフォーム・・・
アナタの家にも不思議な「やすらぎ」が生まれます。
古材再利用現場
いかがでしょうか?・・・・
梁だけは「古材」を使っています。

丸い梁の上にある角材は新しい木材に色を付けたもの。

JUGEMテーマ:エコについて考えよう
  にほんブログ村 住まいブログ リフォームへあとひといき!・・・

湯梨浜町から古材の買い取りを依頼され昨日行ってみました。


図面築100年以上は
経過しているとのこと。
(60年前屋根を
リフォームされた履歴があり)





1昨年秋、手バラシされているので保存状態は良く
再生して建てる予定だったそうですが、若い後継者から
反対され使う目処が立たず処分する他は・・・と思案されています。

再生する予定だったので、図面も作ってあり
番付もしてあります。(緑のテープ部)

古材1古材2

当社へ相談がありましたが・・・
なにぶんにも、4t車で4台分ほどの量を置いておくスペースもなく、
苦慮しています。


今週末(4月10日)までに引き取り手が無ければ

廃棄物業者へ出されるそうです!



どなたか・・・
ご入り用の方がありましたらご至急連絡下さい。

連絡先
090−7544−3599 矢田まで。


JUGEMテーマ:The・古民家「田舎で暮らそう!」
 
最近のリフォーム業界は、異業種の参入やハウスメーカー、
大型家電量販店、そしてホームセンターに至るまで始めてきた。


とてもライバルが増えている。。
知名度の少ない私たちは、宣伝でも店舗展開でも
到底、彼らに勝ることは出来るはずもない。


大型ライバルに打ち勝つためには・・・と、
知り合いから薦められて・・・
「『経営革新計画』の認定を取ればいいよ!」と。

「ケイエイカクシン??」 「なにそれ?」

「それはね!あ〜で、こ〜で!・・・」と言われるが。。。

「・・・??※&*♯‡♀£」 「ワケわかんない!」



でも、がんばりました!
並み居るライバルに差を付けるためには「これしかない!」と。

おかげさまで・・・
試行錯誤の結果、平井鳥取県知事より晴れて!

『経営革新計画事業所』の認定を戴きました。


この、経営革新計画認定事業所の第1号として、
商工会議所発行の会報「シャンブル」に
当社を紹介して戴くことになったのです。

本日、商工会議所より取材に来られました。

古民家や、古民家から出る「古材」などを活用。
伝統構法継承のための人材育成のお手伝い。。などなど。

社会に貢献できる事や、取り組みの姿勢などが
評価されたものと思います。

讀賣新聞の記事
去る1月16日には・・・
読売新聞でも
紹介して戴きました。

少しずつですが、
社会に貢献していることを
認めて戴いているようです。

より一層がんばります!



JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
 
2010.03.05 Friday / 事務所の話題
新建ハウジング紙面「新建ハウジング」は
全国の建築業者などに18万部届けられている。

業界新聞なので、
太陽光からエコポイント、
さらには政治が関わる
建築の将来や各種のデータ、
全国で行われるセミナーの開催など・・

幅広い内容の記事が満載されている。



掲載のプラス1本日届いた2月28日号の
別冊(106ページ)の特集で。。

Webを活用した事例が数社掲載されている。

その中の1社に・・・
実は当社のブログが (ノ゜゜)ノびっくり!!

先日のブログにも書いたが・・・
この1年間、毎日ブログを書いてきた。。



掲載記事私どもの方向性が、
記事になりやすかったのか・・・

古民家・古材・・そして、
環境に対する取り組み。

空き家の再活用と古民家の保存や再生、
伝統構法の伝承に若い人材の育成に尽力を・・・

私たちが今できることを、
次の世代に伝えていかねば・・・
伝統的な構法や古民家の再活用が
簡単に壊されて行くのではとても忍びない。。。

少しでもお役に立てることを願って。。。

JUGEMテーマ:1へぇ〜
 
昨日の浴室配管の詰まり・・・
緊急に行ってもらった結果。。。なんと!!

「小さな石ころが詰まって、それに髪の毛や・・・」
2年間使った結果、髪の毛が石ころに巻き付いて配管を塞いだ!

幼い子供がおもちゃ代わりに持ち込んだのか。。。??

昨晩、早速に喜びのお電話を頂戴した。。
やったぁ〜!



さて、話しは変わって・・・
讀賣新聞の記事
先日取材を受けた内容が「讀賣新聞」に本日掲載されていた・・・

なかなかうまくまとめてある。。。
やはり記者さんの記事は要点をうまく簡潔に伝わるように
上手に掲載されている。。

当社では・・古民家から出る
「古材」を買い取りさせていただきます

ご連絡は=info@e-sanin.com へ。。


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
先日11日に来店してくれた同業者のSさん。
古民家情報をくれたのはいいのですが・・・

「再生しようよ!」と叫んでも。。。
「面倒くさいもん・・!?」と返事が返ってきた。。

「だって、新築すると建物だけで3500万円くらいだから・・」
金額だけが、建築業者の喜びなのか??

現場は、
おじいさんの代から古いものにはこだわりがあったようで・・
「だったら再生するようにしようよ!」と言っても・・・〜〜〜?

こうしてまたひとつ大切な文化財である古民家が解体されてしまう。。
解体費用は400万円をくだらないとか。(ノ゜゜)ノびっくり!!

せめて、
古材の一部でも、建具の一部でも買わせて欲しいとお願いした。

とても貧乏くさい話しではあるが、少しでも廃棄物を少なくし、
再利用することで資源の無駄遣いをしないためにも・・・

まいにち、そんな情報をお待ちしています。

そんな会社が=http://www.e-sanin.com
そんな社団法人が=http://kominkapro.com/


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
100103_1558~0001.jpg
リフォームに欠かせない秘密兵器を入れる
アルミ製のアタッシュケースを購入しました。
(前から欲しかったのです・・)

何が入っているか??
ホントはヒミツ兵器なのだから教えられませんが・・・
読者だけにこっそりと教えちゃいます!
(同業者に教えちゃダメですyo!)


水色のバッグには
壁や天井の中の状態を見る胃カメラのようにぐにゃぐにゃ曲がる
CCDカメラとカラー受像器が入っています。

壁や天井裏などが手に取るように分かります。
はぐらなくてもいいから便利です!
そう!配管の詰まりなんかもよ〜く分かります。。。


その上の黒い楕円形のバッグには
聴診器が入っています。そう!お医者さんが使っているヤツ・・・
ん?おいしゃさんごっこするかって???
ちょっと惜しいなぁ!
*気になる方はメール下さい、こっそり教えますyo!
メール? info@e-sanin.com ですよ。。

手前中ほどの赤いラベルがあるバッグは
レーザー距離計です。
メジャーで測れない長い距離や、面積の測定と計算まで出来るスグレモノ!

その奥の赤いラベルのバッグは
レーザー水準器です。
水平や垂直をレーザーで測ってくれます。
家の倒れ具合など便利です。

右手前のバッグには
電磁波測定器が入っています。
近年、IHコンロなどを疑問視する方などに使います。

その他には
イオン測定器があります。
マイナスイオンやプラスイオンを測定して
お部屋のイオン汚染濃度を計ります。

そして、
古材の強度を測定するヤング係数測定器。
雨漏り経路などを判別する赤外線カメラ。
水分の含水率測定器など、高価な設備が増えます。
合計すると200万円相当にもなります。

入りきらないので、特別なケースで移動です。

ここまでして、他の業者さんとは違った、科学的な方法で
現場を検証、ムダのないリフォームを手がけますyo。。


ん??
後ろの赤い花? よく気がつきましたね!
薪ストーブで温まった事務所では、ハイビスカスの花が満開です。

JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
2009.12.08 Tuesday / ドイツMiele(ミーレ)社
築70年の古民家レポートです。


昨日からTOTOシステムキッチン「レガセス」が組み立てられました。
こだわりの職人さんが、頑固なほどの正確さで組み立てます。
(0.5mmのスキマにもこだわっています(笑)

TOTOレガセスキッチン
金属製のキッチンメーカーでは、このような特別メニューで
作り上げることは出来ません。

国産の食洗機の倍は入るだろうか?と思えるほど
広々とした食器洗い機=もちろんドイツの高級ブランドMiele
そうです!ミーレ社の食器洗い機を採用しました。
ドイツMiele社の商品は20年前より扱い始め、
10年前より当社が鳥取県・島根県の特約代理店をしています。

故障が少ないことが、取り扱う我々には大助かりです。
(もちろんお客様もですが・・・)

奥様の選ばれたこだわりの収納たっぷりキッチンです。
古民家の古材が醸し出す黒い梁や平鴨居などとのコントラストが
映えるようにホワイト系での仕上がりです。

古民家で解消できない段差をうまく利用してアイラインが同じに
なるように工夫しました。

アイライン?
食事を作る側は立って作業します。
食べる側は椅子に座ります。


どちらもの目線が同じになるように段差をうまく利用した作りです。

出来上がりはもう少しかかります。

出来映えをご堪能して戴けるよう
広角のカメラに新調できたらいいのになぁ・・・ ボ ソ!


JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
 
屋根を葺き替えることになった築50年、農家の納屋です。

石州瓦は耐用年数が長いことで知られていますが・・

高齢になり年金生活で高額な葺き替え費用を負担するのは
少し荷が重すぎる・・・と、収入がある内に葺き替えを決断されました。

葺き替えずに、雨漏りをして建物まで傷んだら取り返しがつきません。


まだまだ使える石州瓦です。そのまま産業廃棄物にするのは
「もったいない」ので再利用できないか?
色々な皆様のご厚意によって使っていただける方が現れました。

廃棄物を少なくすることで、費用的にも、資源的にも節約が出来ると
思っていました・・・


通常、廃棄する場合の瓦はダンプカーを横付けして、屋根から瓦を
投げおろします。
降ろされた古瓦しかし、
再利用するためには1枚いちまい丁寧にはぐり、
積みおろしをしなければなりません。


廃棄物を処分する費用が
削減できる予定だったのですが・・・
丁寧におろす費用が、処分費用をオーバーするのです。。

だから、どこの瓦屋さんでも「処分しましょう!」と言うのです。

しかし、ン十年前までは古材や古瓦を当たり前のように再利用していた
『循環型の社会』があったのです。
その時代の生活に戻るとCO2の25%削減が可能のようです。


生活が豊かになって、古いモノを捨てて何でも新しくする時代になりました。
使えるモノを捨てるのは少し間違っていませんか??と思います。


私たちは、少しの手間で資源を無駄なく再利用できるのであれば
率先して取り組みたいと考えています。


昨日の日曜日から古瓦の運搬移動のお手伝いをさせて戴きました。
(もちろんボランティアです!)でも・・風雨が強くなり1台のみ運搬。。。




JUGEMテーマ:リフォーム
 
2009.10.16 Friday / 事務所の話題
年間に4回、季節ごとに発行している季刊紙
「生活情報新聞」の23号が完成しました。

本来なら9月の中旬にはお届けしなければいけなかったのですが、
決算処理や人材確保など事務処理が多く、遅くなってしまいました。


この新聞を心待ちにしておられるお得意様がたくさんいらっしゃいます。

情報新聞表「秋号」はまだですか??なんて。。

そして、
冬号は来月11月の中旬にはお届けしなければなりません。


今まで1200部を印刷していましたが「山田君」が増えて・・・
1500部に増刷することにしました。



情報新聞裏今月号の話題は・・・
古材を使った事例ヴィンテージリフォームの現場から・・
 (15年前のシステムキッチンを再利用??ってできるの?)

皆生温泉にあるリゾートマンションのリフォーム・・
 (超豪華になりました)

「リフォームの事件簿」は築30年のマンションで起こった!!!
 (天井から赤いシミが・・・上階で事件か???)

そして、おなじみの「社長のコラム」です。


どれも驚きの話題がいっぱいです。

見てみたい!って方はご連絡ください。
(郵送いたしますyo!)







JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
 
私たちの扱っている「古材」仲間が大阪で仕事をしています。

その仲間は、不動産事業を大阪で営業していますが、
このたび出雲市と大阪の両方で、古民家の紹介や販売を
手がけようと計画しています。

なぜ出雲市??
それは、奥様のご実家が出雲市にあるからです。

既にアパートも契約され双方での営業を開始しておられます。


その、奥様のご実家が築250年の古民家です。
ご両親も関西圏で公務員を退職され、このたびご実家の隣に
古民家を残しながら新築を計画されました。

田舎の方では「自分に話しがなかった・・」とか
「親戚なのに声も掛けてくれなかった!」とか
建築に関連する人たちがとてもうるさくつきまといます。

そのくせ、メンテナンスなどが必要になると・・・
「あの職人が悪い」「商品が悪い」などと言い出しかねません。
そして、「手が空いたら行きますから・・」などと即座に対応して
くれない場合があります。

値段が高くても「安くしとくから・・」程度で、本当に安いのかどうか・・・
と不安がられます。(見積も1式が多い)
結局施主の泣き寝入りで、文句言うことも出来ない状況に・・・

田舎では竹下元総理みたいに相当緻密な「根回し」が必要です。

そんな悪循環なお付き合いが苦手!と息子さんに相談され、
当社に白羽の矢が刺さりました。

米子から出雲市までは相当のハンデがあります。
古材を使用した新築物件なので、当社以外ではそうそうありません。

入荷した古材
古材も100本ほど集まりました。
本日は同業者で親しくしている設計士に見てもらいました。

特色を生かして、
事例見本になるようプランニングしたいと思っています。
週明けに打合せです!



JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
『古材』・・それは数十年、いや百年以上もかけて出来上がる・・
これからの時代では二度と作ることが出来ない、貴重な文化財です。
(かまどや囲炉裏が無いので煤けないのです)

木材は伐採され、住宅に使われるようになって50年から100年目が
いちばん強度が発揮されます。

その強度を保ちながらさらに100年くらいは使うことが可能です。

『古材』には不思議な魅力があります。
その不思議な『癒し』の効果は新しい木材では期待できません。

だから居酒屋さんに多く使われたりして、
客を呼び寄せる小道具にもなっているような気がします。

集まり始めた古材私たち日本人は和風で育ってきました。
日本人のDNAが呼び覚ますのでしょうか?

そんな古材が少しずつ集まってきました。
現在100本近い量になっています。




JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
2009.09.12 Saturday / 快適な暮らしを・・・
古民家から出る「古材」の活用、そして施工の管理技術を
身につけるか?という、とても専門的な技術試験を受けるのです。。

まず、古民家の歴史から・・素材(材木)の種類・品質まで専門的な
内容を問われます。

施工するに当たり、どのような技術が必要か?
古材のプレゼンをするパース(立体的な図)が描けるか?
などなど、約200ページ近い資料が2冊配布されました。

アラ還の私にとっては、この膨大な資料を見て・・・挫折しそうです。。。

私のいる「山陰地方」では初めての資格となります。
厚生労働省が認可したれっきとした資格です。

どうしても合格したいと、講習を終えてホテルの一室で復習です。

古民家の古材は、そこにあったから誰でも使えるものではありません。

無断使用すると、産業廃棄物処理法で罰せられます。

認可のない人が古材を売ると、公安委員会から罰せられます。

古い材料とはいえ、製造物責任法(PL法)に抵触するので
損害賠償も視野に入れる必要があります。

構造体に使用する場合は強度検査(ヤング係数)が必要になります。

それほど、古材は慎重に・・かつ、資格が必要な商品?なのです。
誰でも扱えないから、大阪まで来て必要な資格の確保が必要なのです。
(だから建築業者は避けて来たのです!)

いま、なぜスローライフか?って。
古材を使うことで廃棄される廃棄物を少なくすることが出来ます。
古在を使うことで新しい材料を購入する必要がありません。
古材を使うことでCo2の削減に貢献できるのです。
古在を使うことで安らぎや、癒しを受けることが出来るのです。

古材を使うことは、建築業者ではタブーでした。
なぜなら、手間がかかるし儲からないからです。

使い捨ての現代において、資源の再利用は現代人の最優先課題なのです。

古材を扱うことで儲かることは有りませんが、誰かが率先して取り組まねば
いつまで経ってもCO2は削減できません。

民主党が圧勝して、これからどんな時代になるか知れませんが、
CO2削減25%は変わらない数字です。

私たちが小さな取り組みでも『もったいない』を発揮しないと
この数字は達成できません。。

だから、スローライフで行こうよ!に貢献する企業なのです。



JUGEMテーマ:スローライフで行こうよ!
 
2009.08.24 Monday / 携帯から
090824_1730~0001.jpg
長さはトラックの大きさで決まります。
4mの荷台に運転席を加え最長6mまでです!本当は10m位は欲しいのですが…

取り敢えず一台目の写真です。以前の古材が右側に一部見えます。

こうして、どんどん古材の量が増えることで、皆様の期待に添える日が近づいています。

今夜は疲れを癒やしながら、携帯からの追加報告です。
米子市の郊外にある農家住宅は130年経過している「古民家だ!」
敷居と鴨居の僅か2m足らずの距離で10cm近い狂いがある。

数件の建築業者がやってきて「超危険住宅です!」と、解体して
新築を薦める。(どの業者も・・)

本日そこへ、ご提案の図面をお届けした。。

130年も前だと、檜や松はもちろん欅や栗そして桜など広葉樹が
ふんだんに使用してある。

広葉樹は狂いやすく、扱いにくい。
特に欅などは伐採して10年以上、大きめに製材して10年、
ほぼ使える寸法に製材直ししても5年くらいは投げておかないと狂い出す。

しかし、山陰地方特有の湿気や害虫にはめっぽう強い。

古民家の梁や桁などの材料は100年経過した時点が
最大の強度を発揮する。
そして、その強度を持続したまま古材は100年以上も維持できる。

3〜40年前までは、古民家が壊されると使われている木材のもらい手が必ずあった。
その「古材」を再利用して再び建築される「循環型の社会」がそこにはあった。
壁の土は再利用して塗られる。瓦も再利用されていた。

廃棄物が殆どでない「循環型社会」を取り戻さなければ・・・
日本には廃棄物を捨てる場所がないのだ!!

新しいものを使うことで発生するCO2を発散させないようにしないと・・・

最近の大工さんは、面倒を嫌う。
確かに道具の歯が傷むからだ。それほど古材は強度を増して硬くなっている。
(だから古材はまだまだ100年以上は持つのだ!)

近年、仕事が無くなって困っている建築業者がたくさんいる。

手間を掛けてでも「いい仕事」をお客様にお届けするのが仕事ではないか?
30年しか持たない最近の建物ばかりでなく、伝統の技術を後世に伝えるのも
職人の義務ではないか?とも考える。

プレカットや工具ばかりが進化して、
基本の大工道具が錆び付いてはいないか?

私たちは、「循環型社会」の取り組みにスタートしている。


いやぁー!
「古民家っていいですねー!」
何世代にもわたって使うことの出来る究極のEco住まいです!
循環型社会の優等生です!


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
教えて戴いたのが少し遅かった・・・

安来市と仁多郡の境目あたりに位置するこの物件は既に重機が入って・・

解体寸前の古民家築100年の古民家だが、
とてもいい色合いに煤けているし・・
何よりも「大引き天井」の根太に相当する
材料が面皮(皮つきの仕上げ)の
ものが目を引いた。

松材の床板も広幅で有望だ!

手入れも良く、これは貴重な素材だと感じてはいるが・・・
なにぶんにも、少数精鋭?の人材しかいないので、取り出すことができない!

明日は「中海TV」さんの取材があって午前中は出ることが出来ない!

ん〜!
どうしたものか・・・

行ってみたらクチャクチャになってはいないだろうか・・・

とりあえず、これから引き渡しのお客様宅へ行かねばならない。

いやぁ〜!
古民家ってホントにいいですね〜!
古材はもっと素晴らしいですねぇ〜!

こんなに素晴らしいものを皆さんはどうして諦めるのでしょうか?


下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。


JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
ことし鳥取県・島根県では第1号で「古民家鑑定士」の資格を戴いた。
厚生労働省認可の資格だ。

「どんなことをするんですか?」とか
「これからの目標は??」などなど、鋭い質問がありそうだ。

受験生を控えたわが家では、TVを観ることが出来ない・・・
と言うか、TVが壊れているのだ!
(ラジオを小さなボリュームで聞いている・・(ミジメ))

毎日大変美味しい食事を出してくれる食堂「さくら」で中海TVを観ている。

22日の取材なので、その日の夕方6時からオンエアーされるそうだ。
そして、
翌日の23日の午後6時までニュースの時間には繰り返しリピートされるとか・・
中海テレビ5チャンネルですよ〜ん!

放送エリアは、鳥取県ばかりですが・・・
米子市・境港市・日吉津村・日南町・伯耆町・南部町・大山町の4万世帯です。

いつもお昼寝場所として使っている「応接間」を、
今日は久しぶりに(笑)片付けてみた。。
たくさんの書類だとか・・いらないものがてんこもり。。
誰だかいな〜(笑)



明日は安来市の奥座敷、山中鹿之助の月山富田城跡のある「広瀬町」より
もう少し奥へ入ったところに、松本清張の「砂の器」で有名な亀嵩に
ほど近い山村で、古民家解体現場に出向きます。

奥出雲町のお友達から紹介を受け、
「古材の買い取り」の見積りに行ってきます。

何も言わなければ、単なる廃材として捨てられます。
そして、Co2も排出します。

私たちは、捨てられる運命の「古材」を再利用して、
リフォームや新築時に利用させていただきます。

再利用することで、産業廃棄物処分場の負担を軽減し、
世界的に問題となっているCo2削減にも貢献することが出来ます。

ナイスさんいんは、エコロジカルな仕事で社会へ貢献できる企業です
「古民家の古材を買い取りますよ〜」

下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。


JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
 
2009.07.12 Sunday / 事務所の話題
やっと「古民家・古材」のセミナーが終わった!
(正直プレッシャーだった!)
たくさんの参加者(20名)も熱心に耳を傾けてもらい、資源の大切さ、
Co2の削減にかかわる事業であることなどを力説してもらった。

会場風景解体業、材木店、大工、瓦屋、
建材店、建具店、左官業など
さまざまな業種の人たちだった。
遠くは広島県からもHPを見てご来場!
日本の、
いや山陰地方の文化を継承していくために・・・。

さまざまな業種の人たちで情報を交換し合い、
手を組んで取り組まなければ文化の伝承は困難だと思う。

そう言う意味合いでは多くの業種の人に聞いてもらって喜んでいる。
当社を取り巻く協力業者さんたちがいることはとても有り難いことだ。

この人達(協力業者さん)のおかげで当社のリフォームは成り立っている。
そして、OB客様のリピートが多いのもうなずける。

懇親会懇親会では、
普段聞くことの出来ない裏技やマル秘情報など
ホンネで話し合うことが出来るから
やめられませんね〜!

ついつい飲み過ぎてしまって・・・
久しぶりに寝過ごしてしまった日曜日です。。。



JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
 
2009.07.11 Saturday / 携帯から
愛媛県松山市から井上社長をお招きして古民家・古材を有効に使おう!とセミナーを開催しました。
20名の参加者はお昼過ぎの眠たい時間にも関わらず、居眠りする人も一人もなく熱心に聞き入ってもらいました。
熱心の余り、懇親会への参加者が増えました。
これから場所を変えて懇親会です。
「古材の日」を覚えていらっしゃるでしょうか?
そうです、5月31日=コザイと語呂合わせできるからと記念日協会が・・・

その、古材の日を皮切りに古民家の再利用や、古民家の鑑定、
古材を使用したリフォームなどヴィンテージ事業の営業目的を増やしました。

           ★★ ☆ ★★

歴史は遡って「後醍醐天皇」が隠岐の島に流され、名和長利らにすくわれ
最初にたどり着いたところ・・・そうです!名和町御来屋の海岸です。

お着座の石がある塒(ねぐら)家のほど近いところからお電話を頂戴した。
名和町(現・大山町)御来屋(みくりや)は歴史のある街だ!

古材の日のイベント2日前に折り込みをしたチラシを大切に切り抜いて
大学ノートに貼り付けてスクラップしておられた。
とても几帳面な9代目当主からの電話だった。

江戸時代から9代続く古民家は、度重なる二度の大火に見舞われ、
現在の建物は明治の後期、築110年ほどの建物。

新築するので「古材を購入して欲しい!」とのお電話だった。

欅の大黒柱は7寸、子大黒など5尺8寸の内法で差し鴨居造り。
大引き天井は黒光りのする松の尺巾。
なかなか素直な材料が使われている。

2階が養蚕場として使われていたので柱材が短いのが少し気になる。

まずまず期待できそうな物件だった。
年末年始にかけての仕事が加わった!

下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
古民家・古材を事業内容に加え、これからのリフォーム事業が、
同業他社と差別化できるよう鳥取県へ「経営革新計画」の申請を行いました。

5月31日「古材の日」のイベントを計画している最中に申請をしたのです。
同業者がいるとなかなか承認がもらえません。

商工会議所へ出向き、Iさんと一緒に検討しながら資料の作成をしました。
Iさんは「経営革新」の申請が始めてだったのです。

初めてなので一緒に勉強させてください!」と、とても好感の持てる
いい方に巡り会えました。

申請時も県庁へ同行してもらい、審査を受けましたが・・・
たやすくおろしてもらえるような申請ではありませんでした。

承認通知2回ほど提出のやり直しをして・・・
このほど、
商工会議所へ承認が下りたとFAXがあったそうです。

本日、先輩格の事業所さんから
「その後どうでしたか〜?」と電話が。。
その事業所さんは、今年3月に承認された企業。
申請にとても苦労したと聞いていました。
今回は、
さらに厳しくなったとも言われたのですが・・・

お陰様で、2回の微調整で受け付けてもらえました。

その事業所さんは、広告媒体の会社です。
新しい広告事業で許可がおりたそうで、飛び込みで当社へPRに来られ、
「許可がおりたら広告してくださいね!」と・・・

「おりたら広告しますよ〜!」なんて軽く返事したものだから・・

経費節減の折、広告費は真っ先に節約しないと・・・
でも・・・軽く約束してしまったし〜!。。。
正直な私は・・・ど〜しよ〜!。。

下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。

JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
 
築80年の住宅。
このたび台所の改装で、築80年に似合った雰囲気と、
奥様のご趣味で「ヴィンテージな雰囲気を醸し出して!」とのご要望です。

ヴィンテージウッド縁側だった部分も、押入も部屋に取り込み、
6畳和室をを10畳に広げ、キッチン部分を
2m増築しました。
中央奥に丸太があるのは、縁側の縁桁です。

新しく天井部にヴィンテージウッドを取り付けたのです。

ヴィンテージウッドは、私どもがこのたび加盟した古材倉庫から素材を取り寄せました。
1本なんと¥75,000もするのです。それを5本使いました。

最初の見積には採用していなかったので、始めてヴィンテージウッドを
採用するにあたり、自社の宣伝材料としての価値観も含め・・・
そうです・・サービス工事とさせて戴きました。

私としてはいつも素材に見慣れているのですが、
私とお客様とのあいだには少しギャップが・・・

「あのぉ〜!この穴は塞いでもらえません??」
柱が取り付けたあったホゾ穴です。

これから寸法に合わせて穴埋め加工を施します。

そんな工事途中の写真を本部に送ったら、早速ブログに取り上げてくれました。
http://ameblo.jp/ykawakami/entry-10292511828.html




JUGEMテーマ:リフォーム
 
チラシを折り込みしてからおよそ1ヵ月近くも経過して問い合わせがあった。
「古民家を壊したいのですが」・・・と。

明治時代の中頃に建てられた
築130年経過した典型的な農家の造り「田の字」の部屋。

玄関を入って目に飛び込んできたのが、大黒柱が倒れている!

敷居と鴨居の間約1.8mで5-6cmは倒れていた。
鳥取県西部地震での影響があったらしい。

ここ10年近く不安ながら過ごされていたのだが、
最近になって「家を建て替えようか?」と家族で話がまとまったようだ。

しかし、それまでの間「壊す」「もったいない」のバトルで決着がつかず、
このたび当社へ相談を戴いたのだった。

建築屋さんに相談されたらどの業者も口を揃えて「新築しましょう!」
「これでは倒れて危険ですよ!」とまで言われるものだから不安になって・・・と。
「ある業者は修復するのに3000万円もかかるって!」
とんでもない話しです!面倒だから再生をやりたくないのです!
「当社の建物は2000万円で建ちますから・・!」って言うんです。
耐用年数30年で・・・ですか???
ローンが終わった頃にまた建て替えになりますよ!

「よく考えて下さい!地震以来10年近く経過してもこのままです」
(その間小さな地震が毎年のように発生しています)
「昔の家はちょっとやそっとでは倒れない工夫がしてあるんです!」

「100年経った古材はあと100年はもつんですよ!」
「最近の建物の寿命は長くて30年と言われています」

「愛着のある耐久力の強い古民家と、
近代的な30年しかもたない建物と、どっちの料理ショー??」

「伝統的な工法を駆使しての古民家再生は耐久力が違いますよ!」

テレビで「鉄腕ダッシュ村」を放映しているじゃありませんか・・・

などなど、さまざまなお話しをして・・・
「みんなが愛着のある古民家の方向で相談してみます!」

そうです、
若い夫婦にはプライバシーを尊重した部屋づくりをご提案することで、
冷暖房効果のあがる工夫をして、自然素材をふんだんに使って・・・
解決の糸口がみつかりそうです。。。

いやぁー!
「古民家っていいですねー!」
何世代にもわたって使うことの出来る究極のEco住まいです!


下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。

JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
運転が出来ないほどの集中豪雨だった昨日と裏腹、
本日は実に爽やかな(ちょっぴり暑い)一日でした。

気温は高いのですが、雨の影響でしょうか?吹く風は爽やかでした。


今日はちょっと不安そうな口調で一本の電話がありました。

「先のチラシを見たんですが・・古民家の古材を買い取ってくれますか?」と。

「ご希望に合わせて伺いますが・・・」と返事するも、
「んー!ちょっと相談してみます・・・」と切られた。

夕方になって「今日電話したものですが・・」
「今日の夕方来てもらえますか??」と再び電話があった。

それにしても、チラシを打ったのは5月29日。
かれこれ1ヵ月近い間があったのに・・・嬉しい悲鳴です!!

と言うことで、本日6時に待ち合わせです!
行って参ります!!


下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。




JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
 
夕方になって「出雲市で古民家の改装をしてもらえますか?」と・・・
私どものネットワーク「古材倉庫」からの連絡だ!

現在、大阪に住まいされているのだが、出雲市の実家に両親が
住んでおられ、退職を機にリフォームしたい!とのご要望だ。

私が島根県出身者であることにはあまり関係ないが、
職人さんは、結構島根県人が多い。

「出雲市までなら毎日通うよ!」と言ってくれる。
力強い味方だ!

しかし、基本的には1時間以内に行ける場所までを範囲としている。

1時間以上かかる場所だと、アフターなどに時間が掛かり
ご迷惑を掛けることになっては申し訳ないからだ。

今回は、ネットワーク「古材倉庫」のメンバーのご実家。

大阪と、出雲市で見本になるような事例を見せるために
改装するのだが、職人さんの手配が付かないようだ。
メンテナンスは自分の範疇でされる様子。

明日、出雲市の現地で打合せすることになった。

ちょうど営業車が車検なので代車が来ている。
新車同然の代車だ!

こちらの方が当然乗り心地も良さそうだ!
気分良く、気分のいいお話が出来ればいいのですが・・・

下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。



JUGEMテーマ:古民家・田舎暮らしのススメ
 
私たちの事務所がある地域は「箕蚊屋平野」と呼ばれる穀倉地帯。

水車
この片隅にひっそりと「水車」が回っている。
この時代には珍しい!

水車は「粉ひき」やモートル(ちょっと古かった?)
の動力に使われた。

この写真は動力には使われていないようだが・・・
水車は流れる水を巧みにエネルギーとして利用した動力だ!


エネルギーを無駄に使わない事のひとつに・・
私どもでは、古材を再利用したリフォームを手がけている。
「古民家のリフォーム」も数多く実績を残している。

最近の建物の寿命は25年と言われている。それを覆すように
少し前の総理大臣が「200年住宅」と声高に言った。
それが、超長期住宅となり今では長期住宅とまで変わってしまった。

鉄骨の柱だったり、集成材の構造材を使っていては200年も
持つわけがないからだ。
コンクリートも50-60年経過すると平気で壊していく。

これから少子化の時代になっていくのに新築を増やしたら住む人が無く
空き家が増えてくるようになる。

30年ほど前に米子市で最大の住宅団地が出来上がった。
60から70坪程度の敷地に建てられた住宅は、
2世帯に増やすほどの面積がない。

若い世代は団地を離れ別な場所に家を建てる。
そうして現在は過疎地と同じような高齢者団地になってしまった。
おまけに団地内にあったスーパーマーケットまでが潰れる始末。

高齢者がいなくなると廃墟の街になりそうな、そんな予感すら・・・

私たちは、2世代・3世代が同居できるよう、
古民家を「快適に」住まえるさまざまな提案・工夫をしている。

古民家に少し手を加える事で暮らせる幸せを感じて欲しい。
エネルギーの無駄遣いをしないで欲しいと・・・


下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。


JUGEMテーマ:エネルギー
 
2009.06.04 Thursday / 仕事が趣味で・休み無し?
5月31日は古材の日だった。
イベントをするのに久々にチラシを打った。
求人広告のチラシを利用して1/3ページの大きさで出した。

集客の案内はそれだけ、
OB様へも他の手段でも案内はしなかった。

イベント当日の集客はたいしたことが無かったが・・・
イベント前、そして昨日、本日と連続してが鳴る!鳴る!

「自宅まで来て見ていただけませんか?」と・・2件あった。

補助金の申請でお世話になった商工会議所のご担当様自ら、
「申請の内容に沿うような物件があるのですが・・」とも・・

明日はてんてこ舞いの忙しさになりそうだ!
現在5件の現場を抱えてのプラスアルファだ!

間違いの無いよう、失礼の無いよう、喜んでいただけるよう・・・
「お陰様です!」ありがたや!ありがたやm(_ _)m

今夜はカラダの中からしっかりと清めるために??
アルコールできれいに消毒しておこ〜っと(笑)

下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。



JUGEMテーマ:商い・商売に対する姿勢
5月31日は「古材の日」だった。
記念日を出発に、新しい古民家や古材の事業を加えることにした。

古材の日に「古材」を使ったリフォーム事例や、新築事例の
写真パネル展示会を開催した。

外観案内用のチラシをご覧になった
松江市の方からイベント前に
「空き家になっている古民家を調べて!」
と依頼があった。

本日調査させて戴いた。

100年経過した古材は、一番強度を増した状態でさらに100年は使える。

すごい!のひとこと。
三重に組まれた梁三重に組まれた太い梁。
いろりやかまどがあった様子がうかがえる。
屋根が二段になった
「煙抜き」の屋根になっている。
しかし、あちらこちらから雨漏りが・・・
今なら間に合う終列車!ではなく、
今屋根を葺き替えれば充分に防げる。

畳の下の座板も所々腐っているようだが取替で充分だ!
床下が高く取ってあるので、足下もそんなにまで傷んでいない・・・

手の込んだ仕上げの床間技術の高い大工が作ったのか、
随所に手の込んだ細工がしてあった。
建具も手が込んでいる。

つい最近まで使っておられたようだが、
雨漏りがひどく住むことを断念された様子だ。

庭も古木があるのだが、手入れが出来ず伸び放題。
門も素晴らしい!
自然木を加工した控え柱などを使い、技術の高さが伺える。

門を出ると国道431号線を挟んで「中海(なかうみ)」になる。
魚釣りも、船遊びも出来る環境の良い場所だ!

手を加えなければ住めないが、今時の住宅団地で土地付き分譲よりかは
手を加えてもなお充分なおつりが来る!
分譲住宅の建物より倍以上の耐用年数は使用できる。。
イメージ写真
玄関を入った梁下の土間は
手を加えれば殆どこのような
イメージに仕上がります。


さあ、いかがですか?土地は目測で200坪以上はあるようですよ。

下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。


JUGEMテーマ:快適田舎暮らしin越後
2009.06.01 Monday / 鳥取イベント
「古材の日」のイベントが終わった!

ほっと一息・・昨夜の帰り道。。
道中にあるいつもの食堂が「寄っていかなーい?」って
招いているような気がしたのは・・・気のせいか???

「さくら」っていう小さなお店だが、元ホテルの板長さん。
いつも新鮮な食事を出してくれる。

帰り道、はじめて寄ってみた。
お昼の時間と違ってにぎわっていた。

「イベント頑張ったんだからチョットだけいいよね!」と
褒めてくれる人がいないので、自己満足しながら・・

あれれれ!どんどん入っちゃう!いつの間にか4杯も。。
持ってきてくれたときは満杯なのに・・
どこかアナ開いてませんか?(笑)

お魚が好きなので「あじの塩焼き!」いっちょ!
でっかーい塩焼き!お祝いの鯛みたいにヒレがピーンと。。

さざえの壺焼き食べませんか?サービスです!
しばらくして・・・
お刺身食べますか?サービスです!

えっ!えっ!?? さーびす?ってタダ???のこと?

良く聞いてみると、月曜日はお休みなのでネタが余ると
お客様に古いもの出すわけにならず・・・って。

「いつもひいきにしてもらってますから・・」だって!

やっぱり、呼んでいるような気がしたのは・・・
えへへへ!超ラッキーな夜でした。

そして、今回のイベントで古民家リフォームも・・
古民家鑑定も・・
現在工事中の現場が第1号のヴィンテージリフォームにOKも出て・・

2週間は苦しかったけど、自分に「お疲れ様!」って。。。
お勘定。¥2,600 え!ホント?・・でしたヨ。。

ごちそうさまー! でした。。。

JUGEMテーマ:エコイベント
 
2009.05.31 Sunday / 鳥取イベント
二週間前、思い立ったようにイベントしようか!と・・・

さすがに二週間の間では辛いものがあった。
しかし、5月31日は待ってくれない!

モニュメントの図面を描き、大工に加工してもらい、一部塗装まで。
古材のどれを使用するかによって、汚れ落としから磨きに至るまで・・
専用の道具も新規に購入し、自分でやるしかなかった。。。トホホ・・

自然塗料だから充分に乾燥しないまま、会場へ搬入。
やはり、少し塗料がくっつく。舐めてもいい素材なのだが、
それでも指先が汚れる。
モニュメント趣味で集めている古民具が大活躍だ!
とても雰囲気を醸し出してくれている。

無謀な計画だったので、
集客も思うようにならなかった。
でも・・フタを開けてみたら予想と裏腹・・・

読売新聞社さんまで取材に来てくれた!

会場の様子狭い会場なので
混乱しない程度に順繰り来場があった。
素晴らしい情報も舞い込んできた!

やって良かった!

明日は解体して、
秋のイベントまでしばらく保管することになる。

これで大好きなお酒も安心して「少しだけ」呑めるぞ!!


下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。



JUGEMテーマ:エコイベント

 
2009.05.30 Saturday / 鳥取イベント
JUGEMテーマ:エコイベント

エコロジーな「古材の日」のイベント準備です。
古民家から取り出される「古材」を再利用した事例を紹介するんです。
電気の照明を使わず、ローソクを灯してみます。

午後から大工さんに来てもらいモニュメントの組立が始まりました。

TOTO米子ショールームの会議室を借りての展示なので
実物大が出来ないが、ほぼ実寸に近い大きさで組み立てることが
できました。

施工事例の写真を壁に貼り付け、古民具や懐かしい生活用品を
添えて展示した。

ショールームレディーたちは、一様に驚きの声!
20代30代の若いレディー達は古民家を知らない。

矢継ぎ早の質問攻めには、さながらイベント当日を思わせる
賑わいと化していた(笑)

「わぁー!木材のいいにおい!」「ねえ、ねえここちょっと嗅いでみて!」
「おばあちゃん家にこんなミシンあったよ!」
などと5人のレディーは仕事を放り出しておおはしゃぎ!

そのうち、お客様が来られ、
「えー!明日ですか・・」「明日は来れない」と言われ、ご訪問することに。

またしてもお客様。
現在商談中(来春の工事予定客)のお客様が。。

明日もこの調子で忙しくなってくれたら・・・と願い、本日はこれにて。。


下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。



 
2009.05.29 Friday / 鳥取イベント
JUGEMテーマ:エコイベント

古民家から取り出された「古材」を再利用したリフォームの事例。

資源を大切にする、有効に活用したエコロジーな施工事例写真パネルの
展示会を開催するのが明後日になりました。

明日は準備におおわらわです。

TOTOの米子ショールームをお借りしてのイベントですが、
会議室なので飾り気はありません。

何とか雰囲気を醸し出すためには・・・と
あまり考えすぎて残り少ない頭髪が・・数本は去っていったような。。

今日も会議室を見て来て、もっと薄暗くならないものか・・と
照明を消して、ローソクの明かりで演出しようと、
ローソクを捜すのだが思ったものが見つからない!

和ローソクそうだ!ローソクはお墓や仏壇に・・・
仏壇店に行けば何かあるかも。。。

正解でした!『和ローソク』です。
これと、
灯籠の中に入れる太短ローソクとで
やってみよう!

珍しいことに『灯芯』もありました!!
(そうめんのような赤帯の商品)
これで「あんどん」を使っての灯りができます!

舞良戸に格子戸も使って、どんな出来映えになるやら・・・

下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。

2009.05.28 Thursday / 事務所の話題
canonのプリンターが言うことを聞いてくれない。。。

そう言えば5年にもなるねぇー! 

その間「情報新聞」やチラシ、名刺に至るまでようこそここまで・・
っていうくらい働いてくれた!

毎月数百枚はカラー印刷していた。
A3が出来るので、ポスターや手配りチラシの資料まで。。

途中でヘッドが壊れて修理したくらい。

5月31日「古材の日」の資料も印刷が残っている!
緊急を要するプリンターの故障!

家電量販店に行ってみた。
A3がプリント出来る機種は少なかった。。

仕方ない!
やはり使い慣れたCanonにしよう!「ix5000」

でもボデーが大きすぎる!
仕方ないかー、やはり写真印刷はインクジェットに限る!!

これから、しっかり働いてもらいまひょ!


下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。

2009.05.25 Monday / 事務所の話題
このところあっという間に一日が終わってしまう。

今度の日曜日はイベントだと言うのに。。。
告知の準備も出来ていない。。

初めての企画なので、実のところどのようにして良いか自分でも
判断が付かないでいる。。

うっすらとは概要がつかめているのだが・・・
絵にならない!!古材や古民具のレイアウトが決まらない。。

現場からは「シロアリが出たー!」って・・・
慌ててホウ素で出来た安全な駆除剤「DOT」を散布に行った。

県へは「経営革新計画」の申請で、書類の見なおしがあれこれ・・

「工事が終わったのに請求書はまだですかー!」ってお電話。。

月末支払いをネットバンキングで段取りをすること忘れてた。。
あーもう時間外で受け付けてくれない。。
朝は早すぎて受け付けてくれないし・・・

給料の計算もしなければ・・・
従業員2人の小さな会社だから、専門の事務職まで必要ないし・・・

来客の対応。
(業者さんと言えども、無下な対応はできず・・)

そんな忙しい日でも有り難いことが。。。
ホームページからの問い合わせ。。
「電化を計画したいんですけど・・」

しばらくして電話が鳴った、
「すきま風が気になるのでサッシの取替は?」

本当に有り難いことです。
このところ一週間に1-2回はそのような問い合わせが増えた!

忙しくても、頑張ります!
どうぞ、どんどん問い合わせ下さいね!!



JUGEMテーマ:リフォーム
 
「古材の日」に展示するモニュメントの加工作業が終わった。

古材加工古材を加工するのに汚れたり、
曲がったり、ムシが喰っていたり・・で
加工は予想以上に手間が掛かった。
しかし、70年以上経過していても
表面を削ると香ばしい松の木の
香りが漂ってくる。

さすがに「古材」です。
昔の大工は「いー仕事してますねぇー!」と言いたくなるほどだ。。
これを20代の若い大工さんが、棟梁の指示で確実にこなしています。

棟梁も若い日には宮大工の親方で修行を積んだ。

古材を取り扱うことで、
伝統的な技術を若い職人へ伝承していくことが出来る。

いまごろ、かんなやノミの刃を研ぐことすら出来ない職人が
ザラにいるから、なおさら伝統技術伝承の機会が欲しかった。

加工途中加工が終わったので、
まず汚れ落としから。。

この日のために道具もたくさん揃えた。
ブラシがけする前と、
した後の差が歴然!

トゲが刺さらないように、軽くペーパーもかける。

あまり手を加えると、古材の存在価値が薄れてくるので・・・

今日はホコリだらけだった。。
早く帰って風呂に入りたーい!



JUGEMテーマ:仕事のこと
 
2009.05.21 Thursday / 事務所の話題
本日は来客の多い日だった。。

今日から始まる現場の大工さんが、打合せに。。
そのまま、現場へ直行!

資材屋の常務さんが表敬訪問に来社。

情報新聞「夏号」の打合せにイラストレーターさんが・・・
お食事をご馳走してあげた!

「古材の日」のイベント広告の代理店さんが来社。

ドイツMiele社のご担当がはるばる・・・

元、資材屋の人が「他社でトイレ改装したけど、面倒見てくれない!」と
泣きの涙で相談に来られ・・・「そんなの知るかい!」とも言われず(笑)

中国電力さんが秋のイベントに参加しませんか?と。。

大工さんが仕事の結果報告に来てくれた。。

・・・んー!、それぞれ30分としても4時間???

それぞれの間にも、電話がたびたび・・
段取りの打合せの電話を協力業者さんへ指示・依頼など。。

あ”−!今日は殆ど予定していたことが出来なかったよぉー!

見積も提出しなければ・・・
「古材の日」へ出品する小道具も準備しなければ・・・
あーん!「影武者」が欲しいよー!!

毎晩10時頃まで仕事をこなしていても・・まだまだ足りない

でも今夜は長男が学生最後の誕生日。。
たまには一緒に食事くらいは・・・
来春からは都会の学校へ・・(予定だが(笑))



JUGEMテーマ:仕事のこと
 
古民家とは築60年以前の建物を「古民家」と定義します。

その古民家から取り出された「古材」を利用したリフォーム・リノベーション。

そんな実例をご紹介しよう!と5月31日=「古材の日」に開催します。

古材の日??
記念日認定協会が、5・31=コザイと語呂合わせ出来るので決定しました。


今日から大工さんが古材を加工してモニュメントを作っています。

古材は、汚れたり釘が刺さっていたり、ねじれたり、キズがついていたり・・
本当に新しい素材とは違いまるで手が掛かるので、誰も使おうとはしません。

確かに、大工さんが嫌がっています(笑)
それを、なだめて、持ち上げて・・・

古い階段もあります。
チョッピリレトロな小道具??
足踏みミシンや、真っ黒な金属製の扇風機。
唐草模様の便器に至るまで、懐かしさがこみ上げるような演出を・・・と
思っていますが。。

PRをしないので、果たして来て下さるかどうか。。。

贅沢な暮らしになれてしまった私たちは、少し前の時代に戻ることで
エネルギーを削減できるのです。

いま、チーム−6%と言われていますね
−6%は、昭和60年代初期に戻れば達成できると言われています。
確かにトイレットペーパーは不足しましたが(笑)

若い人は別として、
私たちがあの時代の生活をすれば達成できるなんて。。

もっと古材を利用して下さい!
エネルギーを削減しましょう!
そして、古材の日のイベントを見に来て下さい!

■日時=平成21年5月31日(日) 午前10:00−午後5:00まで
■場所=米子市新開7-5-8  TOTO米子ショールーム(1日限)

古材を実際に使用したご提案。
使用実例写真パネル展示。
「民家の甲子園」受賞写真展。 (入場無料です!)

下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。



JUGEMテーマ:エネルギー
2009.05.14 Thursday / 鳥取イベント


第7回「民家の甲子園」が始まります。

あまり聞いたことがありませんねぇ・・・
実は先週はじめて知りました。m(_ _)m

「NPOかがわサンサン倶楽部」が主催する、
全国高等学校対抗の「民家町並みフォトコンテスト」です。

全国を7ブロックに分けて、高校生達の目から見た
民家や町並み、普段の生活を通して感じられた写真を審査、表彰です。

私どもでは、古民家や、古材、田舎暮らしの情報を発信しています。

次の世代を担う、若い高校生達が古い町並みや、田舎暮らしにも
興味を示すことで、古くから伝えられてきた「文化」の伝承がすこしでも
多くの高校生達に伝わることを期待しているのです。

「民家の甲子園」があるのをを聞いて、とても嬉しく感じました。

当社では早速NPOへ「協賛」することにしました。

居ても立ってもいられず、
本日鳥取県庁へ出向き「民家の甲子園」について
高等学校課に参加の要請をして参ります。
(ダメモトかも知れませんが・・)

弊社の営業には全く繋がりませんが、高校生達が少しでも
古民家や古材、田舎暮らし、そして古くから伝わってきた伝統芸能に
至るまで、それから先の世代まで伝えてくれる橋渡しをしてくれたら・・・と
願わずにいられません。

壊され、廃棄されていく古民家や古材の存在価値を見なおして
くれたらとても嬉しく感じます。

是非とも鳥取県の高校生が入賞してくれるのを楽しみにしています。


下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。


JUGEMテーマ:高校生
JUGEMテーマ:仕事のこと
JUGEMテーマ:エコライフ


古民家は「寒い」「プライバシーがない」「収納がない」「古い」
「設備が悪い」などと・・簡単に壊されて行きます。

古民家には100年以上も経過した材木がふんだんに使われています。

山で100年育った木材は100年経過の時点が一番強度を増した状態で、
以後100年はその強度を保ちながら使用可能と言われています。
(以前にも書きました)

シロアリ被害や腐食していなければまだ数十年は使えるのです。

最近の建築は25年が耐用年数と言われています。。。
最近の建物よりもずっと耐用年数があるんですよね!

そんな解体される運命の古民家から出てくる「古材」
その古材を買い取ります!

古材を再利用するためには慎重な解体技術が必要です。
丁寧に取り出された古材は高く買い取れるので、解体費用が
そのぶん安くなります。

古材を再利用することで、処分する費用やCO2の削減に
貢献できます。

5月31日「古材の日」
山陰地方ではじめて古民家や古材についての相談会を
開催いたします。

鳥取・島根両県下で最初!
厚生労働省認可(財)職業技能振興会認定の
「古民家鑑定士」の資格を戴きました。
「古材鑑定士」の資格にも合格しています。

■古民家を解体したい!
■古民家に住んでみたい!
■古材が欲しい!
■古材を使ったリフォームがしたい!

古民家についてのご相談をお待ちしています。。

私たちは、本当に古民家や古材に想い入れがある方、
資源の有効利用を考えておられる方、古材を後世に残したい方
などの人たちのご相談会です。

営利を目的として古材を持っているのを売りたい方・・はご遠慮下さい。

なお、開催会場は現在交渉中です。
後日ご案内致しますのでお楽しみに!



下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。


 
JUGEMテーマ:仕事のこと
 
昨夜ブログを書いて、さあ寝よう!と・・12時前。。
枕が違うのか、それとも高齢者の域に達しているのか(笑)
今朝は4時起き(いつものことだけど・・)

普段9時頃に寝ているから、ずいぶんと寝不足だ!!

今日の講習はキツイぞ!

古材再利用1
昨日は古材の再利用現場を見学して、
親睦のための懇親会をした。






打ち上げ懇親会不思議な店があるもので・・・

「タコ」しか扱わないお店だ!
100人は入れるだろう広さだ。

タコの酢の物。
タコの刺身。
タコのぶつ切り。
タコの唐揚げ。

そして仕上げは「タコめし」。。。

メニューはたったそれだけ!

タコの専門店???

漁が出来ないときは、お店は休み!

それで、店員さんは3人もいる。。
やっていけるのか?
いけるからやっているのか?

専門店の強みか?

我々「リフォームなんでもやります」ではなく、
特化した「これなら自信あり!」のリフォームを心がける
必要があろう!

特化した人たちのリピートが増え、口コミで広がるに違いない!

松山での研修・試験も終わりやっと解放される。
長野、愛知、岐阜、滋賀、鳥取と強者達がそれぞれの
戦場で古民家・古材・古瓦・古民具などを展開をしていく!

5時過ぎまで講習など続く・・・

再び4時間の長旅で、一路自宅へと。。
昨日は、夜明けに向けてだったが、今日の帰宅は深夜に向けて・・

んー!ちょっと不安だなぁ・・・
ヘビメタをガンガンで帰ろう!「Xjapan」も持ってくれば良かった。。

昨日の朝も、少し声が枯れた。
隣の車が変に思っていたのかも知れないが・・・(笑)

今日中に帰らないと、明日の日曜日は
Webから問い合わせのお客様と、現在商談中のお客様と、
昨晩深夜1時にメールが入ったMieleの相談依頼のお客様が
待っておられる。。

おみやげを持って帰りますから待っていて下さいね!


下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。


JUGEMテーマ:仕事のこと
 
松山まで、米子道ー中国道ー岡山道ー高松道を通り
6時間はかかるでしょう!と言われ・・・

今朝は3時起き!
うーん、眠たい!

4時過ぎに出発してどんどこ、どんどこ。。。

レンタルのCDを10枚ばかし借りて聞きながら30年ぶり?の
長距離ドライブだった。

レンタルショップで大好きなヘビメタ「ラウドネス」を捜すもなーい!
やっと見つけた「スコーピオンズ」・・・ちょっと物足りなかったけど
やっぱヘビメタは最高です!

ハードロックも聴きながら、本当にいいドライブでした。

結局4時間弱で目的地に到着。
えー!会場はまだ開いていない(笑)

11時から始まるまで何もすることがない!

朝が早かったので、ちょいと仮眠を・・・

何とか講習をクリア!

古材再利用現場
どんどん廃棄されていく古民家、そして古材。。。
もったいないことをする日本人だこと。

手間を掛ければとても貴重な資源として再利用できる。

そんな現場を確認してきた(新築の物件である)。


明日は5時過ぎまで講習・試験がある。
明日のブログはお休みするかも。。。


下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。

JUGEMテーマ:最近のマイブーム

古い民家の保存、活用、再利用を目的に、
建築的見地および環境保全の見地に立ち、
専門的な知識と技術を用いて、
お客様に適切なアドバイスを行える能力を
有した者に与えられる準国家資格です。

その資格に合格しました!

近年古民家に住みたい!
古民家暮らしてみたい・・・など田舎暮らしが
話題になっていますね。
古民家を調査して、再活用のための
企画や提案、流通を促進して
社会における古民家のリユース意識の
向上を図ったりします。


古いから、便利が悪いからと簡単に解体されていく
古民家の貴重な資源は廃棄物を少なくできるし、
新しく建てる時に使われる資材の生産時にかかる
CO2の削減にもなるんですね!

木材は伐採されるまで育った年数が一番強度が
増すと言われています。

50年で伐採された木は、製材されて50年目が一番
強くなり、そのまま更に50年は強さを維持し続けます。

しかし、湿気や雨漏りなどで常時水を含んでいると
腐れの原因となり、強度を保つことが出来ません。

ススで燻された、あの古民家独特の雰囲気は、
かまどや風呂など薪を焚かない現在では
二度と作ることの出来ない貴重な財産です。

そんな、古民家が私のマイブームなんです!

明日、明後日は松山へ「古材鑑定士」の受験に
行ってきます!

下記に表示されるスポンサーは、このブログとは無関係です。

古民家では主に台所は土間でした。
戦後、多くの家庭では土間だった台所に床を貼っているケースが多い。

今回のケースも畳間から台所の床まで25cmもの段差があって、
とても不自由だと言われバリアフリーにすることになった。

土地の形状いっぱいに建てられており、台所は台形の部屋になっている。


磨きの作業中
床・壁・天井を撤去してみると、
そこには煤けた梁が横たわっている。
(作業前)






梁の磨き
その梁を化粧として見せるために、
数十年間の汚れを落とした。
(作業中)
半分手前が磨いたところ。
ススを落とすのは大変な作業である。

ホコリと汚れが一斉に部屋全体に舞い上がる。

ほっかむりをして、マスクをして、防塵めがねもしなければ大変なことになる。

それでも、どこからか入ってくるホコリで体中がかゆい!
ロン毛の毛髪を手櫛にするとバリバリとひっかかって通らない。

お客様の喜ばれる姿を想像しながらもう少し、もうちょっと!と頑張った。

上向きでの作業は手がだるい!
昨日の古材運びで、カラダが悲鳴を上げているヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!!

「お客様の喜ぶ姿だ!」と言い聞かせて、何とか終わったよ
 今日は日曜日。

先般より解体されている大山町の古民家へ古材の引取だ。

当社事務所の向かいにはレンタル屋さんがある。

3tユニック車をお借りした。

ショボ降るもあがったようだ。


でも、昨日の雨で足下は「クロボク」と呼ばれる火山灰土でにゅるにゅるする。
野菜を作るのには好都合な土だが、長靴だと足が吸い付くようにネバリがある。

私一人なので、気をつけながらガンバロー!


☆★☆★☆★
終わったぁー!
まだ明るいので、事務所の花壇の草取りをしようかと・・・

米子市では午前8時と夕方5時には市内全域に「チャイム」が鳴る。
キンコンカーン!と鳴り始めた。 もう5時か・・・

チャイムの音で急に疲れが出てきた。。。
うーむ!腹も減ったことだし、帰ってでもやるかー!

つまみは、鰯の竜田揚げが待っている。。。本日はこのあたりでマタネ!(゜-^*)/~
2009.04.03 Friday / ひとりごと
先日、大山町の古民家解体現場から、まだ利用できる「古材」を引き取った。
ネットワークである愛媛県の「古材倉庫」井上社長が昨日わざわざ来店された。

以下は井上社長のブログからトラックバックさせて戴いた内容だ!


一昨年・・・【200年住宅】と言っていたのが
昨年は【超長期住宅】へ
そして今年は【長期住宅】と名称が変更になっています。

http://www.kenken.go.jp/chouki/style.html 

家を200年もたせる事は難しいのでクレームになるかも・・・

そんな心配から少しづつトーンダウンしたようです。

確かに現代の家は200年は難しく
一番大事な基礎が50年程度しか持たないのが現状です。

ですから基礎幅を250mm程度に大きくしていますが
それでも200年は持ちません。

200年持たせるのは・・・「石の基礎にする」しかないでしょう。

ということは・・・

【昔の家の作り方に戻る】

ということです。
コンクリートは長持ちしませんが、木は長持ちします。
屋根も日本瓦は長持ちします
(ちなみにカラーベストはメンテナンスしても30年が限界です)

200年住宅へ・・・・挑戦するには「古民家に学ぶ」
コトが大事です。
それは「古民家に使われている素材を使う」コトです。

デザインや工法ではなく、素材がより大事です。

                      以上。

本当に同感です!
最近の住宅地のどこにでもある総二階で、サイディング貼りの建物。

高気密・高断熱、外断熱、地熱利用・・さまざまな工法を羅列して作られた建物。
果たしてリフォーム時期が来たときにどうなるんでしょう?

この続きは後日。。。

29日は日曜日。
古民家の解体作業はお休みなので、その間に古材を運搬しようと。。

天気は良かったが、やはり豪雪地帯へ吹きおろす風は真冬並み・・・
大山にはスキーが出来るほどまだ雪が残っていた。

しかし、寒いと言っている場合じゃない!
4tユニック車を借りて、引っ張り出しから始めた。

慣れない作業は思うほど作業が進まない。 安全に作業しなきゃ!


古材1
数十年のホコリを落とし、自然塗料を塗って
色つやを出す作業もある。

12mの梁は載らないので6mに分断。
取り付けるときは継ぎ手を加工して組み合わせる。

 

古材2取り敢えず移動した「古材」

丁寧に汚れを落とし、仕口の加工をする。

当社には安来市の清水寺の修復に携わった大工もいる。
宮大工の経験を持っている40代前半の有望な大工だ!

もと製材所だった場所を置き場にして、加工作業を行う。

1日中かけて4tユニック車3台分を移動させた。
現場から倉庫まで約1時間かかる、結局夕方6時過ぎまでかかった。

おかげで今日は朝から足腰が痛い!
普段使わない筋肉が悲鳴を上げている!

今夜もゆっくり、沖縄で買った「泡盛」の古酒をちびちび呑もう。

ナイスさんいんは山陰地方で唯一の「古民家鑑定士」の資格を有している。

また、60年以上経過した住宅にお住まいの方は古民家の価値を鑑定出来るので、
遠慮なくお問い合わせ下さい。

お問い合わせは
お電話 0859-27-3599 (矢田まで)
メール info@e-sanin.com

古民家は、築60年以上経過した建物と定義されている。
先般『古民家鑑定士』の資格にナイスさんいんの2名が合格した。

このほど雪深い大山町で築60〜70年の古民家を解体されることになった。
しかし、情報を戴くのが少し遅かった。

重機でミンチ解体されることに・・・
しかし、持ち主様のご厚意によって、出来るだけ使用できるように丁寧に
解体してもらうことになったが。。。

解体後の古材を再利用したいとのお客様を見つけるのは大変だ。

そして、古材を再利用するには大変なリスクを伴う。
例えば寸法。使用可能か?。加工技術がある大工は?。
保存期間の金利負担など。。きりがない。

偶然にも、知人が使ってみたいとの事で急遽保管場所を捜すことに。

長さ12mの松材
この度の材料は長さ12mが1本の松材で組んである。
素晴らしい長さだ!


大引き天井板
2階の床板が直接1階の天井板に化粧されている。

当然「差し鴨居」もある。背丈27cm最長7m。
カットしても充分使用可能だ!

30cm巾の大黒柱と、小大黒柱は持ち主様で再利用されることに。


古民家の材料はホントに素晴らしい。
少しくらい食害があっても充分再利用できる。

だから、日曜日だ・祭日だと言ってはいられない。
資源を大切に再利用するリユース・リデュース・リフューズ・リサイクル・・と、
とても夢のある古民家再生事業です。

古民家古材のことなら『古民家鑑定士』のいる、
鳥取県米子市のリフォーム会社「ナイスさんいん」へどうぞご相談下さい。

ナイスさんいんへのお問合せはこちらから!
スタッフ募集

ブログを書いてる人

カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最新記事

サイト内検索

コメント

カテゴリー

アーカイブ

運営者

(有)ナイスさんいん
〒689-3545
鳥取県米子市吉岡319-10
TEL:0859-27-3599
URL:http://e-sanin.com

<営業エリア>
当社より1時間以内で訪問できる範囲とさせて頂いています。
◆鳥取県米子市、境港市、西伯郡、日野郡
旧町名=会見町、岸本町、溝口町、名和町、中山町
◆島根県安来市、松江市、東出雲町
旧町名=能義郡、八束郡

リンク集


古民家プロ